子どもを守れ


とうの昔に、1ミリシーベルトを目指すはずなのにねぇ
(〃бOб)ノ コラァ〜 文部科学省 いい加減にしろぉぉ


「20mSv」撤回求める福島の父母を雨中コンクリートに座らせた文科省 田中龍作ジャーナル
5月24日のブログ記事:23日の交渉に関して

5月23日:福島の子どもたちを守れ!〜文科省外エントランスでの要請 〜参議院議員会館 講堂
5月25日のブログ記事:23日の交渉 録画

文科省:1mSv/年とも言ったけど、やはり20mSv/年だお?少なく見せかける算数ごっこも継続中
5月28日のブログ記事:高木文部科学相 「今年度は当面、年間1ミリ・シーベルト以下を目指す」

「学校において『年間 1 ミリシーベルト以下』を目指す」ことについて 平成23年7月20日 文部科学省 (-"-) 反論とコメント
7月20日のブログ記事:文部科学省が勝手に後退


学校の放射線量に新たな目安 NHKニュース
---全文転載
学校の放射線量に新たな目安
8月24日 12時31分

東京電力福島第一原発の事故を受けて示された学校での屋外の活動を制限する放射線量の目安について、文部科学省は年間の積算で20ミリシーベルト未満とする数値を廃止することを決め、新たな目安を年間1ミリシーベルト以下とすることを福島県に通知することになりました。

福島県の学校や幼稚園などの屋外での活動を制限する目安の放射線量については、文部科学省がことし4月、年間20ミリシーベルト未満、1時間当たり3.8マイクロシーベルト未満という数値を示していました。その後、福島県内の学校などでは、放射線量を下げるために校庭の土を取り除く作業が進み、現在は、すべての学校で1時間当たり3.8マイクロシーベルトを下回っていることなどから、文部科学省はこの目安を廃止することを決めました。そのうえで、夏休み明けは学校で子どもが受ける放射線量を原則として年間1ミリシーベルト以下とし、この目標を達成するための新たな目安を1時間当たり1マイクロシーベルト未満にすることにしています。また1マイクロシーベルトを超えても屋外活動を制限する必要はないとしていますが、速やかに除染対策を行うことが望ましいとしています。文部科学省は新たな目安について今月26日にも福島県に通知を出して周知を図ることにしています。
---転載終わり