(。б_б。)ノハイ


記事より、年10マイクロシーベルト以下なら放射性廃棄物ではないようです。
原子力安全委員会によると、0.8Bq/g(800Bq/kg)以下なら放射性廃棄物ではないようです。

食品の暫定規制値以下なら放射性廃棄物ではないですね。ヨカッタネ
コメも放射性廃棄物ではありませんが、放射性廃棄物生まれの可能性があります。
※5000Bq/kg 以下の農地でコメの作付けができます。


福島第1原発:東海原発の廃炉遅れ 放射性廃棄物増加で - 毎日jp(毎日新聞)
---全文転載
福島第1原発:東海原発の廃炉遅れ 放射性廃棄物増加で
2011年10月9日 10時19分 更新:10月9日 11時11分

 東京電力福島第1原発事故の影響で、日本原子力発電東海原発(茨城県、出力16.6万キロワット)の廃炉工程がずれ込む見通しとなった。周辺の放射線量が上昇したため、想定を上回る放射性廃棄物が生じる恐れがあるためだ。原電は放射性廃棄物かどうかを測定・分別する作業を中断し、測定方法を見直しており、作業再開は年明け以降になる見通しだ。

 廃炉で出た金属やコンクリートは、国が定めた「クリアランスレベル」(年10マイクロシーベルト)以下かどうかを測定し、再利用可能か判断する。事故後、周辺の放射線量が増加し、クリアランスレベルを上回る廃棄物が続出。さらに、事故前なら数値以下で再利用予定だった廃棄物も、外部に搬出できない状況が続いている。

 廃炉で生じる廃棄物は計19万2000立方メートルで、うち測定対象は2割強の約4万立方メートル。測定が滞ると廃炉作業全体に影響する。

 経済産業省原子力安全・保安院によると、同原発周辺の線量は10月7日現在、毎時約0.22マイクロシーベルトで、平常時の最大6倍となっている。

 保安院の担当者は「廃炉工程に影響が出る可能性がある。できるだけ早く再開できるよう調整する」と話している。震災の影響で、測定に使うクレーンなどの機器も損傷しており、原電広報室は「復旧には年内いっぱいかかる見通しだ」と話す。

 同原発は66〜98年に運転された。商業用としては初めて廃炉が決まった。廃炉作業は01年に始まり、21年に終了する計画で、費用は885億円に上る見通し。【中西拓司】
---転載終わり


原子炉施設及び核燃料使用施設の解体等に伴って発生するもののうち放射性物質として取り扱う必要のないものの放射能濃度について平 成 1 6 年 1 2 月 1 6 日(平成 17 年 3 月 17 日一部訂正及び修正) 原 子 力 安 全 委 員 会
20111010_nsc01

20111010_nsc02

20111010_nsc03

20111010_nsc04

20111010_nsc05



ドイツZDF-Frontal21 福島原発事故、その後(日本語字幕)
20111010_zdf01

7000Bq/kgなら、クリアランスレベルの10倍に近いですから、
立派な放射性廃棄物です。
補足:H氏は、「自分が映っている時に流れたテロップは自分が話したことではない」との情報あり
ただ、、今となってはキノコで7000ベクレルは、あまり高くないですね (б。б;A)゛アセアセ