先が思いやられますね


3号機プールに金属の棒沈む 02月08日 21時39分
東京電力福島第一原発3号機の使用済み核燃料の貯蔵プールで行われていたがれきの撤去作業中に、一部が水面から出ていた重さ1点5トンの金属製の棒が水の中に沈むトラブルがあり、東京電力は今後、燃料に異常がないかなどを確認することにしています。

(1点5トン → 1.5トン)
先が思いやられますね

福島第一原発3号機では、使用済み核燃料の将来的な取り出しに向け、プール周辺に散乱しているがれきの撤去作業を6日再開しました。
東京電力によりますとこの作業でプールの水に一部が浸かっていた鉄骨を撤去しようとした際、近くにあって一部が水面から出ていた重さ1点5トンのステンレス製の金属製の棒が、プールの中に沈んでしまったということです。
東京電力は8日、プール周辺を撮影した映像を公開し鉄骨をクレーンでつり上げようとした瞬間、金属の棒が倒れ込むように沈んでいく様子が映っています。

映像をみると、壮大に水しぶきを上げています

東京電力によりますとプールの水位や、水に含まれる放射性物質の濃度に変化はなく、燃料の冷却も通常通りできているということです。
東京電力は、今後、水中カメラを入れて、金属製の棒の状態や燃料に異常がないかなどを確認することにしていますが、トラブルの影響でプールの水が濁っているため、水を浄化させる機械を準備し準備が整い次第、調査を始めることにしています。

放射性物質の濃度に変化はない
燃料の冷却も通常通りできている
トラブルの影響でプールの水が濁っている ・・ 目視では確認できていないようです


20130208_3p11

20130208_3p12

20130208_3p13

20130208_3p14

20130208_3p15

20130208_3p16

20130208_3p17

20130208_3p18



--------------------------------------------------------------------------------------
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
--------------------------------------------------------------------------------------

☆最近の売れ筋商品(いるかちゃん商会調べ)☆彡





Amazon 原発関連書籍(モバイル用) (∂-∂*)ヨロシク〜☆ミ