関連ブログ記事:
2014年08月26日13:58 中間貯蔵施設 : 住民不在の政府と自治体の政治遊び。金目だな〜
2014年08月27日19:55 中間貯蔵施設 : NHKニュース7でデマ!受け入れるかもしれないのは佐藤雄平福島県知事だけだ。大熊町も双葉町も受け入れる段階ではなく、「地権者への説明会」を要求。
2014年08月29日19:07 佐藤雄平福島県知事と石原伸晃環境相が暴走!地権者との交渉もなく、福島県と国で上意下達で中間貯蔵施設の建設に合意か?金目発言は住民抜きという意味だったんだね
2014年08月30日20:25 福島県が中間貯蔵施設の建設受け入れ方針 : 交渉の決着へ加速度的になだれ込む展開に、「国や県が先に決めるな」「結論ありきなのか」などと反発や戸惑いの声





首相「福島復興に力」 知事が中間貯蔵施設受け入れ  2014/9/1 14:45
 東京電力福島第1原子力発電所事故に伴う除染で出た汚染土壌などを保管する中間貯蔵施設を巡り、福島県の佐藤雄平知事は1日午後、首相官邸で安倍晋三首相と会い、施設の建設を受け入れる意向を伝えた。首相は「地域と一丸となって福島の復興に力を尽くしたい」と述べ、同県内の除染と復興を急ぐ考えを示した。

福島県の佐藤雄平知事
安倍晋三首相

 佐藤知事は首相に「復興を実現するために苦渋の決断をした」と伝達し、首相は「中間貯蔵施設は復興のために大変重要だ。決断に感謝を申し上げる」と応じた。佐藤知事は「首相の強いリーダーシップのもと政府全体で一日も早い復興に取り組んでほしい」と求めた。

 面会には建設予定地となっている大熊町の渡辺利綱町長、双葉町の伊沢史朗町長も同席。首相との面会に先立ち、同日午前には佐藤知事、両町長が福島市内で石原伸晃環境相、根本匠復興相と会談した。

大熊町の渡辺利綱町長
双葉町の伊沢史朗町長

石原伸晃環境相
根本匠復興相


住民不在でバタバタと決める政治ごっこした連中のリストですよ



中間貯蔵建設「判断に感謝」=福島知事の容認受け−安倍首相 2014/09/01-15:33
 東京電力福島第1原発事故の除染で出た汚染土の中間貯蔵施設をめぐり、福島県の佐藤雄平知事は1日、首相官邸で安倍晋三首相と面会し、同県大熊、双葉両町への建設を容認する考えを伝えた。首相は「苦渋の決断だったと認識している。判断に感謝したい」と述べた上で、「地域と一丸となって復興に全力を尽くす」と強調した。

首相
「苦渋の決断だったと認識している。判断に感謝したい」
「地域と一丸となって復興に全力を尽くす」

 佐藤知事は会談で「避難地域は復興へ新たな段階を迎えているが、依然約13万人の県民が避難生活を余儀なくされており、厳しい状況だ」と指摘。復興に向けた将来像の提示や、復興財源の確保を求めた。面会には大熊町の渡辺利綱、双葉町の伊沢史朗両町長も同席した。
 中間貯蔵施設は、福島第1原発周辺の約16平方キロの土地に建設される予定。政府は来年1月の汚染土搬入開始を目標としているが、今後の地権者との用地交渉は難航も予想される。

政府は来年1月の汚染土搬入開始を目標としている

今後の地権者との用地交渉は難航も予想される
予想されるとか、マスコミは知ってても書かない代表的な表現。住民や地権者が置き去りにされて決まった。




☆最近の売れ筋商品/オススメ商品☆
---