子どもを守れ


asahi.com(朝日新聞社):内部被曝、自然界からの1割以下 福島・二本松市調査 - 社会
---全文転載
2011年7月14日21時46分
内部被曝、自然界からの1割以下 福島・二本松市調査

 福島県二本松市は14日、東京電力福島第一原子力発電所の事故を受け、子どもらの内部被曝(ひばく)を調べるため実施した独自のサンプル検査の結果を発表した。市民から任意で選ばれた20人全員の体内から放射性物質が検出されたが、被曝量はおおむね1年間に自然界から受ける10分の1以下だった。

 対象は5歳〜中学生の18人と、戸外で働く49歳と63歳の男性2人。6月20〜30日に検査した。最も内部被曝量が高かったのは、63歳の男性で0.252ミリシーベルト。最低は9〜11歳の子どもで0.0257ミリシーベルトだった。

 市の調査では、市内の放射線の最高空間線量は3月に観測された毎時10マイクロシーベルト。子ども18人の家庭では、外出させず、放射性物質が検出された野菜などを食べさせないようにしたという。

---転載終わり


∞’’’ヾ(бoбヾ)マテマテー
0.252ミリシーベルトは、内部被ばくとしては相当の被ばくですよぉぉーー



#save_children また「ただちに健康問題ない…」のフレーズ 高木文科相、子供の尿から放射性物質検出で (-"-) 内部被ばくだから、100〜1000倍だお
も見てください。

内部被ばくに関しては、ECRRモデルでは、ICRPモデルの100〜1000倍危険です。

0.252ミリシーベルトでは意味わかんないよ。「預託線量当量」なのか?年間なのか?後者なら大変な被ばくになりますよ。

尿1リットル当たりのベクレル数がわかれば、チェルノブイリ事故で被ばくした周辺の子どもとの比較ができますが、書いてないですね。


そもそも、
人工放射線物質での内部被ばくと、自然界から受ける被ばくとを比べても意味ないです。

自然から受ける被ばくは、進化の過程で想定内の被ばくです。

人工放射線物質での内部被ばくは、100年も経過していないのですよ。
「わからない」が、正しい答!
わかっているのは、
人口放射線物質は、より深刻な健康被害を招くかもしれない事。
チェルノブイリ周辺では、健康被害がある事。