しっぱいしましたぁぁ



20140820_20140820003jc

氷の壁十分凍結せず止水材投入へ・福島第1 2014年08月20日水曜日
 福島第1原発事故の汚染水問題で、東京電力は19日、2号機建屋海側のトレンチ(作業用トンネル)から高濃度汚染水を抜き取るための氷の壁(止水壁)が十分に凍結しないため、追加対策として9月中旬にも止水材を投入する方針を明らかにした。同日あった原子力規制委員会の有識者検討会で報告した。

2号機建屋海側のトレンチから高濃度汚染水を抜き取るための氷の壁(止水壁)が十分に凍結しない
追加対策として9月中旬にも止水材を投入

失敗は認めない体質

 東電は止水壁方式自体は維持する考えを示したが、規制委側から同方式への疑問や、止水壁と止水材の併用による悪影響を懸念する意見が続出。規制委は止水材の投入前に是非を再度協議する。

規制委側
同方式への疑問
止水壁と止水材の併用による悪影響を懸念する意見が続出

 東電は4月下旬、凍結管を入れて周囲の水を凍らせる方式で止水壁を造り始めたが難航。7月下旬から氷やドライアイスを投入し、接続部の92%を凍らせた。しかし、ケーブルが通る部分などは水流の影響で十分に凍らない状態が変わらず、流動性のある充填(じゅうてん)剤を止水材として入れる方針を決めた。

東電
4月下旬、凍結管を入れて周囲の水を凍らせる方式で止水壁を造り始めたが難航
7月下旬から氷やドライアイスを投入

 規制委側は充填による発熱で氷が溶ける可能性があるなどと指摘。「汚染水を(トレンチから抜かずに)そのまま固化する方法を求めざるを得ないかもしれない」と対策の抜本的な転換に言及する意見も出た。東電は「当面は凍結に力を注ぎたい」と理解を求めた。

規制委側
充填による発熱で氷が溶ける可能性がある
「汚染水を(トレンチから抜かずに)そのまま固化する方法を求めざるを得ないかもしれない」と対策の抜本的な転換に言及する意見

 2、3号機建屋海側のトレンチには計約1万1000トンの高濃度汚染水が滞留。規制委は津波襲来時などに海洋流出する恐れがあるとし、第1原発で最大のリスクの一つに位置づけている。

3年経っても何もできてないですね

[福島第1原発の汚染水問題] 東京電力福島第1原発1〜3号機の原子炉で溶融した核燃料を冷やすために注入した水が、放射性物質を含んで建屋地下にたまり続けている。さらに毎日約400トンの地下水が建屋に流れ込み新たな汚染水となる。東電はたまった汚染水からセシウムなどを除去して一部を冷却に再利用し、残りを地上タンクに保管している。汚染水対策として、建屋に流入する前の地下水をくみ上げて海洋放出する「地下水バイパス」を実施しているほか、流入を防ぐ「凍土遮水壁」の設置工事を6月に始めた。汚染水浄化のための「多核種除去設備(ALPS)」は本格稼働が遅れている。




20140819_K10039230011_1408191944_1408192007_01

氷の壁対策 充填材の効果に疑問の声 8月19日 19時37分魚拓
福島第一原子力発電所で地下のトンネルに流れ込んだ汚染水を凍らせて止水する工事が難航している問題で、東京電力は現状では完全に止水することは難しいとして、氷の隙間に充填(じゅうてん)材を流し込む新たな対策を行う考えを原子力規制委員会に示しました。しかし専門家からは効果を疑問視する声が相次ぎ、今後、充填材の試験結果を見たうえで実施するか判断することになりました。

東京電力
現状では完全に止水することは難しいとして、氷の隙間に充填(じゅうてん)材を流し込む新たな対策を行う考え
専門家
効果を疑問視する声が相次ぎ、今後、充填材の試験結果を見たうえで実施するか判断

福島第一原発では「トレンチ」と呼ばれる地下のトンネルに高濃度の汚染水が流れ込み、ここから地下水と混ざって海に流れ出しているとみられることから、東京電力はことし4月からトレンチと建屋が接する部分に「凍結管」と呼ばれる装置を入れて汚染水を凍らせ、氷の壁を作って止水したうえで汚染水を抜き取る計画でした。
ところが3か月たっても十分に凍らず、先月30日以降、大量の氷やドライアイスを入れる対策を取りましたが、汚染水が流れ続けていることやトレンチ内の障害物が妨げとなり、いまだに止水できていません。
このため東京電力は、氷の壁だけで完全に止水することは難しいと判断し、氷の隙間をセメントなどの充填材で塞ぎ、汚染水の流れを抑えて氷の壁を完成させるとする新たな対策を19日開かれた原子力規制委員会の専門家の会合で示しました。

4月からやってて成功してないんだよね。いま8月だから既に5ヶ月無駄にしてる。

しかし、充填材が固まる際に熱を出して氷を溶かすおそれがあることなどから、専門家からは「本当に氷の壁を作れるのか」とか、「ほかの止水方法も検討するべき」といった効果を疑問視する声が相次ぎました。
これに対して東京電力は、「汚染水を凍らせないまま充填材で固める方法もあるが、充填材自体が放射性物質で汚染され取り除けなくなってしまうため、凍結による止水を続けたい」と説明しました。この結果、原子力規制委員会は今後、充填材の効果などを確かめる試験の結果を見たうえで、充填材の投入を認めるか判断することになりました。

充填材が固まる際に熱を出して氷を溶かすおそれがあることなどから
専門家からは
「本当に氷の壁を作れるのか」
「ほかの止水方法も検討するべき」
といった効果を疑問視する声

東京電力
「汚染水を凍らせないまま充填材で固める方法もあるが、充填材自体が放射性物質で汚染され取り除けなくなってしまうため、凍結による止水を続けたい」

福島第一原発では、建屋の周囲の地盤を凍らせて地下水の流入を防ぐ「凍土壁」の建設も進められていますが、トレンチの汚染水を抜き取ることが前提となっているため、トレンチの対策の遅れが凍土壁の建設に影響することも懸念されています。




中途半端な技術を信じちゃうのが原子力というものなんですね。夢があるねwww




☆最近の売れ筋商品/オススメ商品☆
---