福島 1万7308人減
宮城 5124人減
岩手 3735人減

昨年5月時点ですから、放射能避難は増えているでしょうね。


被災3県の子2万6千人減 福島が大半、昨年5月時点
---ここから
被災3県の子2万6千人減 福島が大半、昨年5月時点
2012年2月6日 17時33分

 東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島3県で幼稚園や小中高校などに在籍する児童生徒が、昨年5月時点で前年より2万6167人減ったことが6日、文部科学省が公表した2011年度学校基本調査(確定値)で分かった。減少幅は3・6%に相当する。
 このうち福島が1万7308人で3分の2を占め、宮城は5124人で、前年度より減少幅が2倍近く拡大。岩手は3735人で、少子化に伴う近年の自然減と同水準。
 文科省は「福島第1原発事故や津波による避難の影響に加え自然減もある」と分析している。
 調査は、全国の幼稚園や小中高校、大学など国公私立全ての学校に実施。
(共同)
---ここまで


追記:2/7 10:00
詳細です。

福島県全体 1万7308人(6・3%)減の25万5572人
幼稚園児 3311人(11%)減の2万6715人
小学生 9240人(7・9%)減の10万8428人
中学生 2489人(4%)減の5万9377人
高校生 2257人(3・7%)減の5万8962人

東日本大震災:被災3県、子ども2万6167人減 原発避難の福島最大−−文科省調査
---ここから
東日本大震災:被災3県、子ども2万6167人減 原発避難の福島最大−−文科省調査

 東日本大震災で被害の大きかった岩手、宮城、福島3県で昨年5月1日現在の児童生徒や幼稚園児が、前年同期比2万6167人(3・6%)減の70万2995人だったことが6日、文部科学省の学校基本調査(確定値)で分かった。最も減少が大きかったのは福島県で1万7308人(6・3%)減の25万5572人。幼稚園児や小学生の減少が目立ち、背景には少子化による自然減に加え、東京電力福島第1原発事故に伴う避難区域の設定や放射線への不安があるとみられる。

 学校基本調査の速報値は昨年8月に発表されたが、文科省は被災3県の初等中等教育関係の学校などについては10月末まで報告期限を延長し、確定値として改めて発表。国公私立の幼稚園児、小中高生(中等教育学校を含む)、公立の特別支援学校生を集計した。被災3県を巡っては昨年9月1日現在で被災者の児童生徒ら計1万3933人が県外へ移ったことが文科省の別の調査で判明している。

 福島県は幼稚園児が3311人(11%)減の2万6715人、小学生が9240人(7・9%)減の10万8428人、中学生が2489人(4%)減の5万9377人、高校生は2257人(3・7%)減の5万8962人。宮城県は全体で5124人(1・7%)減の28万7782人、岩手県は同3735人(2・3%)減の15万9641人。

 全国の小学生数は10万6084人(1・5%)減の688万7292人で過去最少を更新した。
---ここまで