いるかちゃんの子どもを守れ。反アベ自公政権

「子どもを守れ」とは、まともな文明国になれという意味です。子どもに20ミリシーベルトが許せなかったのが原点です。脱原発からの政治問題からのプライベートな事も書きます。民主主義と立憲主義を取り戻そう!被曝から子どもを守れ!脱原発!マスコミ、官僚、政治家は、電力原発利権のために国民を欺いています!コストが高く危険な原発を廃炉にしよう!アベ政権の悪行に加担しながら官僚の横暴が復活しています!アメリカ隷属も加速!嘘と詭弁のアベ自公政権を倒そう!選挙に行こう!

日本政府やWHO・IAEA・ICRPは、チェルノブイリでのセシウム健康被害は”ゼロ” だと言っています。
わたし達やECRRは、チェルノブイリでの健康被害の”教訓” を生かすべきだと言っています。
あなたは、どちらを信じますか??

あべちゃん

中間貯蔵施設受け入れ : 内閣改造に間に合わせるためか?住民不在でバタバタと決める政治ごっこ。国家主義者のあべちゃんニッコリ

関連ブログ記事:
2014年08月26日13:58 中間貯蔵施設 : 住民不在の政府と自治体の政治遊び。金目だな〜
2014年08月27日19:55 中間貯蔵施設 : NHKニュース7でデマ!受け入れるかもしれないのは佐藤雄平福島県知事だけだ。大熊町も双葉町も受け入れる段階ではなく、「地権者への説明会」を要求。
2014年08月29日19:07 佐藤雄平福島県知事と石原伸晃環境相が暴走!地権者との交渉もなく、福島県と国で上意下達で中間貯蔵施設の建設に合意か?金目発言は住民抜きという意味だったんだね
2014年08月30日20:25 福島県が中間貯蔵施設の建設受け入れ方針 : 交渉の決着へ加速度的になだれ込む展開に、「国や県が先に決めるな」「結論ありきなのか」などと反発や戸惑いの声





首相「福島復興に力」 知事が中間貯蔵施設受け入れ  2014/9/1 14:45
 東京電力福島第1原子力発電所事故に伴う除染で出た汚染土壌などを保管する中間貯蔵施設を巡り、福島県の佐藤雄平知事は1日午後、首相官邸で安倍晋三首相と会い、施設の建設を受け入れる意向を伝えた。首相は「地域と一丸となって福島の復興に力を尽くしたい」と述べ、同県内の除染と復興を急ぐ考えを示した。

福島県の佐藤雄平知事
安倍晋三首相

 佐藤知事は首相に「復興を実現するために苦渋の決断をした」と伝達し、首相は「中間貯蔵施設は復興のために大変重要だ。決断に感謝を申し上げる」と応じた。佐藤知事は「首相の強いリーダーシップのもと政府全体で一日も早い復興に取り組んでほしい」と求めた。

 面会には建設予定地となっている大熊町の渡辺利綱町長、双葉町の伊沢史朗町長も同席。首相との面会に先立ち、同日午前には佐藤知事、両町長が福島市内で石原伸晃環境相、根本匠復興相と会談した。

大熊町の渡辺利綱町長
双葉町の伊沢史朗町長

石原伸晃環境相
根本匠復興相


住民不在でバタバタと決める政治ごっこした連中のリストですよ



中間貯蔵建設「判断に感謝」=福島知事の容認受け−安倍首相 2014/09/01-15:33
 東京電力福島第1原発事故の除染で出た汚染土の中間貯蔵施設をめぐり、福島県の佐藤雄平知事は1日、首相官邸で安倍晋三首相と面会し、同県大熊、双葉両町への建設を容認する考えを伝えた。首相は「苦渋の決断だったと認識している。判断に感謝したい」と述べた上で、「地域と一丸となって復興に全力を尽くす」と強調した。

