いるかちゃんの子どもを守れ。反アベ自公政権

「子どもを守れ」とは、まともな文明国になれという意味です。子どもに20ミリシーベルトが許せなかったのが原点です。脱原発からの政治問題からのプライベートな事も書きます。民主主義と立憲主義を取り戻そう!被曝から子どもを守れ!脱原発!マスコミ、官僚、政治家は、電力原発利権のために国民を欺いています!コストが高く危険な原発を廃炉にしよう!アベ政権の悪行に加担しながら官僚の横暴が復活しています!アメリカ隷属も加速!嘘と詭弁のアベ自公政権を倒そう!選挙に行こう!

日本政府やWHO・IAEA・ICRPは、チェルノブイリでのセシウム健康被害は”ゼロ” だと言っています。
わたし達やECRRは、チェルノブイリでの健康被害の”教訓” を生かすべきだと言っています。
あなたは、どちらを信じますか??

せき

せきから汚染水がダダ漏れ!225トンだって

大量に漏れてる割には小さい扱いですね(б_б?)ハテナ?


汚染水:せきから225トン流出…地中にしみ込む? 2013年12月24日 20時51分
 東京電力福島第1原発の汚染水を貯蔵するタンク群を囲むコンクリート製のせき(2エリア)から放射性物質を含む水が漏れた問題で、東京電力は24日、新たに別の2エリアで、せき内の水位が低下したと発表した。計225トンが流出したと見られるが、せき外にぬれた痕跡がなく、東電は「地中にしみ込んだ可能性などが考えられ、今後調査する」と話す。

2エリア
225トン

 東電によると、新たに水位が下がった1エリアでは、20日に約12センチあった水位が24日には約5センチに、もう1エリアは、20日の約12センチが24日に約1センチになっていた。せき内の水に含まれる放射性ストロンチウム90は、最大で1リットル当たり440ベクレルだった。せきからたまった雨水などを排出する東電の暫定基準は、ストロンチウム90が同10ベクレル未満。

20日に約12センチ → 24日には約5センチ
20日の約12センチ → 24日には約1センチ

せき内の水に含まれる放射性ストロンチウム90は、最大で1リットル当たり440ベクレル

 また、21、22日に相次いで発生したせきからの漏えい量は計3.4トン、ストロンチウム90などベータ線を出す放射性物質は最大で1リットル当たり1000ベクレルだった。

21、22日に相次いで発生したせきからの漏えい量は計3.4トン
ストロンチウム90などベータ線を出す放射性物質は最大で1リットル当たり1000ベクレル

 コンクリートの継ぎ目の樹脂が劣化したり、コンクリートがひび割れたりしたことが原因の可能性があるという。【渡辺諒】




20131226_seki
汚染水:貯蔵タンク囲むせきから漏れる 2013年12月22日 20時38分(最終更新 12月22日 21時27分)
 東京電力は22日、福島第1原発の汚染水を貯蔵するタンク群を囲むコンクリート製のせきの計4カ所から、放射性物質を含む水が漏れたと発表した。いずれも近くに排水溝はなく、東電は「海への流出はない」としている。

せきの計4カ所から、放射性物質を含む水が漏れた

 このうち1カ所は21日に見つかった。東電がせきに残る水を調べたところ、放射性ストロンチウム90が、東電の暫定基準の約9倍に当たる1リットル当たり93ベクレル検出された。漏れた量は約1・6トンで、コンクリートの継ぎ目から漏れたとみられる。

 22日午後4時過ぎには21日と同じタンク群と別のタンク群でも新たに計3カ所で漏れが見つかり、放射性物質の濃度や原因を調べている。【河内敏康】




ずさんらしいです
福島原発:汚染水タンク 期日優先ずさん工事 作業員証言 2013年12月23日 09時06分(最終更新 12月23日 15時54分)
続きを読む

タンクせきからあふれた水 11か所のうち6ヵ所で基準値超す

漏れすぎでしょ



20131022_20131022a30
タンクせきからあふれた水 6ヵ所で基準値超す 福島第1 2013年10月22日
 東京電力は21日、前日の大雨で福島第1原発の汚染水タンク群を囲む漏えい防止のせきからあふれた水に、排水基準(1リットル当たり10ベクレル未満)を超す放射性ストロンチウム90が含まれていたと発表した。

