関連ブログ記事:
2014年06月19日19:20 悪意の極み : 昨年夏に三百トン超の高濃度処理水が漏れたタンク群近くの井戸水(3本)を地下水バイパス(全12本)に混ぜて海洋放出!



地下水位の変動なく 海洋放出1カ月、効果見通せず 2014年6月22日
 東京電力福島第1原発事故の汚染水対策「地下水バイパス計画」は21日、1〜4号機建屋に流れ込む前にくみ上げた地下水の海洋放出が始まってから1カ月が経過した。これまでの6回にわたる放出量は計約6800トンに上る。ただ、1〜4号機建屋に1日約400トン流入する地下水量を100トン程度減らせるとの触れ込みで始まったものの、現時点で建屋周辺の地下水の水位にほとんど変動はなく、効果は見通せない状況だ。

1〜4号機建屋に1日約400トン流入する地下水量を100トン程度減らせるとの触れ込み

建屋周辺の地下水の水位にほとんど変動はなく、効果は見通せない状況

 地下水バイパスは、1〜4号機建屋の周囲の地中を凍らせる「凍土遮水壁」、汚染水から62種類の放射性物質を除去できる「多核種除去設備(ALPS)」とともに国、東電が汚染水問題の抜本策に位置付けている。しかし、建屋に向けて流れる地下水の速度は非常に遅い上、専用井戸は建屋から100〜400メートルも山側に離れているため即効性に課題が残る。東電は「効果は1カ月では分からず、数カ月程度はかかる」と説明している。

東電
「効果は1カ月では分からず、数カ月程度はかかる」

地下水バイパス・・・効果があるか数カ月後のお楽しみ
1〜4号機建屋の周囲の地中を凍らせる「凍土遮水壁」・・・実験では一部凍らないことが判明
汚染水から62種類の放射性物質を除去できる「多核種除去設備(ALPS)」・・・安定しない実験段階の装置

 地下水バイパスの効果を早急に上げるためには、建屋により近い場所に井戸を設置すべきとの指摘もあるが、東電は「建屋周辺の地中には配管などが相当数埋設されており、現行の場所が井戸を掘れるぎりぎりの位置」としている。




クリックして投票してくれてもいいんだよ!
--------------------------------------------------------------------------------------
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
--------------------------------------------------------------------------------------

☆最近の売れ筋商品(いるかちゃん商会調べ)☆彡