子どもを守れ


福島県 転出超過
3〜5月期 1万7524人
6〜8月期 7828人
やや、ペースダウンしているのが心配ですが、避難が進んでいます。

日経によると、子育て世代が避難しているようです。


福島の人口流出続く、岩手・宮城は転入超 6〜8月  :日本経済新聞
---全文転載
福島の人口流出続く、岩手・宮城は転入超 6〜8月
2011/9/29 21:59

 総務省は29日、住民基本台帳に基づく6〜8月の人口移動報告で、東日本大震災による被災で3〜5月に大幅に人口が流出した岩手、宮城両県が、それぞれ転入超過に転じたと発表した。一方、東京電力福島第1原発事故の影響が長期化している福島県は7828人の転出超過で、人口流出に歯止めがかかっていない。

 岩手県の転入超過数は279人、宮城県は1270人だった。県外に避難していた住民が戻り始めていることや、企業が被災地に工場や物流拠点を新設する動きが広がっていることなどが影響したとみられる。福島県から岩手、宮城両県への転出者も多かった。

 三大都市圏別では、東京圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)が6万5381人の転入超過から、4656人の転出超過に転じた。20〜30代の働き手の名古屋圏(愛知県、岐阜県、三重県)や大阪圏(大阪府、兵庫県、京都府、奈良県)への転出が増えており、総務省統計局では「企業が東京一極集中の解消に動き始めたためではないか」とみている。

 被災3県の3〜8月の転出超過数は3万8031人となり、高度経済成長期以来、42年ぶりに3万8000人を超えた。福島県の3〜8月の人口移動を年齢階層別でみると、0〜14歳や子育て世代の25〜44歳の転出超過数が大幅に増えた。原発事故の影響を避けて県外に出る親と子どもが多いことを裏付けた。
---転載終わり


東京新聞:福島から人口流出続く 総務省、6〜8月人口移動:政治(TOKYO Web)
---全文転載
福島から人口流出続く 総務省、6〜8月人口移動
2011年9月29日 20時49分

 総務省が29日公表した6〜8月期の住民基本台帳に基づく人口移動報告によると、東日本大震災で大きな被害を受けた3県のうち岩手、宮城が震災直後の転出超過から転入超過に転じたのに対し、福島は7828人の転出超過だった。3〜5月期の1万7524人より減少したものの、東京電力福島第1原発事故の影響で人口流出が続く実態が浮き彫りになった。
 震災後、東京圏から西日本各地への転出傾向も続いており、3〜5月期の転入超過から4656人の転出超過に転じた。一方、大阪圏、名古屋圏は引き続き転入超過だった。
(共同)
---転載終わり