前記事 2019年02月01日23:31 年金運用、14・8兆円の赤字 利回りはマイナス9・06%
でも書いているのですが、寝ながら考えてたら物凄く危機的な事態になっているような気がしてきました。

マスコミの記事からではなく、本家GPIFの資料から

最新の運用状況|年金積立金管理運用独立行政法人
2018年度第3四半期運用状況(速報)[PDF:628KB]
1ページ目
20190202-a

2018年度第3四半期
−14兆8,039億円(期間収益額)
うち、利子・配当収入は8,462億円
つまり、利子配当を除く年金運用は、15兆6,501億円の赤字

市場運用開始以降
(2001年度〜2018年度第3四半期)
+56兆6,745億円(累積収益額)
うち、利子・配当収入は33兆3,195億円
つまり、利子配当を除く年金運用は、23兆3,550億円の黒字

利子配当を除く年金運用で見ると、約18年間の利益と比較して前四半期の損失が物凄く大きいことがわかります。

寒気がするくらい危機的な事態だと感じるのは私だけでしょうか