安倍首相や菅官房長官は会う勇気もなくて、部下の官房副長官に会わせてお茶を濁すとは!許せん!
自らの意見や行動が正しいと思うなら、会って話せ!





20150115_K10046789211_1501141931_1501141938_01

翁長知事「辺野古容認できず」 1月14日 18時38分魚拓
沖縄県の翁長知事は、就任後初めて総理大臣官邸を訪れて杉田官房副長官と会談し、新年度・平成27年度予算案の沖縄振興予算などに謝意を示す一方、アメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設計画は容認できないという考えを伝えました。

沖縄県の翁長知事は、就任後初めて総理大臣官邸を訪れて杉田官房副長官と会談
新年度・平成27年度予算案の沖縄振興予算などに謝意
アメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設計画は容認できない

安倍首相や菅官房長官は会う勇気もなくて、部下の官房副長官に会わせてお茶を濁すとは!許せん!

この中で沖縄県の翁長知事は、14日閣議決定された新年度・平成27年度予算案の沖縄振興予算について、「所要額を確保したことと、税制改正で県の要望が認められたことにお礼申し上げる」と述べました。
一方で翁長知事は、アメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設計画について、「日本国土の0.6%の面積しかない沖縄県に、戦後69年間、米軍専用施設が74%あるのは、やはり理不尽だ。『辺野古基地は、作らないでいただきたい』と公約して選挙に当選した私の立場もご理解いただきたい」と述べ、容認できないという考えを伝えました。
これに対し、杉田官房副長官は「基地問題に関して、負担軽減という意味で、認識は政府も全く一緒なので、これからも意見交換していきたい」と応じました。

沖縄県の翁長知事
新年度・平成27年度予算案の沖縄振興予算について、
「所要額を確保したことと、税制改正で県の要望が認められたことにお礼申し上げる」
アメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設計画について、
「日本国土の0.6%の面積しかない沖縄県に、戦後69年間、米軍専用施設が74%あるのは、やはり理不尽だ。『辺野古基地は、作らないでいただきたい』と公約して選挙に当選した私の立場もご理解いただきたい」

辺野古基地は、作らせない!というのが民意だ

総選挙でも、自民党の選挙区では自民党全敗だ

会談のあと翁長知事は記者団に対し、「杉田官房副長官と会えたのは第一歩だ。沖縄側の気持ちはしっかりと伝えたので、これからも連絡を取り合い、いろいろ意見交換ができればいい」と述べました。
これに関連して沖縄基地負担軽減を担当する菅官房長官は、午前の記者会見で、記者団が「近々、翁長知事と会う予定はあるか」と質問したのに対し「私は、ありません」と述べました。

会談のあと翁長知事は記者団に対し、
「杉田官房副長官と会えたのは第一歩だ。沖縄側の気持ちはしっかりと伝えたので、これからも連絡を取り合い、いろいろ意見交換ができればいい」

沖縄基地負担軽減を担当する菅官房長官は、午前の記者会見で、
記者団が
「近々、翁長知事と会う予定はあるか」

「私は、ありません」

人格が出ちゃうよね





沖縄・辺野古の海底調査再開へ 桟橋設置開始、県民の反発必至 2015年1月15日 14時00分
 沖縄防衛局は15日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先、名護市辺野古沿岸部で中断していた海底ボーリング調査の再開に向け、仮設桟橋の再設置作業を始めた。昨年11月の知事選や翌12月の衆院選での県内4小選挙区全てで辺野古反対派の候補が勝利したにもかかわらず移設を強行する政府の姿勢に、県民が「民意無視」と反発を強めるのは必至だ。

沖縄防衛局
名護市辺野古沿岸部で中断していた海底ボーリング調査の再開に向け、仮設桟橋の再設置作業を始めた

県民が「民意無視」と反発を強めるのは必至だ

いや、すでに俺が怒ってる

 仮設桟橋は、海上保安庁がゴムボートを係留し、海上警備の拠点にするとみられる。15日は朝から防衛局が動員した船約25隻が近くの漁港を出港し、反対派の抗議船への警戒を続けた。




ぼくのツイートの「君たち」とは、
沖縄防衛局 - 防衛省
海上保安庁
などの志のある人たちに対してです。

沖縄県知事に会う勇気もない安倍政権の指示でしょうが従うのが法律なので我慢して下さい。
でも、民意は、「辺野古基地は、作らせない!」ということを忘れないで下さいね。



関連ブログ記事:
2015年01月09日17:29 沖縄 : 自民党の国家主義的本性が顕になってきたね。選挙で選ばれた知事を冷遇。小選挙区では議席なし。この状態が続くなら、テロ攻撃をするひとの気持ちもわかる