必ず、大事故を起こすと思うぞ



電源ケーブル焼く 窒素装置など一時停止 第一原発 | 県内ニュース | 福島民報 2015/07/29 08:48
20150729-1phpThumb_generated_thumbnail

 28日午前8時40分ごろ、東京電力福島第一原発構内に設置された電源ケーブルから火を出し、ケーブルの一部を焼いた。この影響で原子炉内に窒素を送り込む装置と陸側遮水壁の冷凍機が一時停止した。別の装置で運転するなどし、大きな影響はなかったという。

必ず、大事故を起こすと思うぞ
小さな事故は予兆です


 東電によると、同日午前8時半ごろ、汚染水から大半の放射性物質を取り除く多核種除去設備(ALPS)の付近に敷設されている電源ケーブルから白煙が上がっているのを作業員が見つけた。約10分後に自然に消えた。作業員が地面に草対策のシートを敷く作業中に誤って固定用のピンをケーブルに刺し、漏電したことが原因とみられる。

安易な事故ですね
人事不足?


 ケーブルの損傷で、原子炉内に水素がたまるのを防ぐ窒素ガス分離装置1台と陸側遮水壁の冷凍機3台が停止した。窒素ガス分離装置は別の装置が正常に稼働していたため、影響はなかった。冷凍機は午後2時5分ごろに運転を再開した。
 東電は再発防止策を検討する。




[PR : 日本版SOEKS 01M 一家に一台放射能測定器は必需品ですね。]