【放射能漏れ】汚染マップ初めて公表 事故から1カ月半 - MSN産経ニュース

---全文転載(4月24日現在の福島第1原発周辺の放射線量の分布(文部科学省提供)あり)
【放射能漏れ】
汚染マップ初めて公表 事故から1カ月半
2011.4.26 20:51

 政府と東京電力の事故対策統合本部は26日、福島第1原発事故を受け、周辺地域で計測した放射線量を基に作成した放射線量分布マップを初めて公表した。

 測定地点ごとの数値や「緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)」の試算図は出されていたが、実際の測定値に基づき面的に評価した汚染マップの公表は、事故後1カ月半たってようやく実現、政府の情報公開の姿勢が問われる。

 4月24日時点の放射線量を等高線のような形で表示した。屋内退避区域外とされた原発から半径30キロ圏外でも毎時20マイクロシーベルトの地域があるなど、依然として高い放射線量となっていることが裏付けられた。

 マップでは、原発の北西方向を中心に放射線量が高くなっている。一方、南西方向では警戒区域となった半径20キロ圏内でも、毎時1マイクロシーベルトを下回る地域があり、方角によってばらつきが大きいことが読み取れる。

---転載終わり

記者さんは、「事故後1カ月半たってようやく実現」などと、あたり障りの無いことを書いてますね^^;;
文部科学省からマスコミ向けの秘密の地図を貰って喜んでるのでしょうか(・・?

#save_fukushima 福島市の放射線量積算値
前記事で指摘したように、SPEEDIの放射線量積算試算値は、いい加減です。
SPEEDIの肩を持つわけではありませんが、使い方が間違ってるのだと思います。既に観測しようと思えば観測できる状況での精度は、設計時から考えられていないのだと思うのです。
SPEEDIは、スピーディーに予測することに優れていると予測します^^

SPEEDIの実力です。どぞ
早川由紀夫の火山ブログ 本当のSPEEDI
---部分転載
2001年4月、三宅島から放出される二酸化硫黄の広がり予測をアニメーションにしたものです。
---転載終わり
上ブログの「SPEEDI」リンクをクリックすると、Windowsメディアプレーヤーで動画シミュレーションを見れます。