予想通りですがぁ


ヒマワリへの移行係数は、1.0〜1.5%
玄米への移行係数は、0.5〜1.5%
大きな差はないようです。

関連ブログ記事:
(。б_б。)ノハイ ヒマワリ除染は、ダメかもです


結局
1.土壌を除染するなら、耕す前に表土を取り除くほうが良い。
2.耕してしまったら、植物を植えれば多少はセシウムを吸収する。
3.ヒマワリは大きくなるので、セシウムを多く吸収するかもしれない。しかし、処分に困る。


福島民報:福島県の新聞社:ニュース|福島のニュース
---全文転載
玄米から検出は微量 県農業総合センターが栽培試験 

 高濃度の放射性物質を含む土壌でコメを栽培しても、玄米からの検出量はわずかであることが県農業総合センターの試験で分かった。9日に郡山市の同センターで開かれた農業分野における放射性物質試験研究の成果説明会で報告された。
 水稲の試験は県内水田の約50%を占める灰色低地土を使い、放射性物質濃度が1キロ当たり2000ベクレルから6万3000ベクレルの土壌を人工的に作って行った。玄米を調べた結果、最大80ベクレルで、暫定基準値(500ベクレル)を大幅に下回った。土壌から玄米への放射性物質の移行率は0・5%から1・5%だった。
 県農業総合センターの担当者は「水稲は高濃度の土でも放射性物質の移行が低いことが分かった。早場米や一般米の検査でも基準値は超えていないが、この結果で消費者はより安心できるはず」とした。ただ、「灰色低地土に比べ、他の土は移行率が数倍の場合もある。土によって異なる点は注意が必要」と付け加えた。
 一方、除染効果が期待されるヒマワリは、予想よりも放射性セシウムの吸収力が低い可能性が出てきた。飯舘村二枚橋地区と同センターのほ場で調べた結果、飯舘村で1キロ当たり7700ベクレルの土のヒマワリで79ベクレル、ほ場では3600ベクレルの土で56ベクレルと、移行率は1〜1・5%だった。
 説明会は全市町村や関係団体を対象に開かれた。
(2011/09/10 10:16)
---転載終わり