子どもを守れ


<放射性物質>窓の開閉では大きな変動なし 校舎内線量調査 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
---全文転載
<放射性物質>窓の開閉では大きな変動なし 校舎内線量調査
毎日新聞 5月26日(木)22時49分配信

 文部科学省は26日、福島県内の学校や幼稚園10カ所で、窓の開閉によって校舎内の放射線量がどう変化するかを調べた結果、「大きな変動は確認されず、ほとんど影響しない」と発表した。

 調査は19日で、天候は晴れ。窓を閉めたまま教室の窓際と中央部で放射線量を計測し、続いて窓を開けて、時間を空けずに再度計測して比較した結果、大きな差はなかった。文科省原子力災害対策支援本部は「窓の開閉については何の通達も出していない。暑い日に窓を開けて授業をするかどうかは、各自治体の判断だ」としている。【西川拓】

---転載終わり