子どもを守れ


下記のニュース。よく読めばわかりますが、
(。б_б。)ノハイ 来年度から原発推進教育が始まります

これは、ふくいちの原発事故とは関係なく決まっていたことです。
普通の感覚なら、あれだけの原発事故が起これば中止するものですが、強行するようです。

そもそも、文部科学省の放射線に関しての理解度が低すぎます。
教える前に、勉強して欲しいものです。


どう教える 放射線の授業 NHKニュース
---全文転載
どう教える 放射線の授業
8月16日 19時11分

学習指導要領が新しく変わるのに伴って、来年度から30年ぶりに中学校で放射線の授業が復活することになり、16日、理科の教員らが集まり、子どもたちへの教え方を研修しました。

東京・文京区で開かれた研修会には、都内の中学校で理科を教える教員などおよそ150人が参加しました。研修会では放射線被ばくの研究者が、放射線の特徴や活用方法、それに人への影響などの基礎知識を説明したあと、「放射線をむやみに恐れるのではなく、正しい知識を持つことが大切だ」と話しました。このあと、目に見えない放射線を教える実験が紹介され、教員たちは放射線を出す鉱石とドライアイスを使って、放射線の跡を見る実験や、塗料や岩石の中にある放射線の数値を測る実験に取り組みました。研修会の最後には、どのように放射線を教えたら良いのかについて教員どうしが討論し、「授業の中で原発事故の話をすべきだと思うが、よく分からないことが多く悩んでいる」といった意見が出されていました。研修会に参加した28歳の教員は「放射線教育を受けたことがないので、どう指導すればいいのか悩んでいます。まず知識をつけてから考えていきたいです」と話していました。
---転載終わり

「放射線をむやみに恐れるのではなく、正しい知識を持つことが大切だ」
ヾ(бoб;o) ォィォィ
恐れてください。20mSv/年 を子どもに強要するのは、犯罪行為です。


「授業の中で原発事故の話をすべきだと思うが、よく分からないことが多く悩んでいる」
「放射線教育を受けたことがないので、どう指導すればいいのか悩んでいます。まず知識をつけてから考えていきたいです」
ヽ(бoб; オイオイ
あのさあ。原発事故から5ヶ月も経過しているんですよ。
いちおう、中学校の理科の教師ですよね。子どもに教える難しさは理解できるよ。
でも、知識がないのは、あなたの知識レベルが低すぎですからぁぁ



関連ブログ記事も どぉぞっ♪ヽ(*б-б*)。


【新学習指導要領対応】中学校理科「放射線」:授業の準備は“らでぃ”におまかせ!
4月28日のブログ記事:教師用のサイトもあります。

【消される前に至急保存だよ】なるほど!原子力AtoZ
5月14日のブログ記事:あの資源エネルギー庁が、原発推進の副読本を作成。ダウンロードできます。

文部科学省の「放射能を正しく理解するために(6/24)」いるかちゃんによる添削と感想 Ver.2.00(7/3)
7月3日のブログ記事:あの文部科学省が、教師と保護者に誤った知識を広めています。