いるかちゃんの子どもを守れ。反自公政権

「子どもを守れ」とは、まともな文明国になれという意味です。子どもに20ミリシーベルトが許せなかったのが原点です。脱原発からの政治問題からのプライベートな事も書きます。被曝から子どもを守れ!脱原発!マスコミ、官僚、政治家は、電力原発利権のために国民を欺いています!電力自由化と発送電分離で、コストが高く危険な原発を廃炉にしよう!マスコミの偏った情報を鵜呑みにしないで公平な情報を収集しよう!アメリカのポチのアベ自公政権に鉄槌を下そう!民主主義と立憲主義を取り戻そう!選挙に行こう!

日本政府やWHO・IAEA・ICRPは、チェルノブイリでのセシウム健康被害は”ゼロ” だと言っています。
わたし達やECRRは、チェルノブイリでの健康被害の”教訓” を生かすべきだと言っています。
あなたは、どちらを信じますか??

民主主義

「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」を設立 学生団体「SEALDs(シールズ)」など五つの市民団体 : 来年夏の参院選で野党系候補を支援

正式名称の「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」が重要だと思います。








忘れない 9.19 : シールズ、安保法廃止求め集会 東京・渋谷、成立1カ月を前に

9月19日は、日本の立憲主義と民主主義にとって屈辱の日だ。必ず、取り戻すぞ!



東京新聞:シールズ、安保法廃止求め集会 東京・渋谷、成立1カ月を前に:社会(TOKYO Web) 2015年10月18日 18時59分
20151019-2015101801001559

 若者グループ「SEALDs(シールズ)」が18日、安全保障関連法が成立してから19日で1カ月になるのを前に、東京・渋谷のハチ公前で集会を開いた。参加者は「安保法と安倍首相のやり方を許すわけにはいかない」と法の廃止を訴えた。

 ハチ公前には若者を中心に幅広い世代が集まり、身動きをするのも難しいほどに。京都市から駆け付けてスピーチした同志社大2年の斉藤凜さん(19)は、戦後の平和は多くの先人の意思で成り立ってきたと指摘。「70年間少しずつ前進してきた道は、何歩か後退したかもしれない。でも憲法とそこに書かれた理念を諦めることはできない」と声を張り上げた。

若者が希望だよ。中高年や老人も続け!



[PR : [TARO WORKS] スマホ 車載ホルダー iPhone GALAXY 専用 360度回転 真空吸盤式 携帯 フォルダー 格 スマートフォン 対応 ブラック 黒 スマホの固定に]

アベ自公政権が不利な臨時国会を見送り : 野党、臨時国会開会要求 臨時国会開催を政府に義務付けた憲法53条の規定を用いることも検討

ここまで劣化したのか!自民党
2015年10月10日20:46 前代未聞の国家主義政権。重要課題山積だから国会を開けないとは!野党の追求とデモから国外に逃亡する安倍晋三 : 臨時国会見送り強まる=野党反発「政権逃げ腰」

国民をナメんなよ



時事ドットコム:臨時国会見送りへ=安倍首相外遊を優先−政府・与党 2015/10/16-11:57
 政府・与党は、今秋の臨時国会召集を見送る方向で調整に入った。自民党幹部が16日、明らかにした。今月下旬以降、安倍晋三首相の外遊日程が立て込んでおり、十分な審議日程を確保するのは困難と判断した。民主党など野党側は開会を求めており、反発は必至だ。

不利な状況で国会を開きたくないだけだろう
来年になれば、皆んな忘れると思っているんだろうな


 菅義偉官房長官は16日午前の記者会見で、臨時国会召集の是非に関し、「首相の外交日程を優先しなければならない」と述べた。自民党幹部は「開きたいが、なかなか難しい」と認めた。
 与党は、内閣改造を受けた新閣僚の所信聴取や積み残しの法案処理を想定し、臨時国会召集の可否を探ってきた。しかし、首相官邸サイドは首相の外交日程などを理由に、召集に慎重な姿勢を堅持。環太平洋連携協定(TPP)の国会承認手続きも、米国の事情から年内に終えるのは難しい情勢のため、与党も見送りに傾いた。
 首相は10月下旬に中央アジア5カ国などを歴訪。この後、11月1日に韓国での開催が調整されている日中韓首脳会談に臨み、同月中旬以降はトルコで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議など複数の国際会議に相次いで出席する。 

