子どもを守れ


モニタリング・モニタリングの文部科学省
最大でも放射性セシウムの5%余り
放射性セシウムが出ていれば、ストロンチウムが出ても不思議ではない


これらのストロンチウムから受ける50年間の積算の被ばく線量は、それぞれ0.00061ミリシーベルトと0.12ミリシーベルトでした。
(〃бOб)ノ コラァ〜 ストロンチウムは内部被ばくが問題なのぉぉーー

放射線の一種、ベータ線を出すストロンチウムは、測定に時間がかかるうえ、検出装置の数も限られていることなどから、放射性セシウムに比べて測定の数や頻度が少ないのが現状です。
(〃бOб)ノ コラァ〜 つまり、面倒だから測定したくないって事かよぉぉーー


横浜市 ストロンチウム検出か NHKニュース
---全文転載
横浜市 ストロンチウム検出か
10月12日 18時2分

横浜市は、港北区の住民から、マンションの屋上にたまっていた土から放射性ストロンチウムが検出されたという情報が寄せられたことから、周辺の道路の側溝から採取した堆積物などを検査機関に送って、詳しく調べています。

横浜市は先月、港北区の5か所で放射性物質を検査したところ、大倉山の住宅街の側溝の堆積物から、1キログラム当たり4万200ベクレルの放射性セシウムが測定され、市は堆積物を撤去する措置を取っています。横浜市によりますと、先月、この地域の住民から連絡があり、「自宅マンションの屋上の側溝にたまっていた土を民間の検査機関に送って調べたところ、1キログラム当たり195ベクレルの放射性ストロンチウムが検出された」として、市としても検査するよう求められたということです。このため横浜市は、放射性セシウムが検出されたものと同じ堆積物を、もう一度市内の検査機関に送って、放射性ストロンチウムの検査をしており、近く出る結果を受けて、対応を検討することにしています。文部科学省などによりますと、放射性ストロンチウムは、体内に吸い込むと、骨に蓄積してがんを引き起こすおそれがあるとされています。文部科学省の測定で、福島県の土壌などから検出されていますが、最大でも放射性セシウムの5%余りにとどまっていて、福島県以外では放射性ストロンチウムの測定はほとんど行われていないということです。

ストロンチウムについては、文部科学省がことし6月から7月にかけて、福島第一原発から80キロ圏内の合わせて100か所で土壌を採取して分析した結果、45か所でストロンチウム89と90がともに検出され、文部科学省は原発事故によるものとみています。このうち濃度が最も高かったのは、▽ストロンチウム89が、原発から30キロ余り離れた地点で、1キログラム当たりおよそ340ベクレル、▽ストロンチウム90が、原発からおよそ5キロの地点で、1キログラム当たりおよそ90ベクレルでした。これらのストロンチウムから受ける50年間の積算の被ばく線量は、それぞれ0.00061ミリシーベルトと0.12ミリシーベルトでした。文部科学省によりますと、放射線の一種、ベータ線を出すストロンチウムは、測定に時間がかかるうえ、検出装置の数も限られていることなどから、放射性セシウムに比べて測定の数や頻度が少ないのが現状です。ただ、ストロンチウムが検出される場所からは、必ず放射性セシウムが検出されていて、セシウムを調べることで、ストロンチウムの量を推定できるとしています。今回、横浜市のマンションの屋上から、原発事故に由来するストロンチウムが検出された可能性があることについて、文部科学省は「放射性セシウムが出ていれば、ストロンチウムが出ても不思議ではない。今後、状況をよく確認したうえで、さらに地点を広げて調査を行うか検討したい」としています。
---転載終わり


今後、状況をよく確認したうえで、さらに地点を広げて調査を行うか検討したい
(〃бOб)ノ コラァ〜 検討しなくていいから、すぐに調査しなさい!!