説明会をやり直すのが妥当だと思います。
しかし、あの石原伸晃の環境省ですから無理に押し切る積もりでしょうね。

自民党の劣化は甚だしい。国家主義者以外は何をしてる!



中間貯蔵 改めて説明会開催を 06月30日 20時08分魚拓
県内の除染で出た土などを保管する、中間貯蔵施設の計画案で、地元に対する国の説明会の内容について、大熊町が、30日、町議会に説明しました。
町議会は、国の説明は不十分だったとして、改めて住民説明会の開催を国に申し入れるよう、町に求めることになりました。

国の説明は不十分だった

そうですね。

中間貯蔵施設の計画案をめぐる国の住民説明会は、先月末から今月にかけて、大熊町と双葉町の住民を対象に、県内外の16回か所で開かれました。
これをうけて、大熊町は、30日に開かれた町議会の全員協議会で、説明会の内容や住民の意見や要望について報告しました。
全員協議会は、冒頭を除いて非公開で行われました。
町などによりますと、町側が、候補地の土地や建物の買い取りに伴う補償額や、候補地周辺の住民への支援などについて、国側と住民の質疑の内容を説明したところ、議員たちからは、「国は住民の質問や要望に対して、“検討する”ばかりできちんと答えておらず、説明は不十分だ」といった意見が多く出されたということです。

「国は住民の質問や要望に対して、“検討する”ばかりできちんと答えておらず、説明は不十分だ」

その上で、議会側は、町民が納得していないため、現時点では受け入れの判断をせず、納得のいく回答を得た上で、改めてすべての住民を対象に説明会を開くよう国に申し入れるよう、町に求めることになりました。
千葉幸生議長は「国には、迷惑施設を受け入れる住民の気持ちを考えて対応してもらいたい」と話していました。
また、千葉議長は、早ければ来月にも、双葉町議会と合同で全員協議会を開き、国への対応などについて協議することを明らかにしました。

「国には、迷惑施設を受け入れる住民の気持ちを考えて対応してもらいたい」



関連ブログ記事:
2014年06月16日17:16 のらりくらり 「国の説明不十分」 中間貯蔵施設説明会、計16回の全日程を終了
2014年06月16日21:35 中間貯蔵施設 : 石原環境相「最後は金目でしょ」
2014年06月17日12:03 石原環境相は住民説明会に一度も出席していない : 誤解してないですよ。カネ以外の問題が山積してるじゃないですか。何のために説明会をやったの?
2014年06月23日22:19 金目の石原伸晃環境大臣は首長(福島県知事・大熊町長・双葉町長)に寄り添って絆を深めたらしい : 相変わらず住民無視の姿勢



クリックして投票してください!
--------------------------------------------------------------------------------------
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
--------------------------------------------------------------------------------------

☆最近の売れ筋商品(いるかちゃん商会調べ)☆彡