天下のNHKさんですから、ニュースウオッチ9で謝罪と訂正があるよね。あるよね。

佐藤雄平知事は、10月26日投開票の福島県知事選への出馬も不出馬も表明していない死に体です。
そんな知事と政府が握手をしても後で荒れるだけですよ。
自民党の火事場泥棒的で国家主義的な政治手法は、目に余ります。



20140827_phpThumb_generated_thumbnail

地権者向け説明会を 中間貯蔵めぐり大熊、双葉町と両町議会 2014/08/27 10:18
 26日に開かれた大熊、双葉両町議会の全員協議会では、中間貯蔵施設について出席した議員から「(受け入れ判断を)町や議会だけで決めるべきではない」とする意見が相次いだ。両町議会は政府と県に対し、早急に地権者を対象とした説明会の開催を求めた。

大熊、双葉両町議会の全員協議会
「(受け入れ判断を)町や議会だけで決めるべきではない」とする意見が相次いだ。
両町議会は政府と県に対し、早急に地権者を対象とした説明会の開催を求めた。

 全員協議会終了後、双葉町の伊沢史朗町長は「地権者の理解が最優先で、町が受け入れるかどうか言える状況ではない」、佐々木清一議長は「建設を容認するかは町や議会が決めるのではなく地権者が決めることだ」と語った。
 大熊町の渡辺利綱町長は「地権者の理解を得て初めて前に進む。しっかりと協議したい」、千葉幸生議長は「地権者への説明会などを経て国と協議する必要がある。(受け入れに関して)軽々に判断できない」と話した。

双葉町の伊沢史朗町長
「地権者の理解が最優先で、町が受け入れるかどうか言える状況ではない」
佐々木清一議長
「建設を容認するかは町や議会が決めるのではなく地権者が決めることだ」

大熊町の渡辺利綱町長
「地権者の理解を得て初めて前に進む。しっかりと協議したい」
千葉幸生議長
「地権者への説明会などを経て国と協議する必要がある。(受け入れに関して)軽々に判断できない」

 両町議会への説明を終えた石原伸晃環境相は、両町議会が要求した地権者への説明会について「持ち帰り検討させてもらう」と述べた。

石原伸晃環境相
両町議会が要求した地権者への説明会について「持ち帰り検討させてもらう」と述べた

今になって出てきた要求ではありません!検討して結果を持ってこい!

■地権者2000人以上 開催準備に相当期間
 中間貯蔵施設の建設候補地の地権者は両町に2000人以上いるとされる。
 大熊、双葉両町議会は全員協議会で、受け入れ判断の前に地権者への説明会の開催を政府に要求したが、開催に向けた日程調整などの準備には相当期間を要するとみられる。




関連ブログ記事:
2014年08月26日13:58 中間貯蔵施設 : 住民不在の政府と自治体の政治遊び。金目だな〜
2014年08月27日19:55 中間貯蔵施設 : NHKニュース7でデマ!受け入れるかもしれないのは佐藤雄平福島県知事だけだ。大熊町も双葉町も受け入れる段階ではなく、「地権者への説明会」を要求。
2014年08月29日19:07 佐藤雄平福島県知事と石原伸晃環境相が暴走!地権者との交渉もなく、福島県と国で上意下達で中間貯蔵施設の建設に合意か?金目発言は住民抜きという意味だったんだね
2014年08月30日20:25 福島県が中間貯蔵施設の建設受け入れ方針 : 交渉の決着へ加速度的になだれ込む展開に、「国や県が先に決めるな」「結論ありきなのか」などと反発や戸惑いの声
2014年09月01日16:50 中間貯蔵施設受け入れ : 内閣改造に間に合わせるためか?住民不在でバタバタと決める政治ごっこ。国家主義者のあべちゃんニッコリ
続きを読む