安倍晋三は、勝手に演説を始めるから居なくてもいいよ
大臣を吊るしあげるから


 与党は、11月中に衆参両院で閉会中審査を行い、国会論戦には応じる考えだが、労働基準法改正案や国家公務員の給与法改正案などの処理は軒並み通常国会に先送りされる。
 野党側は、国会の召集権を持つ政府に対し、憲法53条の規定に基づく開催要求も視野に圧力を強める構えだ。ただ、条文には召集する期限が明記されていないため、政府・与党は要求に応じない見通しだ。

条文には召集する期限が明記されていないのかあ
しかし、憲法53条の規定に基づく開催要求はすべきだ。憲法を尊重しないアベ自公政権を記録に残す




時事ドットコム:野党、臨時国会開会要求へ=政権の見送り方針批判 2015/10/16-18:02
 政府・与党が臨時国会召集を見送る調整に入ったことを受け、民主党など野党5党は19日に幹事長会談を開き、対応を協議する。安倍政権が安全保障関連法の成立を最優先した先の通常国会で多くの重要法案が継続審議となったことに加え、環太平洋連携協定(TPP)交渉の大筋合意など国会で論議するテーマが多い中、野党は臨時国会の必要性を訴えており、憲法の規定に基づく政府への開催要求を含め圧力を強める構えだ。

逃げるアベ自公政権
追い詰める野党


 民主党の蓮舫代表代行は16日の記者会見で、「『(安倍晋三首相の)外遊があるから開かない』という意味が分からない。TPPもあるし、閣僚が半分くらい入れ替わったが、所信を誰も聞かされていない」と述べ、政府・与党を批判した。
 臨時国会が開かれなければ、2005年以来10年ぶりとなる。一方で、通常国会では容疑者取り調べの録音・録画(可視化)の義務化を含む刑事司法改革関連法案、成果に応じて賃金を支払う新制度を導入する労働基準法改正案などが積み残しとなった。TPP合意に関する国会への説明も行われておらず、野党は「国会軽視」との批判を強めている。
 民主、維新、共産、社民、生活5党は週明けの会談で、早期の閉会中審査開催とともに、臨時国会召集を求めていく方針を改めて確認する見通し。その上で、政府・与党が応じなければ、衆参両院のいずれかの議員の4分の1以上の要求があった場合に臨時国会開催を政府に義務付けた憲法53条の規定を用いることも検討する。

民主、維新、共産、社民、生活5党は週明けの会談で、早期の閉会中審査開催とともに、臨時国会召集を求めていく方針を改めて確認

 これに対し自民党の谷垣禎一幹事長は16日、党本部で佐藤勉国対委員長と会談。この後、同党幹部は「首相の11月下旬の外遊後に国会を開くことは可能だが、官邸は絶対にやりたくないと思っている」と述べた。7日に内閣改造を行った首相には、新閣僚が国会答弁でつまずく事態を避けるため、政策課題について理解を深める時間を確保する思惑もありそうだ。

薄汚いアベ自公政権

 与党は、臨時国会を開かない代わりに、11月9〜11日の間に衆参の予算委員会での閉会中審査には応じる考え。来年の通常国会については、夏の参院選を控え会期延長が難しいことから、例年1月下旬ごろの召集を同月上旬に前倒しすることも検討する。




[PR : 【PM2.5対応】SHARP プラズマクラスター搭載 加湿空気清浄機 ホワイト系 KC-D50W イイ!!]

