作業員が高いベータ線被ばくをするなどの問題が起きている

新装置:
放射性ストロンチウムなどベータ線やアルファ線を出す放射性物質が除去できる



放射性物質除去 新装置導入へ
---ここから
放射性物質除去 新装置導入へ
2月27日 20時51分

東京電力福島第一原子力発電所では、作業員の被ばくのリスクなどを減らすため、汚染水からこれまでより多くの種類の放射性物質を除去できる新たな装置を導入することになりました。

これは政府と東京電力が、27日に開いた廃炉計画を検討する会議の中で明らかにしました。
福島第一原発では、汚染水を浄化して原子炉の冷却に利用していますが、現在の浄化設備では放射性セシウムなど一部の放射性物質しか除去できず、作業員が高いベータ線被ばくをするなどの問題が起きています。
これを受けて政府と東京電力は、これまでより多くの種類の放射性物質を除去できる新たな装置を、平成24年度上半期までに導入することになりました。
この装置を使うと、放射性ストロンチウムなどベータ線やアルファ線を出す放射性物質が除去でき、およそ1000万分の1まで減らすことができるということです。
また、地下水の流入などで汚染水が増え続けているとして、ことし4月までに、浄化したあとの水を保管するタンクを4万トン増やし20万トン余りにする方針も明らかにしました。
このほか2号機の格納容器の中に内視鏡を入れる調査を先月に続いて来月下旬に行うということで、今回は内視鏡の長さをより長くし、前回確認できなかった格納容器にたまっている水の水位を確認したいとしています。
---ここまで


放射性汚染水:浄化設備、来年度前半にも導入 東電
---ここから
放射性汚染水:浄化設備、来年度前半にも導入 東電
2012年2月27日 19時28分

 経済産業省は27日、東京電力福島第1原発の廃炉までの中長期対策に関する対策会議を開き、東電が敷地内にある放射性汚染水に含まれるほぼすべての種類の放射性物質を取り除く設備を来年度前半にも導入する計画を明らかにした。

 高濃度汚染水の浄化では現在、半減期が長く被ばくの影響も大きい「セシウム137」を主に除去している。東電の計画では、汚染水の濃度をさらに低くするため、活性炭などに吸着させる設備を新たに導入し、他の放射性物質も除去する。

 汚染水中で法定基準の100分の1以上の濃度を示した放射性物質62種類について試験したところ、現時点で57種類を検出限界値未満に除去できることが確かめられた。

 この設備を使って、海に放出できる法定基準以下まで浄化するが経産省は「実際に放出するかは地元などと協議する」と説明した。

 また経産省は、同原発1〜3号機の建屋から大気中に放出されている放射性物質の量は直近で毎時0.1億ベクレルと、昨年12月上旬の約0.6億ベクレルからさらに減少したと発表した。【関東晋慈】
---ここまで