ちょっと、観るのも辛いかもです

被曝治療83日間の記録

NHKスペシャル - 被曝治療83日間の記録 JOC東海村臨界事故 1999


東海村 臨界事故12年で追悼 NHKニュース
---全文転載
東海村 臨界事故12年で追悼
9月30日 13時31分

茨城県東海村で2人が死亡し、600人以上が被ばくした臨界事故から30日で12年がたち、村役場では臨時の朝礼が開かれて職員が犠牲者に黙とうをささげました。

東海村では、平成11年9月30日、核燃料加工会社「ジェー・シー・オー」で臨界事故が発生し、作業員2人が死亡、住民など660人余りが被ばくしました。事故から12年がたつ30日、東海村役場では職員が集まって臨時の朝礼が開かれ、亡くなった2人に全員で黙とうをささげました。このあと東海村の村上達也村長が「あのような経験は二度とないだろうと思っていたが、またも福島第一原発の事故に見舞われ、政府や東京電力の対応はなっていなかった。原発を抱える東海村の将来を思うとあいまいな妥協は許されない」と述べました。東海村役場は、去年は事故当時の住民の体験を文集にまとめるなど事故の風化を防ぐ取り組みを進めています。村上村長は「原発のある村のトップとして原発と共存していくかいかないか検討しなければならない。われわれの生活の安全をどう保障するのか国に問いただしていきたい」と話していました。
---転載終わり