タイトル ↑ かなりイイ加減な計算です (б。б;A)゛アセアセ 憶えやすいほうが、いっかなっと

内部被ばくの危険性を食品のベクレルで把握している方が多いと思います。
ニュースなどでミリシーベルトが出てくると混乱しませんか (б_б?)ハテナ?

正確な換算式より感覚的に危険性を察知するのが先だと思いタイトルでは単純化しました。


通常は、
経口摂取や吸引摂取によって内部被ばくした量(ベクレル)を被ばく量(シーベルト)に変換します。内部被ばくでは、生涯分の積算被ばく線量(預託線量といいます)に変換します。

実効線量も見てくださいね。超要約すると全身で受ける被ばく線量のことです。
セシウム-134
吸入摂取した場合の実効線量係数(すべての化合物、ミリシーベルト/ベクレル) 9.6×10-6
経口摂取した場合の実効線量係数(すべての化合物、ミリシーベルト/ベクレル) 1.9×10-5
セシウム-137
吸入摂取した場合の実効線量係数(すべての化合物、ミリシーベルト/ベクレル) 6.7×10-6
経口摂取した場合の実効線量係数(すべての化合物、ミリシーベルト/ベクレル) 1.3×10-5

などと核種ごとに係数が決まっています。年令によっても係数は違ってきます。

緊急時における食品の放射能測定マニュアル 平成14年3月・・・36ページ
20111019_mhlw_36



超大雑把に言ってしまえば、セシウム137の経口摂取なら
1×10のマイナス5乗 (ミリシーベルト/ベクレル)ですよ☆〜(ゝ。б)ネ

つまり、100,000ベクレルの経口摂取で、生涯積算1ミリシーベルトの内部被ばくになります。
この10万ベクレルは、どのようなタイミングで摂取しても同じです。ベクレルから生涯積算のシーベルトへ変換しているのですから、多少の摂取タイミングの違いは問題ではありません。

10,000ベクレルの食事を、10回食べる。
1,000ベクレルの食事を、100回食べる。
100ベクレルの食事を、1,000回食べる。
すべて、生涯積算で1ミリシーベルトの内部被ばくになります。