子どもを守れ


内部被ばくだから、100〜1000倍だお

【放射能漏れ】また「ただちに健康問題ない…」のフレーズ 高木文科相、子供の尿から放射性物質検出で  - MSN産経ニュース
---全文転載
また「ただちに健康問題ない…」のフレーズ 高木文科相、子供の尿から放射性物質検出で 
2011.7.1 13:52

 福島市の子供10人の尿から微量の放射性物質が検出された問題で、高木義明文部科学相は1日の閣議後の記者会見で、70歳までの内部被ばく線量は最大8・9マイクロシーベルトで「極めて低いレベル」と述べ、健康には問題ないとの認識を示した。

 高木文科相は、放射線医学総合研究所の試算結果を紹介。70歳までの内部被ばく線量は、放射性セシウム134の数値が最大だった子どもは7・8マイクロシーベルト、セシウム137の数値が最大だった子供は8・9マイクロシーベルトとした。ほかの放射性物質は考慮せず、それぞれの核種ごとに求めた数値。一般人の1年間の線量限度は千マイクロシーベルト。

 高木文科相は「詳しくは健康診断しないといけないが、ただちに(健康に影響が出る)というものではない」と述べた。
---転載終わり


内部被ばくだから、100〜1000倍にしてくださいね。
大雑把に、
0.78〜8.9ミリシーベルト相当と考えてください。

わたしは、セシウム134とセシウム137を合算すべきだと思います。その場合は、2倍にしてください。
ただし、これは、「預託線量当量」と考えられますので、既に生涯分の積算がされている値です。
新しい内部被ばくがなければ、毎年足したりするのは間違いです。新しい内部被ばくを最小限にすることが重要です。


100〜1000倍の資料:ECRR 2010年勧告 11章
20110702_111

上の表は、内部被ばくの場合です。外部被ばくでは、ECRRの致死ガンのリスク係数はICRPの2倍です。


河北新報 東北のニュース/子どもの尿からセシウム 福島の10人全員検出 5月採取
---全文転載
子どもの尿からセシウム 福島の10人全員検出 5月採取

 福島第1原発事故を受け、福島市内の子どもの尿検査を行った市民団体「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」などは30日、検査した10人全員の尿から微量の放射性物質が検出されたと発表した。内部被ばくしている可能性が高いといい、国で詳細な調査を行うよう求めた。
 尿は、6〜16歳の男女10人(うち1人は3月23日に山形県内に避難)から5月20〜22日に採取。フランスの放射線測定機関「アクロ研究所」で検査した。
 検査の結果、放射性セシウム134が尿1リットル当たり1.13〜0.41ベクレル、セシウム137は1.30〜0.43ベクレル検出された。2種類のセシウムがほぼ同レベルで検出されていることから、原発事故の影響と推定されるという。
 アクロのデービッド・ボアイエ理事長は「極めて高い確度で内部被ばくの可能性がある」と強調した。汚染レベルはチェルノブイリ事故で被ばくした周辺の子どもの5分の1から50分の1程度だが、健康への影響は評価できないという。
 ネットワークの中手聖一代表は「大変ショッキング。結果を率直に受け止めて、今後の対策に生かさなければならない」と話した。

2011年07月01日金曜日
---転載終わり


心配し過ぎるのは、良くありません。
汚染レベルはチェルノブイリ事故で被ばくした周辺の子どもの5分の1から50分の1程度
ですから、いまからでも打つ手はあります。避難や内部被ばくの低減を考えてください。


次のブログ記事も御覧ください
110630 避難促進・自主避難者支援を求める政府交渉
“子どもの尿に放射性物質” NHK・長瀧重信は、楽観。わたしは、大問題と判断。
2011/6/30 <共同プレスリリース>「福島市の子供たちの尿からセシウム検出」 平均 1.80Bq/l のセシウムを検出


追記:9:55 資料を忘れてました^^;;
【まとめ】政府・自治体・マスコミのデマに騙されない為の国際的な文書
で、ECRRの2010年勧告を探してくださいね。