子どもを守れ


NHKなどの放送で、マスクは不要だというプロバガンダを広めてきました。
さすがにマズイと思ったのか?過去のニュース映像を削除しているようです(前記事)。

この映像が含まれる解説映像も削除されました
20111118_nhk_del



さて、本題 空中に放射性物質が浮遊しています

11/15 京都大学調査 福島在住成人の内部被曝「気にする水準でない」 京大が調査 (。б_б。)ノハイ 「気にする水準」だと思います。

8/4 福島大学調査 【デマ】大気中に放射性物質は無いからマスクは不要 (〃бOб)ノ コラァ〜 福島市では放射性物質が浮遊していることが確定しました

7/6 文部科学省のモニタリング マスクは必要!?1000倍の1000倍単位が違っています

11/17 日本放射線安全管理学会(下記:朝日新聞記事)
楽観的なことを書いていますが、トンチンカン
外干しの衣類からの外部被ばくは、僅かに決まっていますww
空中に放射性物質が存在していることが重要です。
衣類を経由して、屋内に放射性物質を持ち込んでしまう可能性があります。
衣類を経由して、着ているひとが放射性物質を吸い込む可能性があります。


2011/11/18 23:34:40
【汚染】福島県内3カ所で屋外に数時間干したタオルから1枚当たり最大2.3ベクレル | SAVE CHILD http://t.co/tZCbwbYA via @zenback 朝日新聞にでてる評価が無茶苦茶。。屋外の空中に放射性物質が飛んでいる。衣類経由で内部被曝する可能性がある


asahi.com(朝日新聞社):外干し洗濯物の安全性確認 日本放射線安全管理学会 - 社会
---全文転載
外干し洗濯物の安全性確認 日本放射線安全管理学会
 年間の積算放射線量が1ミリシーベルトを超える地域で、屋外に干した洗濯物を身につけても、被曝(ひばく)線量は一般人の年間限度1ミリシーベルトの1万分の1程度と、人体への影響を無視できるレベルであることがわかった。また、セシウムで汚染された舗装道路をワイヤブラシでこすれば、9割以上を除染できることが確認された。

 いずれも、日本放射線安全管理学会が調べ、30日から横浜市で開く学術大会で報告する。

 洗濯物の調査は同学会被服分析班が7月下旬〜8月上旬、福島市と福島県郡山市、同県会津若松市、埼玉県川口市の住民の協力で行った。幅34センチ長さ86センチの木綿のタオルを屋外に数時間干して、線量を測った。

 通常の計測器では放射性物質は一切、検出されなかったが、液体窒素で冷やして使う特殊な計測器で測ると、福島県内の3カ所で干したタオルから1枚当たり最大2.3ベクレルの放射性セシウムが検出された。調査地点の年間積算線量は0.7〜6.1ミリシーベルトだった。このタオルを1年間連続して体に密着させていた場合の被曝線量は、子どもも大人も年間約0.08マイクロシーベルトで、一般人の年間被曝限度の1万分の1程度だった。
---転載終わり


追記:PR

子供用



大人用



作業や緊急時用



カワ(・∀・)イイ!!