子どもを守れ


福島第一原子力発電所の20km以遠の積算線量結果について 平成23年6月3日10時00分現在

またまた、文部科学省です。このような安全デマまでばら蒔いています。
20110604_文部科学省1

福島市で、0.5μSv/h などは、夢のような低い値です。
記事を書いている時点の県発表値は、県北保健福祉事務所(福島市) 測定値:1.42μSv/h です。
そうだとしても、低すぎる積算値です。

20110604_文部科学省2

このような地図まで付けています。
郡山市・二本松市も放射線量が高いですが、ないですね。放射線量が低い測定地点が無かったのでしょうか?
・3月24日〜3月28日(March 24th〜March 28th)
3月29日〜6月2日(March 29th〜June 2nd)
(測定エリア(Reading Point):1)
が、福島市です。
放射線量・放射性物質の飛散が大きかった10日間が入っていません。

20110604_文部科学省3

未だに医療行為と比較しています。
さらに、緊急作業従事者の今回の事故で引き上げられた数値まで記載!
何処が「日常生活」なのぉぉーー
唯一、評価できる値は、
50マイクロシーベルト/年:
原子力発電所(軽水炉)周辺の線量目標値(年間)
(実績ではこの目標値を大幅に下回っています)
の部分。
見ていて気づきました^^;;これ、対数表示ですね。

20110604_文部科学省4

英語なのでパス。。
と思ったけど、、頼むからぁぁーー。外国にまでぇぇーー。恥さらしをしないでぇぇーー。


関連記事:
#save_children 福島市の累積放射線量(積算)が 5mSv を突破したことをお知らせします ぽぽぽぽぉおーーん (∂。∂?)......ン?