いるかちゃんの子どもを守れ。反アベ自公政権

「子どもを守れ」とは、まともな文明国になれという意味です。子どもに20ミリシーベルトが許せなかったのが原点です。脱原発からの政治問題からのプライベートな事も書きます。民主主義と立憲主義を取り戻そう!被曝から子どもを守れ!脱原発!マスコミ、官僚、政治家は、電力原発利権のために国民を欺いています!コストが高く危険な原発を廃炉にしよう!アベ政権の悪行に加担しながら官僚の横暴が復活しています!アメリカ隷属も加速!嘘と詭弁のアベ自公政権を倒そう!選挙に行こう!

日本政府やWHO・IAEA・ICRPは、チェルノブイリでのセシウム健康被害は”ゼロ” だと言っています。
わたし達やECRRは、チェルノブイリでの健康被害の”教訓” を生かすべきだと言っています。
あなたは、どちらを信じますか??

いるかちゃんシリーズ共通 : Google カスタム検索

総務省の「消費者物価指数」がデタラメな可能性 : 総務省の +0.7% に対して、日銀の消費動向調査では +3.0% 食い違う理由は…

もし、総務省の「消費者物価指数」が間違っているとすると、それ自体が大問題です。

さらに、いま話題の
実質賃金は名目賃金を消費者物価指数で割った賃金ですから、
消費者物価指数が高かったのだとすると、実質賃金は低かったことになります。

しかも、食い違う理由がとんでもない可能性があるようです

※総務省の消費者物価指数は調査した数字をもとにした統計です。日銀の消費者動向調査は消費者個々人の感覚による(統計的に処理はしていますが)平均的な回答です。比べるべきではないのかもしれませんが、大きく乖離しているのも不可解です。



統計局ホームページ/消費者物価指数(CPI) 全国(最新の月次結果の概要)
内容(一部抜粋)
20190209-CPI


生活意識に関するアンケート調査 : 日本銀行 Bank of Japan
第76回<2018年12月調査> [PDF 755KB] 掲載日 2019年 1月 9日
10ページ目の抜粋
20190209-nichigin



食い違う理由は…



記事によると、
(1)内容量を減らし価格を据え置く商品がやたらと目につく。こうした実質値上げは、統計部局の予算と人員が限られているため、見落とされているのが実態
(2)統計上の恣意的な値下げ評価だ。この点が目立つのは、電気製品などの「教養娯楽用耐久財」と自動車の価格表示。統計上の値段は市場価格と大きく隔たり、大幅に値下げされて計上されている

(1)の方は一般の方ならわかりますよね。お菓子の内容量が減っちゃたり、スライスチーズの枚数が減っちゃったりしてる、あれです。
あれを全部調査するのは大変な労力だと思いますので同情するにはする。でもなあ、CPI(消費者物価指数)というのは重要な統計だからキチンと調査すべきだとも思う。

(2)のほうが無茶苦茶なんです。記事で紹介されている例では、
・現在20万円のPCが約20年前には1600万円以上していたことを意味する(消費者が20万円を払って購入しても、統計上は20年前から99%安い2000円の扱いになってしまう)
これを読んで、ぶっ飛びました。



正しい統計が必要です。

厚労省の手違いみたいに終わらせては、絶対にいけない
アベノミクス偽装で終わらせてもいけない

独立性の高い機関が強く関与する必要があると思います。







【順位上げたい!】クリックして投票してください!宜しくお願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ

【拡散】 (∂-∂*)ヨロシク〜☆ミ


2018年実質賃金 : 厚労省公表は+0.2% 機械的計算で平均 -0.5%

Bloomberg試算によるグラフを見ると酷すぎるんですよねー
本当にこうなるのかなー

マイナスなのは確実です















【順位上げたい!】クリックして投票してください!宜しくお願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ

【拡散】 (∂-∂*)ヨロシク〜☆ミ


統計不正の大西前政策統括官を参考人招致する前に 【アメ】加計学園問題で参考人招致された柳瀬元首相秘書官にオイシイ天下りのご褒美

時間稼ぎして準備してたんでしょ






【アメ】仲良しなら天下りあるよ〜




【ムチ】石破みたいに仲良しじゃない人はハブるよー







【順位上げたい!】クリックして投票してください!宜しくお願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ

【拡散】 (∂-∂*)ヨロシク〜☆ミ


生後数カ月から発症し、黄疸(おうだん)が出る希少疾患 : 治験者 あと2人なのに…難病に効果ある薬、補助打ち切り危機

なんとかならないの
あと2人治験者が見つからば、なんとなる?
国内でこれまでに診断された患者は40人弱なんだから、6人じゃなくて4人でいいことにならない?

