法にのっとり、自信を持って革命でも起こそうかなイマハシナイケド



規制委人事、人選基準策定せず 石原環境相 2014/06/06 12:43
 石原伸晃環境相は6日、原子力規制委員会の委員の人選で、民主党政権時代の2012年に定めた厳格な基準を適用せずに政府案を提示したことに関し、自民党政権としての人選基準も今後、策定しない方針を示した。衆院環境委員会で民主党の近藤昭一氏への答弁。

自民党政権としての人選基準も今後、策定しない方針

ルールも作れなくなったのか!ほんとに国家主義政党になっちゃったのね

 また政府は6日、東京大大学院の田中知教授ら2人を委員候補とする国会同意人事案を閣議決定した。

おい、国会。絶対に潰せよ

 原子力の推進機関と規制機関の立場を明確にするため民主政権が定めた人選基準について石原氏は「民主党の政策であって考慮していない。法にのっとり、自信を持って(今回の候補者を)推挙している」と述べた。

人選基準がなければ、原子力規制委員会の公平性がなくなるんだからな!
自民党の公約では、厳しくない規準の原子力規制委員会の判断では再稼働できないんだぞ。



原子力規制委に田中氏、自公同意へ 人選規定抵触の恐れ 2014年6月5日20時04分 
 自民、公明両党は、原子力規制委員会の新委員に元日本原子力学会長の田中知東大教授をあてる安倍内閣の国会同意人事案に同意することを決めた。田中氏については民主党政権が決めた人選ルールに触れると指摘されており、すべての野党が反対する方向だ。

民主党政権が決めた人選ルールに触れると指摘されており、すべての野党が反対する方向

おい、野党。何をやってもいいから絶対に潰せよ

 同意人事案は11日に衆院で、12日に参院でそれぞれ採決される見通しだ。

11日は党首討論あるよね。徹底的に攻めろよ

 規制委委員をめぐっては、民主党政権が2012年に作ったガイドラインの「欠格要件」で、「委員就任前直近3年間に、原子力事業者等及びその団体の役員、従業者等であった者」は委員になる資格はないとされている。だが、田中氏は「団体」に当たる日本原子力産業協会役員を10〜12年に務めていたほか、11年度にはメーカーや東電関連の財団から少なくとも160万円以上の研究費や報酬を受けていた。

民主党政権が2012年に作ったガイドラインの「欠格要件」:「委員就任前直近3年間に、原子力事業者等及びその団体の役員、従業者等であった者」は委員になる資格はない

田中氏は
「団体」に当たる日本原子力産業協会役員を10〜12年に務めていた
11年度にはメーカーや東電関連の財団から少なくとも160万円以上の研究費や報酬を受けていた



クリックして投票してくれてもいいんだよ!
--------------------------------------------------------------------------------------
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
--------------------------------------------------------------------------------------

☆最近の売れ筋商品(いるかちゃん商会調べ)☆彡