排水基準(1リットル当たり10ベクレル未満)を超す放射性ストロンチウム90

 基準オーバーの水はH2北、H2南、H3、H4東、H4、G6南のタンク群の6カ所のせきからあふれた。検出値は21〜710ベクレルで基準の2.1〜71倍。流出量は不明だという。東電は「水はせきの外の土のうなどに遮られ、海に流れ出た可能性は低い」と説明している。

H2北、H2南、H3、H4東、H4、G6南のタンク群の6カ所
検出値は21〜710ベクレル
流出量は不明

 東電は6カ所のせきの水をポンプなどで吸い上げて別タンクに移していたが、雨量が多く、対応しきれなかった。ほかに5カ所のせきからもあふれたが、放射性物質濃度は基準を下回った。
 台風27号の接近に備え、東電は現在67台のポンプを30台増やし、吸水能力を高める。東電は20日の段階で、汚染水があふれたせきの数を12カ所と発表していたが、「H1東では漏えいがなかった」として11箇所に訂正した。

台風27号の接近に備え、東電は現在67台のポンプを30台増やし、吸水能力を高める。

[汚染水貯蔵タンクのせき]福島第1原発の汚染水を貯蔵する地上タンクでは2012年1、2月にボルトのゆるみなどが原因の水漏れやにじみが相次いだ。東京電力は漏えい対策としてタンク周辺にコンクリート製のせきを設置。だが、雨水がたまるとタンクの漏れを発見できないとの理由で、当初は排水弁を常に開けていた。13年8月にタンクから約300トンの汚染水漏えいが発覚、せきの弁を常時閉じる運用に切り替えた。




ポンプの移送容量不足=せきの水流出問題−大型発注も間に合わず・福島第1 2013/10/21-22:21
 東京電力福島第1原発で、放射能汚染水が貯蔵されているタンク群を囲むせき11カ所で水があふれ、うち6カ所で排出基準値を上回るストロンチウム90が検出された問題で、東電は21日、ポンプの容量が足りなかったことが原因の一つとの見方を示した。東電は大型ポンプを発注していたが、大雨の降った20日に間に合わなかった。

東電は大型ポンプを発注していたが、大雨の降った20日に間に合わなかった。

 東電によると、現在せきで使われているポンプは67台あるが、1台当たりの移送能力は毎時7.2〜36トンと比較的小さく、単純に合算しても同660トン程度。20日の大雨では水位の上昇に移送が追い付かず、外部への流出を招いた。

現在せきで使われているポンプは67台
1台当たりの移送能力は毎時7.2〜36トンと比較的小さく、単純に合算しても同660トン程度。



東電、雨水対策でポンプ増設 台風に備え 2013/10/21 23:58
 東京電力は21日、福島第1原発内の地上タンクの周囲に設けたせき周辺の放射性物質を含む雨水対策として、新たに大型ポンプ19台を増設すると発表した。1時間当たり60トンの水をタンクに送ることができ、従来の最大約8倍の能力を持つ。

 ポンプは22日到着予定だが、北上中の台風27号が接近するまでに稼働できるかは不明という。

新たに大型ポンプ19台を増設
1時間当たり60トンの水をタンクに送ることができ、従来の最大約8倍の能力

ポンプは22日到着予定
台風27号が接近するまでに稼働できるかは不明

 20日の大雨で、東電は当初せき12カ所から雨水があふれたと発表したが、11カ所に訂正。うち6カ所のせき内に残った水から暫定排出基準値を超えるストロンチウム90が検出された。

 東電はせき内にたまったり、せき外に漏れ出したりした雨水をタンクに送るため、これまでポンプを計67台設置している。

続きを読む
クリックしてね!ランクアップしたいぃ
検索してショッピングしてね☆
Amazon
Twitter:メインアカウントです
Twitter:ももクロ専用
最新コメント
リンク元
訪問者数 グラフ

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    QRコード
    QRコード