政治の力でなんとかならない?
野党でも与党でも安倍総理大臣でも根本厚生労働大臣でもいいから配慮して!



患者さん家族や思い当たる医療関係者の方は、
研究チームへの連絡はメール(pfic.therapy@gmail.com)へ



あと2人なのに… 難病に効果ある薬、補助打ち切り危機:朝日新聞デジタル
2019年2月5日15時57分
20190206-nanbyo

 子どもが発症する、珍しい肝臓病に効果が見込める薬が見つかり、有効性を確かめる治験が進んでいる。これまでは肝臓移植しか治療法がなく、効果が確認できれば世界的な発見となる。ただ、治験には6人の患者の協力が必要で、現在は4人しかいない。あと2人が年度内に見つからないと国からの研究費が打ち切られる可能性もあり、研究チームが参加者を探している。(貞国聖子)

 薬の効果が期待されているのは、「進行性家族性肝内胆汁うっ滞症(PFIC)2型」と呼ばれる肝臓病。生後数カ月から発症し、黄疸(おうだん)が出るのが特徴で、治療できなければ肝硬変に進行する。このため、現在は肝移植をしないと助からず、国内の患者の大半が生後1歳半くらいまでに移植を受けている。国内では生体肝移植が主流だが、ドナー不足が深刻という。

 2005年に東京大学の研究チームが病気の原因を解明し、2年後には、安全性が確立された承認薬「フェニル酪酸ナトリウム」による治療の可能性が分かった。12年から患者に飲んでもらったところ効果があり、16年から治験を始めた。薬の有効性が証明されれば、世界中に肝移植以外の治療法が広がる。

 希少疾患のため、6人への効果が治験で証明されれば、新たな治療薬として審査機関に認められる見込みで、保険も適用されるようになる。だが、これまで専門医が診断して協力を得られたのは4人にとどまる。1歳前後で診断され、この薬を服用して進行を抑えられている5歳の女児2人もいるが、治験前から薬を飲んでいるため、対象にならない。

 一方、6人が参加しないと証明が難しくなるため、研究費が継続されない可能性がある。病気の原因を明らかにした、東京大大学院薬学系研究科の林久允(ひさみつ)助教(38)によると、国内でこれまでに診断された患者は40人弱。ただ、珍しい病気のため、診断がついていない患者もいる可能性があるという。

 黄疸が引いたように見えても病気が進行し、重篤化するケースもある。林助教は「病気に気づかないままの人もいるかもしれない。進行が早いため、疑わしい段階で連絡してほしい」と呼びかけている。

 研究チームへの連絡はメール(pfic.therapy@gmail.com)へ。

患者さん家族や思い当たる医療関係者の方は、ぜひ連絡してください。

両親「希望持てた」
 長女(5)が生後7カ月の時に、PFIC2型と診断された東京都の両親は「最初は、まさか病気だと思わなかった。病名がわかった時は絶望したが、薬のおかげで希望を持てた」と振り返る。

 長女は生まれて数日後に黄疸が出たが、1日治療をして退院した。母親(41)は、長女の便の色がやや薄く、クリーム色っぽいのが気になったが、毎日、母子手帳にある便の色の目安と見比べても、異常と言えるほどではなかった。

 1カ月健診で医師に相談し、血液検査をしたところ、肝臓に関する数値が高いことが判明。総合病院で検査入院しても診断がつかず、順天堂医院で遺伝子検査をした結果、PFIC2型と確定した。

 治験開始前の14年から薬の投与を受け、黄疸は出なくなった。現在は保育園に通い、散歩に出たりプールに入ったり、ほかの子と変わらない生活をしている。同医院の主治医・箕輪圭医師は「進行が抑えられている。早期に発見し、薬を飲み始めれば、効果も見込まれる」と話す。

