今日のバイトで高校生バイトとこんな会話があった。
わたし:学校は始まるの?
高校生:?日(ごめん。何日か忘れた。すぐ始まる)から始まる。
わたし:一ヶ月くらい休みでいいのにね。
高校生:避難所にもなってるので、午前中だけみたい。
わたし:そんななら、やっぱGW開けまで休みにすればいいのにねぇ。夏休みを無くせばいいだけだしぃ。
高校生:イヤだぁーー。夏休みが無いのはキツイ。

やはり、いま登校させるのは無茶だと思う。

武田邦彦 (中部大学) 教育関係者に訴える! 今すぐ、立ち上がってください!!

---全文転載
教育関係者に訴える! 今すぐ、立ち上がってください!!







福島県及び近県の教育関係者に御願いします。




現在、福島県及び近県の空間放射線量は1時間あたり約2マイクロシーベルトで、呼吸による体内被曝と水や食糧から入る放射線量もほぼ同じ量ですから、約6マイクロシーベルトになります。




一方、福島原発の処理は長期化が予想され、児童生徒の被曝量は「考慮しなければならないレベル」になります。1年間の被曝が予想され、その場合、6×365×24=53ミリシーベルトになり、児童生徒の放射線障害は100人に0.5人を越える段階にまで達しています
.




・・・・・・・・・




教育者の先生方、児童生徒は先生方の命令のもとに行動することを求められます. 自分たちでは自分の健康を守ることができません。




言うまでもありませんが、教育は政府と独立しており、子供達の命と健康を守ることが教育者のもっとも大切な役割です
.




政府の指示や勧告は教育委員会とは独立です.そのための教育委員会です
.




学校の開始日を5月の連休明けにしてください。そして屋外の運動はしばらく中止してください。御願いします!!




放射線の量と健康障害については様々な学説がありますが、50年にわたる研究の結果が、ICRP(国際放射線防護委員会)および放射線障害防止の法律と規則(国内)で決まっていて、年間1ミリシーベルトです.それを越えているのですから、学校はそれに対して真剣に取り組み、将来、児童生徒に放射線障害を万が一でも出さないように、情熱のある行動を求めます
.




半減期のある放射性物質は時間が経てば減っていきます. だから最初が大切なのです!




「おそらく大丈夫だろう」とか「政府が言っているから」では教育者としての信条に反します. 「万が一にも児童生徒の健康に害が亡いこと」を第一にしてください。




政府は、原発の近傍の海で規制値の3355倍でも「健康に影響がない」と言っています. その海で児童生徒を海水浴はさせないと思います
.




ご自分でご判断しないでください。あくまでも「基準以上は危険。基準以上で児童生徒の登校をさせない」と決意してください。




学校の先生は教育上の全権があります。いろいろな事情があるでしょうが、ここで教育者としての責務を貫いてください。




これまでの、世界の被曝の経験では、ICRPのデータにもあるように、すでに数100名の児童生徒が20年以内にガンになる可能性のレベルまで来ています
.




「危険を承知で知らない顔をする」ことこそ「風評」であり、事実を直視することは「風評」ではありません。事実を見るには勇気が要りますが、将来の子供のために先生方が勇気をもって事実を見て、具体的な行動をとっていただく事を切望します
.




(平成23年4月2日 午後9時 執筆)







武田邦彦
---転載終わり
フォームが崩れていますが、一切手を加えない全文転載のためご容赦ください。
読みにくいのでリンクから元記事にジャンプしてね^^


【告知】
4/4(月曜日)に、ブログ村の 福島(市)情報 の割り振りを無くします。
訪問希望の方は「お気に入り」などに入れてくださいね。待ってます o(゚ー゚*o)(o*゚ー゚)o
にほんブログ村 躁うつ病(双極性障害) 10%割り振り
にほんブログ村 福島(市)情報 10%割り振り
にほんブログ村 時事ニュース 80%割り振り