子どもを守れ



asahi.com(朝日新聞社):福島11地点でストロンチウム 原発から60キロでも - 社会
---全文転載
福島11地点でストロンチウム 原発から60キロでも
2011年6月9日0時0分

 文部科学省は8日、放射性ストロンチウムが東京電力福島第一原子力発電所から62キロ離れた福島市など、福島県内11カ所の土壌で新たに検出されたことを明らかにした。放射性セシウムが検出されたところでは、微量に見つかるとされており、それが証明された形だ。放射性ストロンチウムには半減期が長いものがあって、体に入ると長期間影響を及ぼす可能性があり、監視が必要だ。

 検出されたのは4月10日〜5月19日に採取された土壌。福島市では半減期約29年と長いストロンチウム90が1キロあたり77ベクレル、半減期約50日と短いストロンチウム89が54ベクレル検出された。

 最も多かったのは浪江町赤宇木で、それぞれ250ベクレルと1500ベクレル。北西部に36キロ離れた飯舘村では120ベクレルと1100ベクレルで、これまでに20キロ圏内で検出されていた値よりも高かった。ほかに田村市、広野町、川内村、南相馬市、二本松市でもストロンチウムが検出された。文科省は採取した土壌をさらに細かく分析するという。

---転載終わり


濃度による健康被害に関しては、判断を保留します。信頼できる専門家の解説が必要かもです。
ストロンチウムは、内部被曝による健康被害が大きいことが知られています。


#save_children 【昨日〜本日の重要ユース】ストロンチウムが検出された!! ((´д`)) ブルブル…サムー
6月1日のブログ記事


追記:6/10 1:15 転載記事の福島市の77ベクレルは、7.7ベクレルの誤記と思われます
東日本大震災:福島第1原発事故 ストロンチウム、20キロ圏外11カ所から検出 - 毎日jp(毎日新聞)
---全文転載
東日本大震災:福島第1原発事故 ストロンチウム、20キロ圏外11カ所から検出

 文部科学省は8日、東京電力福島第1原発の20キロ圏外の11カ所の土壌から放射性ストロンチウム89と90を新たに検出したと発表した。ストロンチウムは骨のがんや白血病の原因になる恐れがあるとされるが、同省は「健康への影響はない」としている。土壌は3月下旬〜5月上旬に採取され、土壌1キロ当たりの検出値は、29キロ西北西の浪江町が最も高く「89」が1500ベクレル、「90」が250ベクレル。次いで36キロ北西の飯舘村で「89」が1100ベクレル、「90」が120ベクレル。最も遠かったのは62キロ北西の福島市で「89」が54ベクレル、「90」が7・7ベクレルだった。【木村健二】

毎日新聞 2011年6月9日 東京夕刊

---転載終わり