政府や福島県は、除洗除染と言っています。何なの?


双葉住民「帰還せず」3割 02月05日 20時14分魚拓
原発事故の警戒区域に指定されている双葉町の住民を対象に、町への帰還について復興庁などが意向を調査した結果、3割余りの人が「そもそも戻りたいとは思わない」と答えました。
この調査は復興庁と福島県、それに双葉町が共同で、去年12月から先月にかけ双葉町の中学生以上のすべての住民、6293人を対象に行い、3710人から回答がありました。

回答率が低い気もしますが、、

それによりますと、町への帰還について「そもそも戻りたいとは思わない」と答えた人は30.4%と、最も多くなりました。
また、「現段階でまだ判断がつかない」と答えた人は26.9%で、「戻らない」と「わからない」を合わせた割合が6割近くを占めました。
一方、「条件が整えば戻りたい」と答えた人は28.4%で、これらの人に戻るための条件を複数回答で尋ねました。

「そもそも戻りたいとは思わない」 ・・ 30.4%
「現段階でまだ判断がつかない」 ・・26.9%
「条件が整えば戻りたい」 ・・ 28.4%

最も多かった答えは「放射線量が十分低くなること」で、次いで「医療機関の整備や介護・福祉サービスの確保」「原発の廃炉の安全性が確保されること」などとなりました。
双葉町は、今回の調査に答えていない住民の声もくみ上げ、今後、町の復興計画の策定に反映させていきたいとしています。

先に調査しろよ


20130205_futaba

20130205_futaba02

「放射線量が十分低い」というのは、戻れないのと同じなのでは?



追記:2013/2/6 12:30
双葉「戻りたくない」30.4% 復興庁の避難区域住民調査 2013/02/06 11:10
他の町村の調査状況部分
 避難区域が設定された市町村のうち、楢葉、富岡、浪江の3町でも実施し、復興庁が結果の取りまとめ作業を進めている。大熊町では2回目の調査が行われている。
 既に公表されている大熊町と葛尾村の住民の帰還意向について、大熊町は45・6%、葛尾村は27・1%が「戻らない」と回答している。

楢葉町 ・・ 調査中
富岡町 ・・ 調査中
浪江町 ・・ 調査中
大熊町 ・・ 「戻らない」 45・6% (2回目の調査中)
葛尾村 ・・ 「戻らない」 27・1%
双葉町 ・・ 「戻らない」 30.4% (前述)



--------------------------------------------------------------------------------------
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
--------------------------------------------------------------------------------------

☆最近の売れ筋商品(いるかちゃん商会調べ)☆彡





Amazon 原発関連書籍(モバイル用) (∂-∂*)ヨロシク〜☆ミ