地下水の流れが変わると、原子炉から土壌に高濃度汚染水が漏出するリスクがありますよね。
・地下水バイパス
・凍土壁
2つともリスクがあるのですよ。それなのに監視体制のニュースがありません。すごく心配だ



福島第一原発の凍土壁一部着工 福島第一原発の凍土壁一部着工魚拓
東京電力福島第一原子力発電所で汚染水対策の柱として計画されている建屋の周りの地盤を凍らせる「凍土壁」の工事が国の了解が得られた山側から始まりました。
凍土壁は現場の地下の状況を大きく変えると予想され、十分な対策や監視を行うことが課題になります。

監視が必要です。
地下水バイパスでも監視が必要ですから、どちらの影響かの判断が難しくなりますね。

凍土壁は福島第一原発で汚染水が増える原因となっている山側からの地下水の流入を防ぐため、1号機から4号機の周りの地盤を総延長1点5キロ、深さ30メートルあまりにわたり凍らせます。
技術的な課題の検討が続けられているため、原子力規制委員会からまだ工事全体の認可は下りていませんが、建屋の山側の凍結管を埋める穴の掘削や凍土を作る設備を設置するための工事は了解が得られ、2日午後4時43分から1号機の山側で掘削作業が始まりました。

原子力規制委員会からまだ工事全体の認可は下りていません

そーですね。従来工法で更に外側に地下ダムを作るべきだと思います。同時進行でやるのが合理的。

「凍土壁」は来年3月ごろから凍結を開始し、1か月あまりで完成する見込みです。汚染水の増加を抑えることが期待される一方で、トレンチがある海側の工事や凍土壁ができて地下水の流れが変わることで建屋にたまっている汚染水の流出を引き起こさないようにすることが課題になります。
こうした対策や監視態勢などは原子力規制委員会の専門家会合で引き続き検討されることになっています。

地下水の流れが変わることで建屋にたまっている汚染水の流出を引き起こさないようにすることが課題

その通りです。地下水バイパスでもリスクがあります。また、耐久性にも疑問符がつきます。



東電、凍土壁の設置工事開始 福島第1、掘削に着手 2014/06/02 20:41
 東京電力は2日、福島第1原発の汚染水対策「凍土遮水壁」の設置工事を同日夕に始めたと発表した。1〜4号機建屋の周囲約1・5キロの土壌を凍らせ、汚染水増加の原因となっている建屋への地下水流入を防ぐ。この日は、1号機の北西側で凍結管設置のための掘削作業に着手した。

1〜4号機建屋の周囲約1・5キロ

 政府は汚染水対策の「切り札」としており、菅義偉官房長官は2日午後の記者会見で「予定通りに完成することを期待したい」と述べた。

 地下約30メートルまで掘削後、1550本程度の凍結管を順次埋め込み、それらの上部と冷却材を循環させる配管をつなぐ。来年3月末に設置工事を完了する予定。

地下約30メートルまで掘削後、1550本程度の凍結管を順次埋め込み



クリックして投票してくれてもいいんだよ!
--------------------------------------------------------------------------------------
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
--------------------------------------------------------------------------------------

☆最近の売れ筋商品(いるかちゃん商会調べ)☆彡