いるかちゃんの子どもを守れ。反アベ自公政権

「子どもを守れ」とは、まともな文明国になれという意味です。子どもに20ミリシーベルトが許せなかったのが原点です。脱原発からの政治問題からのプライベートな事も書きます。民主主義と立憲主義を取り戻そう!被曝から子どもを守れ!脱原発!マスコミ、官僚、政治家は、電力原発利権のために国民を欺いています!コストが高く危険な原発を廃炉にしよう!アベ政権の悪行に加担しながら官僚の横暴が復活しています!アメリカ隷属も加速!嘘と詭弁のアベ自公政権を倒そう!選挙に行こう!

日本政府やWHO・IAEA・ICRPは、チェルノブイリでのセシウム健康被害は”ゼロ” だと言っています。
わたし達やECRRは、チェルノブイリでの健康被害の”教訓” を生かすべきだと言っています。
あなたは、どちらを信じますか??

ストレス

鼻血は増えていた!メニエール病などのめまいの患者は約1・5倍。ストレスが原因だそうです



東日本大震災:福島第1原発事故 鼻血と被ばく「影響考えにくい」 相双地区、相馬総合病院医師が調査 /福島毎日新聞 2014年07月04日 地方版
 ◇被災のストレス影響か

 原発事故を受け、相双地区での鼻出血患者に放射線被ばくとの明らかな因果関係は見られないとの調査結果を、公立相馬総合病院(相馬市)の長谷川純医師(44)がまとめた。漫画「美味(おい)しんぼ」で主人公が鼻血を出すシーンが描かれた問題で、肯定・否定両面で議論が巻き起こっているが、長谷川医師は「少なくとも同地域では放射性物質の影響は考えにくい」と説明する。【高橋隆輔】

被災のストレス影響か

 長谷川医師は、事故前から鼻血の他、めまいやアレルギー性鼻炎など、あらゆる耳鼻科疾患の統計を取っていた。同地区内に常勤の耳鼻科医師がいる医療機関は、同病院のほかに南相馬市に1医院あるが、統計は取っていない。

 長谷川医師の調査によると、同病院の新患のうち、鼻出血によるものは、▽2010年度(震災後の3月分含む)116人▽11年度136人▽12年度128人▽13年度131人と、事故後は若干、増加していた。年代別に見ると、56歳以上が▽10年度51人▽11年度62人▽12年度65人▽13年度61人と、高齢層で増加傾向にあった。男女別では男性がすべての年度で事故前を上回ったのに対し、女性はほとんど変化がなかった。

同病院の新患のうち、鼻出血によるもの
▽2010年度(震災後の3月分含む)116人
▽2011年度136人
▽2012年度128人
▽2013年度131人

年代別に見ると、56歳以上が
▽2010年度51人
▽2011年度62人
▽2012年度65人
▽2013年度61人

 長谷川医師は「外部被ばくの影響であれば高齢層での増加や性別の偏りは考えにくい」と指摘。一方で、ストレスで起きるメニエール病などのめまいの患者は13年度、事故前の約1・5倍になるなど明らかに増えているといい、「(鼻血の若干の増加は)長期間の避難生活によるストレスや生活習慣の変化が関係している可能性がある」と分析する。

「外部被ばくの影響であれば高齢層での増加や性別の偏りは考えにくい」と指摘

(いやいや、鼻血の影響を心配しているひとは内部被曝の影響だと考えているひとが多数です。)

ストレスで起きる
メニエール病などのめまいの患者は13年度、事故前の約1・5倍になるなど明らかに増えている

「(鼻血の若干の増加は)長期間の避難生活によるストレスや生活習慣の変化が関係している可能性がある」と分析

(分析?)

 また、放射性物質が付着した微粒子による出血の可能性を指摘する声もあるが、「そうであれば出血以前に鼻腔(びこう)内にびらんや炎症の所見があるはずだが、それが見られない」とし、「出血の仕方や治療法もすべて通常の鼻血で、微粒子の影響は考えにくい」と指摘した。

放射性物質が付着した微粒子による出血の可能性を指摘する声もあるが、
「そうであれば出血以前に鼻腔(びこう)内にびらんや炎症の所見があるはずだが、それが見られない」

(微量の放射性物質なら炎症など起こさないでしょ。)

「出血の仕方や治療法もすべて通常の鼻血で、微粒子の影響は考えにくい」

(治療法は同じでしょ。放射性物質による鼻血に対する特別な治療法でもあるのですか?)

