甲状腺がんについては、当初から対策もされていました。チェルノブイリ並みの甲状腺がんの発症は可能性が低いというのが合理的な予測だと思います。
一方で、セシウムやストロンチウムが心配。汚染地帯に人が居住してますからね。



そして、
2014年11月12日17:19 甲状腺検査“過剰診断”を議論 : 過剰診断ではなく、過剰手術の可能性があるでしょ!
で指摘していますが、過剰手術だった可能性があります。
遺伝子解析により、過剰手術だった可能性は高まりました。





甲状腺がん遺伝子変異、チェルノブイリと別型 福医大など見解 2014/11/15 08:33
 東京電力福島第一原発事故を受け、18歳以下の約37万人を対象に県と福島医大が実施している県民健康調査「甲状腺検査」で、これまでに見つかった甲状腺がんの細胞の遺伝子変異を解析した結果、チェルノブイリ原発事故の被ばくで甲状腺がんになった子どもの遺伝子変異とは別型だった。研究結果を福島医大と長崎大のグループが初めてまとめた。研究グループは今回の結果を踏まえ、「福島第一原発事故の影響は考えにくい」との見解を示している。

遺伝子変異とは別型
「福島第一原発事故の影響は考えにくい」

これは、科学的に思います。いままでの説明は勘だったけどww

 福島医大甲状腺内分泌学講座の鈴木真一教授が14日、大阪市で開かれた日本甲状腺学会学術集会で発表した。これまでの甲状腺検査でがんと確定したか、疑いがあるとされた人は計103人いる。発症割合などの科学的知見から県や福島医大は「現時点で放射線の影響は考えにくい」としてきたが、遺伝子レベルの分析で見解が裏付けられた格好だ。

発症割合などの科学的知見から県や福島医大
「現時点で放射線の影響は考えにくい」としてきた ←勘
遺伝子レベルの分析で見解が裏付けられた格好 ←科学的

勘と科学的なのは違うからな。医師共が天狗になったら怒り狂うから憶えておけ

 学術発表によると、県民健康調査関係で遺伝子解析したのは、103の症例のうち、がんとされた23人分。ほとんどが国内の成人の甲状腺がんによく見られる遺伝子変異で、チェルノブイリ原発事故後に甲状腺がんになった子どもからはほとんど見つかっていない。さらに、チェルノブイリで多く見られた遺伝子変異は23人中、1人も見つからなかったという。

103の症例のうち、がんとされた23人分。ほとんどが国内の成人の甲状腺がんによく見られる遺伝子変異
チェルノブイリで多く見られた遺伝子変異は23人中、1人も見つからなかった

 当時18歳以下だった全ての県民を対象にした網羅的な検査で発見された甲状腺がんについて、福島医大は「成人になってから発症する可能性があったものを早期に発見した可能性を示唆している」と分析している。






20141115_264164senngan
甲状腺 チェルノブイリと別型 11月14日 19時52分魚拓
原発事故を受けて、福島県が行っている子どもの甲状腺検査で、これまでに見つかったがん細胞の一部を、福島県立医科大学などの研究グループが遺伝子レベルで解析したところ、チェルノブイリ原発事故のあと、甲状腺がんになった子どもで多く見られた遺伝子の変異とは、異なるタイプだったと発表しました。

福島県立医科大学などの研究グループが遺伝子レベルで解析

研究グループは、今回の結果からも「福島第一原発の事故の影響は考えにくい」としています。

今回の結果からも

は?”も”とは何だ!いままでの説明は科学的ではない。今回の解析は認めるけど天狗になるなよw

この検査は、チェルノブイリ原発事故のあと、子どもに甲状腺がんが増加したことから、福島県が原発事故当時、18歳以下だった県内のすべての子どもを対象に進めていて、これまでに103人に、がんや、がんが疑われる症例がみつかっています。
福島県立医科大学と長崎大学の研究グループは、これらのがんと原発事故との関係を調べるため、がん細胞を遺伝子レベルで解析する作業を進めていて、14日に大阪市で開かれた学会の会合で解析結果が初めて発表されました。

がん細胞を遺伝子レベルで解析

それによりますと、今回、遺伝子解析を行ったのは、103の症例のうちがんがみつかった23人分で、このうちの3人に2人で、通常、大人で甲状腺がんに発症した際によくみられる遺伝子の変異がみつかったということです。
研究グループによりますと、このタイプの遺伝子の変異は、チェルノブイリ原発事故の被ばくで甲状腺がんになったとみられる子どもからはほとんど見つかっておらず、逆にチェルノブイリ事故のあと多くみられた「RET/PTC3」と呼ばれる遺伝子の変異は、今回の23人からは1人も見つからなかったということです。

遺伝子解析を行ったのは、103の症例のうちがんがみつかった23人分で、このうちの3人に2人で、通常、大人で甲状腺がんに発症した際によくみられる遺伝子の変異
このタイプの遺伝子の変異は、チェルノブイリ原発事故の被ばくで甲状腺がんになったとみられる子どもからはほとんど見つかっておらず

チェルノブイリ事故のあと多くみられた「RET/PTC3」と呼ばれる遺伝子の変異は、今回の23人からは1人も見つからなかった

「RET/PTC3」って、山下俊一の論文で見たぞ。暗記はしてないけどこれだ。
ぼくたちも遺伝子解析しろと前から言っている。解析の要する時間などはわかりませんが遅くない?

研究グループでは、今回の網羅的な検査によって、通常、大人になってから見つかるがんを、前もって見つけているのではないかと分析しています。
研究グループの、県立医科大学の鈴木眞一教授は、「今の時点で結論づけるものではないが、今回の結果からも、福島第一原発事故の影響は考えにくい」と話し、さらに遺伝子解析を進めていくとしています。

県立医科大学の鈴木眞一教授
「今の時点で結論づけるものではないが、今回の結果からも、福島第一原発事故の影響は考えにくい」

結論づけるものではないという慎重な姿勢は評価します。でもさ、”も”とは何だ!今までのは勘と願望だろう