沖縄はみずから基地を提供したということは一度もない。





沖縄知事:首相に辺野古反対を改めて説明…初会談 2015年04月17日 13時55分(最終更新 04月17日 15時05分)
 安倍晋三首相は17日午後、沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事と首相官邸で会談した。昨年11月の知事選後、両氏の会談は初めて。翁長氏は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に反対する考えを改めて説明。首相は日米合意に基づき移設を進める政府方針に理解を求めた。

翁長氏は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に反対する考えを改めて説明

 会談冒頭、翁長氏は「16年前に当時の知事と名護市長が受け入れに同意したと言うが、条件が違う」と述べ、首相は「辺野古移設が唯一の解決策。丁寧に説明し、理解を得たい」と語った。

翁長氏は「16年前に当時の知事と名護市長が受け入れに同意したと言うが、条件が違う」

 会談には政府側から菅義偉官房長官、県側から安慶田(あげだ)光男副知事が同席した。翁長氏は5日に菅氏と那覇市内で会談した際、首相との会談を要請していた。首相は26日から訪米し、オバマ米大統領と会談する予定で、政府としては、知事と自ら会談することで移設に本格的に取り組む姿勢を米側に示す狙いがある。

アメリカに行く前に交渉しているふり

 菅氏は17日午前の記者会見で「双方がそれぞれの考え方を説明し、率直な意見交換を行うことになるだろう」と述べた。また「移設問題だけでなく、国と沖縄にはさまざまな重要課題があるので、忌憚(きたん)のない意見交換をする」とも述べ、沖縄に集中する基地負担の軽減や振興策なども話し合われるとの見通しを示し、対話を継続する姿勢を強調した。【木下訓明】






安倍首相と翁長知事が初会談 互いに主張述べ合う 4月17日 14時04分魚拓
安倍総理大臣は沖縄県の翁長知事と初めて会談し、「名護市辺野古への移転が唯一の解決策だ」と述べ、アメリカ軍普天間基地の危険除去に向けて移設計画への理解を求めました。これに対し、翁長知事は「私は絶対に新基地を造らせない」として、計画の撤回を求めました。

翁長知事
「私は絶対に新基地を造らせない」

断固阻止!

沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設計画を巡って政府と沖縄県の対立が続くなか、安倍総理大臣は17日午後、総理大臣官邸で沖縄県の翁長知事と初めて会談しました。

初めてというのがけしからん


この中で、安倍総理大臣は「普天間基地の一日も早い危険性の除去は、われわれも沖縄も思いは同じであろうと考えている。一歩でも二歩でも進めていかなければならないというなかでは、辺野古への移転が唯一の解決策だ。これからも丁寧な説明をさせていただきながら、理解を得るべく努力を進めていきたい」と述べ、普天間基地の危険除去に向けて計画への理解を求めました。そして、安倍総理大臣は「嘉手納基地以南の返還もスタートしており、こうしたアメリカ軍施設の沖縄への返還を順調に進めながら、沖縄の発展に生かしていきたい。沖縄の未来をつくっていくうえでも、国としても一緒に歩みを進めていきたい」と述べ、引き続き、沖縄の基地負担の軽減や振興策の実現に取り組んでいく考えを示しました。

安倍総理大臣の屁理屈は理解できません。論理的に説明してよ。わかんなーい

これに対し、翁長知事は「政府は、普天間基地の県外移設という公約をかなぐり捨てた仲井真前知事が、埋め立てを承認したことを錦の御旗として辺野古移設を進めているが、去年の名護市長選挙、沖縄県知事選挙、衆議院選挙で、辺野古への新基地反対に圧倒的な民意が示された」と述べました。そのうえで、翁長知事は「沖縄はみずから基地を提供したということは一度もない。みずから土地を奪っておきながら、政府は、『老朽化したから。世界一危険だから。沖縄が負担しろ。いやなら代替案を出せ』と言う。こんな理不尽なことはない」と述べました。

翁長知事
「政府は、普天間基地の県外移設という公約をかなぐり捨てた仲井真前知事が、埋め立てを承認したことを錦の御旗として辺野古移設を進めているが、去年の名護市長選挙、沖縄県知事選挙、衆議院選挙で、辺野古への新基地反対に圧倒的な民意が示された」

公約破りの仲井真前知事の埋め立て承認は民意ではない
去年の名護市長選挙、沖縄県知事選挙、衆議院選挙で、辺野古への新基地反対に圧倒的な民意が示された

翁長知事
「沖縄はみずから基地を提供したということは一度もない。みずから土地を奪っておきながら、政府は、『老朽化したから。世界一危険だから。沖縄が負担しろ。いやなら代替案を出せ』と言う。こんな理不尽なことはない」

強盗が、舞い戻ってきて再度強盗しているようなもの。アメリカも日本政府も民主的ではないならず者

また、翁長知事によりますと、翁長知事は会談の中で、「私は絶対に新基地を造らせない。沖縄県民は移設計画に明確に反対しているということを、アメリカのオバマ大統領に伝えていただきたい」と述べ、計画を撤回するよう求めました。

翁長知事は会談の中で、
「私は絶対に新基地を造らせない。沖縄県民は移設計画に明確に反対しているということを、アメリカのオバマ大統領に伝えていただきたい」

安倍首相がメッセンジャーボーイにもなれなかったら、翁長知事が直接オバマに会うべきです。

17日も作業続き抗議活動も

名護市辺野古沿岸部では、先月、埋め立て工事の前提となる海底のボーリング調査が再開され、17日も朝から3つの足場を使って海底の掘削作業が続けられています。
これに対し計画に反対する市民グループなどは、カヌーやボートおよそ10隻を沖に出して抗議活動を行いましたが、海上保安庁のゴムボートおよそ20隻が取り囲み、立ち入り禁止の区域に近づかないよう警告していました。
また、埋め立て予定地に隣接するアメリカ軍基地キャンプシュワブのゲート前では、およそ80人が集まり、抗議の座り込みを続けています。集まった人たちは、基地に向かって「県民の声を政府に」などとシュプレヒコールを上げていました。
那覇市の60代の男性は「この小さな島にこれ以上の新たな基地負担はいらない。政府は、知事から伝えられた沖縄県民の思いをしっかりと受け止めてほしい」と話していました。
また、60代の女性は「移設問題の解決策は、政府が沖縄の民意を尊重して、計画を見直す以外ないと思っています」と話していました。




関連ブログ記事:
2015年01月09日17:29 沖縄 : 自民党の国家主義的本性が顕になってきたね。選挙で選ばれた知事を冷遇。小選挙区では議席なし。この状態が続くなら、テロ攻撃をするひとの気持ちもわかる
2015年01月15日17:13 安倍政権の上層部は沖縄県知事に会う勇気もないのか?腰抜けめ : 翁長知事「辺野古容認できず」 杉田官房副長官と会談 : 翌日に、辺野古の海底調査再開
2015年02月07日18:29 安部首相と菅官房長官は、沖縄県の翁長雄志新知事から逃げるな!辺野古周辺では死人が出そうな過剰警備。海上保安本部は説明拒否



[PR : 大塚製薬 カロリーメイト ブロック チョコレート 4本×10個 非常食にしよう!]