 長谷川医師は「原発至近の住民や、事故直後のデータは取れていない」と話し、全県的な調査の重要性を強調。今後も県内の特定疾患と被ばくの関係を疑う声が出ることも念頭に、「個人の医師が集めるデータには限界がある。国や県はデータ蓄積にもっと力を入れるべきだ」と訴えた。

「原発至近の住民や、事故直後のデータは取れていない」
「個人の医師が集めるデータには限界がある。国や県はデータ蓄積にもっと力を入れるべきだ」



長谷川医師が最も言いたいことは、全県的な調査の重要性なのでしょうね。

医者の立場ではオカシイと言えない方は数字を出してストレスのせいにしてもいいよ。ぼくらがツッコミいれるからね。
続きを読む

「親の不安が子に伝わるとストレスになる。生活の制限による影響と放射線の健康リスクとのバランスを考えた生活を」と呼びかける。 (-"-)見当違いの意見です!!

子どもを守れ



「親の不安が子に伝わるとストレスになる。生活の制限による影響と放射線の健康リスクとのバランスを考えた生活を」と呼びかける。
見当違いの意見です!!

健康リスクストレスによる心身症とのバランスなど取れない。健康が優先する。

福島第1原発:子供の心身に不調…放射線避ける生活続き - 毎日jp(毎日新聞)
---全文転載
福島第1原発:子供の心身に不調…放射線避ける生活続き

 福島県内では、学校や家庭で放射線を避ける生活を続ける子供たちの心身に、不調が見え始めている。体調を崩したり、外で遊べないストレスが募って保健室を訪れる児童も目立つ。

 福島市立渡利小学校では、発熱などで早退する子が増えている。以前は1日に1人程度だったが5月半ばからは、ほぼ連日数人になり、今月6日は8人に。高橋友憲校長は「子供のストレスが高まっているのだろうか」と心配する。

 郡山市立芳賀小学校で養護教諭を務める柴田廷子さんは「軽い打撲や擦り傷で保健室に来る生徒が増えた」。校庭の使用時間が制限され、校舎内で走り回ってけがをする子も多い。生徒同士の小競り合いなどトラブルも増えていると話す。

 同市の小児科医、菊池信太郎さんによると、放射線によるストレスはリスクを理解できる高学年に表れやすい。教諭らは児童から「将来、出身地を隠したほうがいいの?」「県外に行ったらいじめられそう」といった相談を受けるという。

 放射線による直接的な健康被害の程度はまだ不明だが、86年に起きたチェルノブイリ原発事故では、ストレスによる健康被害も報告されている。県精神保健福祉センターの畑哲信所長は「親の不安が子に伝わるとストレスになる。生活の制限による影響と放射線の健康リスクとのバランスを考えた生活を」と呼びかける。【渡辺諒、矢追健介】

毎日新聞 2011年6月8日 21時14分(最終更新 6月8日 21時14分)

---転載終わり


わたしが、メンタル面を配慮していないとの誤解を避けるために過去記事を引用します。
ちょうど通院一ヶ月です
2009年のブログ記事
---引用
精神科の通院を始めて、本日でちょうど一ヶ月になります。

3/25以前の状況は相当悪かったです。。
ほぼ1日中布団の中に居ました。。半分くらいは起きてたけど布団の中ね。寝る時間は不定期。
電気を付けるのはつらい。テレビは30分観てられない。食事は一日に2回±1回くらい。
1ヶ月くらいお風呂には入らない。半年ぐらい髭は剃らない。1年くらい床屋には行ってない。
という感じで、普通にうつ状態でした。

---引用終わり

このような経験があった上で、メンタル面の配慮ではなく、健康リスクを小さくするように言っています。
わたしの場合は不治の病ですが、なんとなく普通に生活できるくらいの状態は維持できています。
ストレスによる心身症などは完治する可能性が高く、一般の生活に戻れる可能性はもっと高いです。

心身症などで1年や2年くらい寝たきりになっても、ガンなどの健康リスクを犯すべきではありません。


人類史上、例のない高濃度の放射能汚染地域で生活していることを忘れてはいけません。

気まぐれ禁煙 1時間経過

キタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!

気まぐれで禁煙を始めようと思います。
煙草1箱500円になるとかいってるし、、お金無いのでくるちいです。

止めようかなあ?とは、思っていたのですが、、
簿記の勉強と禁煙のストレスは、共存できないと思い、先延ばしにしていました。


長生きしたくも無いんだけどねぇ・・新パソコンには長生きして欲しい



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックお願いしますm(__)m
クリックしてね!ランクアップしたいぃ
検索してショッピングしてね☆
Amazon
Twitter:メインアカウントです
Twitter:ももクロ専用
最新コメント
リンク元
訪問者数 グラフ

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    QRコード
    QRコード