薬ですから副作用などの精査も必要でしょうが、効きそうな薬に思えますね。






【順位上げたい!】クリックして投票してください!宜しくお願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ

【拡散】 (∂-∂*)ヨロシク〜☆ミ


消費税増税対策のポイント還元、想定以上の“費用膨張”の恐れ : 2600億円の予定に対して数兆円規模に膨らむ可能性があるらしい

予算が足りなくなる気がするなあ。大混乱になりそう

やめたらいいのに



消費税増税対策のポイント還元、想定以上の“費用膨張”の恐れ - 毎日新聞
2019年2月5日 20時51分(最終更新 2月6日 08時48分)
 今年10月の消費税増税の経済対策の柱となるキャッシュレス決済時のポイント還元制度について、世耕弘成経済産業相は5日の衆院予算委員会で、「予定より早く予算が尽きる見込みになった時は、財政当局とよく相談して対応を検討する」と述べた。利用が想定を上回り予算が不足した場合、追加で予算要求する可能性を示唆した形で、費用が膨張する恐れがある。国民民主党の階猛氏への答弁。

 ポイント還元制度は、中小の小売りや飲食店などで現金を使わない手段で決済した場合、決済額の最大5%を国が消費者にポイントで還元する仕組み。政府は2019年度予算案に必要経費として2798億円を計上し、中小店舗への決済端末の導入費用などを除く約1600億円を消費者への還元に充てる。実施期間は来年10月から9カ月間で、20年度も1000億円強の予算を計上する方針だ。

 麻生太郎財務相は予算計上額について「足りなくなることを想定しているわけでは全くない」との考えを示している。ただ、制度は個人だけでなく法人も利用できるため、「企業が備品を大量購入すれば(必要な予算額が)数兆円規模に膨らむ可能性がある」(エコノミスト)との懸念が出ている。

2019年度 約1600億円の予定
2020年度 約1000億円の予定

「企業が備品を大量購入すれば(必要な予算額が)数兆円規模に膨らむ可能性がある」(エコノミスト)

 制度設計を担当する経産省は「キャッシュレス決済比率が大きく伸びるとは想定していない」として予算不足に陥る可能性は低いとみるが、個人・法人ともどこまで利用が広がるかは読み切れない状況だ。

 ソフトバンク系のQRコード決済会社ペイペイが昨年12月に実施した100億円還元キャンペーンは利用者が殺到し、高額商品の購入も相次いだため、4カ月分と見込んでいた還元費用が10日で尽きた。階氏はこの例を引き合いに「(利用が)上振れしたら、途中でやめるのか」と追及した。

 政府内には「企業のコスト削減に使われる還元費用を予算に追加計上するのは国民の理解を得られない」(財務省幹部)と否定的な見方もあるが、「『お金がなくなったから終了』では済まされない」(経済官庁幹部)との声も出ている。【大久保渉、清水憲司】

PayPay騒動あったね。100億円還元が10日で尽きたんでしたね。
PayPayは、2月12日から100億円還元第2弾をやるらしいけど何日持つのかなあ?

てかさ、
Yahoo! JAPAN(とソフトバンク)がバックに居るとしてもPayPayという新興企業が、100億円を2回もバラ撒くんですよね。第3弾もあるかもしれない。
日本政府が、2600億円しかバラ撒かないのでは効果が低いのでは?



※消費税増税対策のポイント還元については、↓ここが解り易い感じ(更新もしてくれそう)
消費税増税(10%)でもキャッシュレス決済(クレジットカードなど)なら9ヶ月間は2〜5%還元!?コンビニでも2%還元の予定! | おすすめクレジットカードの選び方・作り方・使い方を解説する「ツクレカ.com」






【順位上げたい!】クリックして投票してください!宜しくお願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ

【拡散】 (∂-∂*)ヨロシク〜☆ミ


クリックしてね!ランクアップしたいぃ
検索してショッピングしてね☆
Amazon
Twitter:メインアカウントです
Twitter:ももクロ専用
最新コメント
リンク元
訪問者数 グラフ

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    QRコード
    QRコード