辺野古承認取り消し : 沖縄知事、新基地認めず。政府、埋め立て続行方針。対立激化、法廷闘争は確実

長期化しますね。来年の参議院選挙の争点の1つになりそう

アベ自公政権は、野党の意見も国民の意見も先住民族の意見も聞く気がない。反民主的な独裁政権だ



東京新聞:辺野古承認取り消し 沖縄知事、新基地認めず 政府、埋め立て続行方針:政治(TOKYO Web) 2015年10月13日 14時13分
200151013-2015101399135759

 沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事は十三日午前、県庁で記者会見し、米軍普天間(ふてんま)飛行場(宜野湾(ぎのわん)市)移設に伴う新基地建設予定地になっている名護市辺野古(へのこ)沖の埋め立て承認を正式に取り消したと発表した。防衛省沖縄防衛局が今秋の本体工事開始に向けて進めているボーリング調査は法律上の根拠を失った。政府は近く行政不服審査法に基づく対抗措置を取り、作業を続行する構え。新基地建設をめぐる安倍政権と県の対立は全面対決の局面に入り、法廷闘争に発展する公算が大きくなった。

法廷闘争は確実は確実でしょう

それにしても、アベ自公政権は法廷闘争に持ち込まれることが多いですね。戦争法案も法廷闘争でしょ。
司法の役割が重要です。キッチリと法と正義に基づいた判決を出して欲しいものです。


違憲状態議員たちの違憲状態国会が選んだ違憲状態内閣を作った責任は、司法にもある。
アベ自公政権は司法を舐めてるんだよ。
憲法も法律も自分勝手に解釈しても司法は何もしないと思っているのでしょう。


◆不服審査、法廷闘争へ


 翁長氏の決裁した承認取り消しの通知書を、県の担当職員が沖縄防衛局に提出した。通知書は、政府が普天間飛行場の県内移設を「地理的に優位」としていることについて「時間、距離その他の根拠が何ら示されていない」と指摘。県外に移設させても抑止力は大きく低下しないと反論し「埋め立ての必要性を認めることができない」と明記した。環境保全措置が適切、十分に講じられていないことも理由に挙げた。
 翁長氏は記者会見で、仲井真弘多(なかいまひろかず)前知事による埋め立て承認に関し、県が設置した有識者委員会の検証結果を踏まえて検討した経緯を説明し「瑕疵(かし)があると認められた。取り消しが相当だと判断した」と述べた。その上で「今後も辺野古に新基地を造らせないという公約の実現に向け、全力で取り組む」と強調した。

慎重に承認取り消しをしていますね。

 一方、菅義偉(すがよしひで)官房長官は十三日午前の記者会見で「法的に瑕疵はない」と反論した。
 沖縄防衛局は、埋め立て承認の根拠法を所管する石井啓一国土交通相に不服審査を請求すると同時に、翁長氏による取り消し処分効力の一時停止を申し立てる方針。
 中谷元・防衛相は記者会見で「本日でないが、速やかに行う」と述べた。不服審査請求の結論が出るまで一定の期間を要する見通し。取り消し処分効力の一時停止が認められれば、不服審査請求の審査期間中でも工事を再開できる。

聞く耳保たずの姿勢ですね。

 どのような裁決が示されても、主張を受け入れられなかった側が裁判に訴えるとみられる。


◆翁長氏会見のポイント
・仲井真弘多前知事による埋め立て承認に瑕疵(かし)が認められたため取り消しが相当と判断し、沖縄防衛局に通知した。
・閣僚との意見交換や約一カ月の集中協議などで県の主張は理解してもらえなかった。
・内閣の姿勢として沖縄県民に寄り添って解決しようという思いが薄い。
・今後も辺野古に新基地を造らせない公約実現に全力で取り組む。

