コントロールできていない状態ですね

6日 73.3度
8日 64.1度
10日 71.1度
11日 71.3度

要注意です

関連:
2012年02月07日11:58
2号機原子炉 ホウ酸注入 注水量を増やしても温度横ばい
2012年02月08日12:25
2号機原子炉 温度微減 66・7度



20120211_2

福島第一原発2号機 再び71度台
---ここから
福島第一原発2号機 再び71度台
2月11日 21時0分

東京電力福島第一原子力発電所の2号機で、原子炉の温度計の1つが高い値を示している問題で、4日前に注水量を増やしたあと一度は温度が下がったものの、10日夜から11日にかけて、再び71度台を記録し、温度が下がっていないことが分かりました。

福島第一原発の2号機では、原子炉の底にある温度計の1つが、先月下旬から徐々に上昇して、70度前後から下がらない傾向が続き、東京電力は、7日、原子炉の注水量を増やし、これまでで最も多い1時間当たり13.5トンにしました。
その結果、温度計の値は6日に73.3度を記録しましたが、8日に64.1度まで下がりました。
ところが、その後温度が再び上がっていて、▽10日午後9時に71.1度、▽11日午前3時と9時には71.3度と、注水量を増やす前とほぼ同じ高さに戻り、温度が下がっていないことが分かりました。
原子炉の底のほかの2つの温度計は、35度程度まで下がり続けていて、東京電力は、「燃料の冷却はできているので、もうしばらく状況を見守る。しかし、これ以上上昇したら注水量をさらに増やすことも考える」と説明しています。
福島第一原発では、去年12月、原子炉の温度が100度以下に下がったとして、政府と東京電力が「冷温停止状態」を宣言していますが、原子炉の状態は、依然、詳しく把握できない状況が続いています。
---ここまで


2号機の温度、高止まり 福島第一原発 東電は「安定」
---ここから
2号機の温度、高止まり 福島第一原発 東電は「安定」

 東京電力は11日、炉心溶融事故を起こした福島第一原発2号機の原子炉圧力容器の底の温度は依然として高い状態が続いていると発表した。しかし、原子炉への注水量を増やしたことで温度上昇は止まり、原子炉の状態は安定しているとの見方を示している。

 東電によると11日午後5時の温度は69.5度。午前9時は71.3度だった。原子炉への注水量を増やした7日未明以降、64〜71度の間で推移している。

 原子力設備管理部の小林照明課長は「注水量を増やして温度上昇は止まったものの、高止まりの状態が続いている。もうしばらく状態を監視して様子をみたい」と話している。
---ここまで