子どもを守れ


福島県民の34%移住を希望
中学生以下の子どもがいる家庭では51%移住を希望

それなのに、政府福島県は、除染を希望らしい


20110910_asahi

asahi.com(朝日新聞社):福島県民「移住したい」34% 被災3県世論調査 - 社会
---全文転載
福島県民「移住したい」34% 被災3県世論調査

 東日本大震災の発生から半年を迎えるのに合わせ、朝日新聞社は岩手、宮城、福島の3県で各県のテレビ朝日系放送局と共同世論調査(電話)を行い、震災に対する見方や放射性物質への不安などを探った。このうち福島の調査では、放射性物質への不安から、3人に1人が「できれば移り住みたい」と答えた。

 原発事故による放射性物質への不安では「あなたや家族に与える影響について、どの程度不安を感じているか」と4択で尋ねた。「大いに感じている」は岩手32%、宮城34%に対して福島は54%に上る。

 福島県民だけに「放射性物質による被害を避けるため、県外や放射線量の少ない地域へ、できれば移り住みたいか」と聞くと、34%が「移り住みたい」と回答。中学生以下の子供がいる家庭では51%に及ぶ。
---転載終わり


思ったよりも適切な判断をしているようです。ヨカッタ