そろそろ。沖縄独立についても触れたほうが良いのでは?民族自決権はありますよ。

<普天間移設問題> 沖縄県宜野湾市の市街地に囲まれた米軍普天間飛行場の移設をめぐる問題。1995年の米兵による少女暴行事件を機に、日米両政府が96年に返還で合意した。日本政府は99年に名護市辺野古への移設を閣議決定。仲井真弘多前知事は2013年12月、辺野古沿岸部の埋め立て申請を承認した。だが、14年11月の知事選で初当選した翁長雄志知事は辺野古移設阻止を宣言。「辺野古が唯一の解決策」とする政府との対立が続いた。




関連ブロク記事:
2015年09月23日13:31 人種差別撤廃委員会 : 締約国が,その立場を見直し,琉球を先住民族として承認することを検討し,また彼らの権利を保護するための具体的な措置をとることを勧告する。
2015年09月22日22:26 翁長知事 国連人権理事会で演説「自国民の自由、平等、人権、民主主義を守れない国が、ほかの国々とその価値観を共有できるのか」



[PR : T-fal 電気ケトル 「ジャスティン プレミアム」 オニキスブラック 1.2L お湯がすぐ沸く]

前代未聞の国家主義政権。重要課題山積だから国会を開けないとは!野党の追求とデモから国外に逃亡する安倍晋三 : 臨時国会見送り強まる=野党反発「政権逃げ腰」

こんな事が許されるのか!許してはいけない
卑怯な国家主義者の安倍晋三と取り巻きの自民党・公明党の悪行を世界に発信するしか無いのかな






時事ドットコム:臨時国会見送り強まる=野党反発「政権逃げ腰」 2015/10/10-14:23
 秋の臨時国会召集が見送られる可能性が強まってきた。政府・与党は、10月下旬以降の安倍晋三首相の外遊日程を優先するとして、開会に慎重な姿勢を崩さない。これに対し、民主党など野党側は、首相が安全保障政策や環太平洋連携協定(TPP)の大筋合意をめぐる国会論戦から「逃げている」と反発、一致して早期召集を迫っている。

秋の臨時国会は絶対に開く必要があるだろう!
安全保障政策
環太平洋連携協定(TPP)の大筋合意
誰も理解できない安倍晋三の「1億総活躍社会」
審議すべき問題が山積している


 「首相の外交日程は最優先しなければならない。通常国会は戦後最長となる延長を行った」。菅義偉官房長官は8日の記者会見でこう語り、臨時国会召集に後ろ向きな姿勢を隠そうとしなかった。
 首相は10月下旬に中央アジアを歴訪。11月中下旬には、トルコで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議など複数の国際会議に相次いで出席する。外交日程の合間を縫って国会審議に十分対応するのは困難というのが政府の立場だ。

G20以外の外遊は中止しろ。
国民のカネをバラ撒いて、安倍晋三が外国から支持されているような演出するんだろう。


安倍晋三抜きでも秋の臨時国会は開け

 国民の理解が進まない安全保障関連法や、農業団体を中心に批判のあるTPP合意を野党に追及されたくないとの思惑もにじむ。自民党幹部は「国会を開いてもいいことはない」と言い放ち、公明党幹部は「国会を開いたらまたデモをやられる。首相はそれが嫌なのだろう」と指摘した。

自民党幹部は「国会を開いてもいいことはない」
公明党幹部は「国会を開いたらまたデモをやられる。首相はそれが嫌なのだろう」

自民党も公明党も腐りきってるな

 政府は例年、通常国会で処理しきれなかった法案や、補正予算案など緊急案件を処理するため、秋に臨時国会を召集してきた。通常国会は9月27日まで延長されたものの、労働基準法改正案など積み残しの重要案件は少なくない。召集が見送られれば、8月の人事院勧告を踏まえた国家公務員の給与を改定する法改正も来年に先送りとなる。
 内閣改造から数カ月も、国会で新閣僚の所信聴取が行われないのも異例だ。与党は「国会軽視」との批判をかわそうと、衆参予算委員会で閉会中審査に応じる方針を早々と決めた。

