子どもを守れ


資料はこちら
9/7 セミナー「内部被ばくと避難問題 〜尿検査から見えてきたもの〜」 FoE Japan

動画はこちら
内部被ばくと避難問題−尿検査から見えてきたもの
録画日時 : 2011/09/07 13:01 JST


アクロ(ACRO)による日本の放射能モニタリング結果
福島の子 どもの尿分析(2回目)(2011年07月)

20110908_acro

U2を除く9名は、避難しています。
避難すれば体内のセシウムが減少する事がデータで示されました。

20110908_acro2

福島在住の5名が、新しく測定されました。
バラツキがあるというか?1名が高い値になっています。

どのような場合に高くなるのかを調べるためにも広範囲の調査が必要ですね。


問題点として
動画などでも触れられていますが、福島県の調査では検出限界が高い為に”不検出”となります。このような検査では意味がありません。
予算のムダなのは勝手にしろとも言えますが、危険なのに安心と誤認してしまう可能性があります。


関連ブログ記事:1回目
2011/6/30 <共同プレスリリース>「福島市の子供たちの尿からセシウム検出」 平均 1.80Bq/l のセシウムを検出