首相
「苦渋の決断だったと認識している。判断に感謝したい」
「地域と一丸となって復興に全力を尽くす」

 佐藤知事は会談で「避難地域は復興へ新たな段階を迎えているが、依然約13万人の県民が避難生活を余儀なくされており、厳しい状況だ」と指摘。復興に向けた将来像の提示や、復興財源の確保を求めた。面会には大熊町の渡辺利綱、双葉町の伊沢史朗両町長も同席した。
 中間貯蔵施設は、福島第1原発周辺の約16平方キロの土地に建設される予定。政府は来年1月の汚染土搬入開始を目標としているが、今後の地権者との用地交渉は難航も予想される。

政府は来年1月の汚染土搬入開始を目標としている

今後の地権者との用地交渉は難航も予想される
予想されるとか、マスコミは知ってても書かない代表的な表現。住民や地権者が置き去りにされて決まった。続きを読む

ルール無き人選で選ばれそうな田中知東大教授 : 原子力規制委員会は、あべちゃんの私的諮問機関じゃないだろ ε=(。・`ω´・。)プンスカプン!!

法にのっとり、自信を持って革命でも起こそうかなイマハシナイケド



規制委人事、人選基準策定せず 石原環境相 2014/06/06 12:43
 石原伸晃環境相は6日、原子力規制委員会の委員の人選で、民主党政権時代の2012年に定めた厳格な基準を適用せずに政府案を提示したことに関し、自民党政権としての人選基準も今後、策定しない方針を示した。衆院環境委員会で民主党の近藤昭一氏への答弁。

自民党政権としての人選基準も今後、策定しない方針

ルールも作れなくなったのか!ほんとに国家主義政党になっちゃったのね

 また政府は6日、東京大大学院の田中知教授ら2人を委員候補とする国会同意人事案を閣議決定した。

おい、国会。絶対に潰せよ

 原子力の推進機関と規制機関の立場を明確にするため民主政権が定めた人選基準について石原氏は「民主党の政策であって考慮していない。法にのっとり、自信を持って(今回の候補者を)推挙している」と述べた。

人選基準がなければ、原子力規制委員会の公平性がなくなるんだからな!
自民党の公約では、厳しくない規準の原子力規制委員会の判断では再稼働できないんだぞ。



原子力規制委に田中氏、自公同意へ 人選規定抵触の恐れ 2014年6月5日20時04分 
 自民、公明両党は、原子力規制委員会の新委員に元日本原子力学会長の田中知東大教授をあてる安倍内閣の国会同意人事案に同意することを決めた。田中氏については民主党政権が決めた人選ルールに触れると指摘されており、すべての野党が反対する方向だ。

民主党政権が決めた人選ルールに触れると指摘されており、すべての野党が反対する方向

おい、野党。何をやってもいいから絶対に潰せよ

 同意人事案は11日に衆院で、12日に参院でそれぞれ採決される見通しだ。

11日は党首討論あるよね。徹底的に攻めろよ

 規制委委員をめぐっては、民主党政権が2012年に作ったガイドラインの「欠格要件」で、「委員就任前直近3年間に、原子力事業者等及びその団体の役員、従業者等であった者」は委員になる資格はないとされている。だが、田中氏は「団体」に当たる日本原子力産業協会役員を10〜12年に務めていたほか、11年度にはメーカーや東電関連の財団から少なくとも160万円以上の研究費や報酬を受けていた。

民主党政権が2012年に作ったガイドラインの「欠格要件」:「委員就任前直近3年間に、原子力事業者等及びその団体の役員、従業者等であった者」は委員になる資格はない

田中氏は
「団体」に当たる日本原子力産業協会役員を10〜12年に務めていた
11年度にはメーカーや東電関連の財団から少なくとも160万円以上の研究費や報酬を受けていた続きを読む
クリックしてね!ランクアップしたいぃ
検索してショッピングしてね☆
Amazon
Twitter:メインアカウントです
Twitter:ももクロ専用
最新コメント
リンク元
訪問者数 グラフ

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    QRコード
    QRコード