国家公務員の給与を改定する法改正は、どうでもいいとして(笑)
いやいやいやいや、国家公務員さん達。何とかして秋の臨時国会を開かせる裏テクを使ってもいいよ。


内閣改造から数カ月も、国会で新閣僚の所信聴取が行われないのも異例

こっちは民主主義国家の国会としての存在意義を問われる問題だ

 これに対し、民主、維新、共産、社民、生活の野党5党は、臨時国会の召集要求で足並みをそろえている。国会が開かれれば、TPPや政権の経済対策「新3本の矢」などで徹底論戦を挑む構え。河野太郎行政改革担当相の持論である「脱原発」と、原発推進の政府方針の整合性も突く。
 「与党は逃げ腰だ。嫌なことからは逃げるという露骨な安倍内閣の姿勢が出ている」。民主党の枝野幸男幹事長は、政権を盛んに挑発している。




[PR : 井村屋 えいようかん 5本 非常食にしよう!]

安倍晋三首相(自民党総裁)、来夏参院選で「改憲を公約に」 条文には触れず

また、嘘をつきそうだから証拠を残しておこう

来年の参議院選で改憲と憲法違反の戦争法案の廃止を争点に戦いましょう。違憲状態は解消すべき


民主主義と立憲主義を取り戻そう!



東京新聞:首相、来夏参院選で「改憲を公約に」 条文には触れず:政治(TOKYO Web) 2015年9月25日
 安倍晋三首相(自民党総裁)は二十四日の記者会見で、来年夏の参院選でも改憲を党公約に掲げる考えを表明した。「平和主義など現行憲法の基本原則を維持することを前提に必要な改正を行うべきだ」と述べ、憲法解釈変更に基づく安全保障関連法の成立に続き、持論の改憲に重ねて意欲を示した。具体的な条文には言及しなかった。

主権者たる国民に改正権のある憲法に違反する戦争法案を強行成立させています。
既に、戦争法案で平和主義は毀損しています。


国民主権・基本的人権の尊重・平和主義の3つのうち、2つをぶち壊す暴挙ですから”クーデター”です。

 首相は改憲について「二十一世紀の理想の姿を私たち自身の手で描いていく精神こそ、日本の未来を切り開くことにつながる」と強調。同時に「民主党の中にも改正すべきだという人もいる。勇気を持って議論に参加してほしい」と述べた。

戦争法案を成立させるなら、憲法を改正して違憲ではなくすべきでした。



安倍首相:記者会見の要旨 - 毎日新聞 2015年09月24日 22時09分(最終更新 09月24日 22時50分)
<冒頭発言>

 アベノミクスにより、デフレ脱却はもう目の前だ。これまでの3年間を超える結果を求められている。アベノミクスは第2ステージへと移る。

 目指すは「1億総活躍社会」だ。少子高齢化に歯止めをかけ、50年後も人口1億人を維持する。誰もが活躍できる社会をつくる。そのために新しい3本の矢を放つ。希望を生み出す強い経済。夢をつむぐ子育て支援。安心につながる社会保障。希望と夢と安心のための「新三本の矢」だ。

 これからも経済最優先だ。国内総生産(GDP)600兆円達成を目標に掲げる。子育て支援の目標は希望出生率1.8の実現だ。社会保障では介護離職ゼロの旗を掲げる。

副作用が待っている麻薬政策である金融政策(1本目の矢)と財政政策(2本目の矢)は成果があります。
アベノミスクの3本目の矢であった成長戦略は完全に失敗しています。


失敗を反省することもなく、「新三本の矢」なるもので目眩ましですか。国民を馬鹿にするな。


矢が好きだなー よほど、戦争好きなんだろうなー


<質疑応答>

 −−内閣改造のポイントは。

 ◆大きな骨格は維持する。老壮青、男女のバランスのとれた体制を整えたい。

 −−消費税10%は予定通り実施するのか。

 ◆リーマン・ショックのようなことが起こらない限り実施する。軽減税率制度は昨年の税制改正大綱に沿って、自民、公明両党で議論を進めてほしい。

 −−介護離職ゼロを打ち出した理由は。

 ◆団塊ジュニアが大量離職すれば国の経済も打撃を受ける。財政的基盤にも影響する。

 −−来年の参院選で憲法改正を訴えるか。

 ◆次の選挙でも公約として掲げる。多数派を形成していく努力をし、野党にも協力してもらえるよう議論していきたい。


立憲主義の破壊者と連携する者は同罪です。



関連ブロク記事:
2014年11月19日21:22 安倍政権の資質も争点だなwww  菅義偉官房長官「何で信を問うのかは政権が決める」 安倍晋三首相「報道がそれで抑圧される、そんな例があったら私は辞める」



[PR : 井村屋 えいようかん 5本 非常食にしよう!]

若者の手で真の民主主義が始まる!戦後の民主主義はニセモノだった

記事などは多すぎるので省略。



今回の戦争法案の衆議院と参議院での数の暴力による強行採決。

負の側面として、民主主義・立憲主義・平和主義が毀損しました。
良い徴候として、若者の手で真の民主主義が始まろうとしている。



原発事故直後に5年以内の市民革命が起きると言っていましたがハズレそうです。ハズレでもいいんです。
何故そのようなことを言っていたかというと、戦後の民主主義はニセモノだという認識があるからです。
民主主義は市民が自らの手で勝ち取ってこそ輝くのだと思うのです。与えられた民主主義は弱い。

憲法違反の戦争法案の成立過程で、若者が立ち上がってくれたことは力強い。
成立後の抗議が止まない。選挙を目指している。素晴らしいです。
来年の参議院議員選挙からは18歳で選挙権を得られますから追い風です。



選挙を通して、民主主義を取り戻す!



ここで、古い世代からのアドバイス

・アベ自公政権は、連休前の採決に固執しました。連休でのデモの拡大を恐れる一方で、連休を経過すれば忘れると考えているのです。このような考え方は、自民党の伝統です。継続することが必要
・アベ自公政権は、昨年末の衆議院議員総選挙での争点はアベノミクスだと言っていました。菅官房長官が公式の記者会見で言っていますから政権の公式発言に等しい。しかし、戦争法案を民意を得ていると言い張り強行採決しました。選挙の争点と選挙後に実行する政策に乖離があります。これは、自民党の伝統です。騙されないことが必要
・アベ自公政権は、今国会での戦争法案の成立に固執しました。アメリカ議会で約束したアメリカ従属の自民党という話は置いておいて(アメリカ従属からの脱却には時間を掛ける必要がある)、1年後の参議院議員選挙までの期間を考えています。1年もすれば国民は忘れると自民党は考えています。これも自民党の伝統です。忘れないことが必要



関連ブロク記事:
2015年09月04日18:03 戦争法案 : アメリカの議会で約束したから今国会で成立させる。対米隷属を続ける自民党。安倍政権は最悪のアメリカのポチ。民主主義の否定!敵は中国ではなく米軍基地だ
2014年11月19日21:22 安倍政権の資質も争点だなwww  菅義偉官房長官「何で信を問うのかは政権が決める」 安倍晋三首相「報道がそれで抑圧される、そんな例があったら私は辞める」



[PR : 【PM2.5対応】SHARP プラズマクラスター搭載 加湿空気清浄機 ホワイト系 KC-D50W イイ!!]
クリックしてね!ランクアップしたいぃ



ブログランキングならblogram

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ


いるかちゃん | バナーを作成
検索してショッピングしてね☆


いるかちゃんのほしい物リスト。誰かくれ^^
Amazon
Twitter:メインアカウントです
Twitter:ももクロ専用
最新コメント
訪問者数 グラフ

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    QRコード
    QRコード