いるかちゃんの子どもを守れ。反アベ自公政権

「子どもを守れ」とは、まともな文明国になれという意味です。子どもに20ミリシーベルトが許せなかったのが原点です。脱原発からの政治問題からのプライベートな事も書きます。民主主義と立憲主義を取り戻そう!被曝から子どもを守れ!脱原発!マスコミ、官僚、政治家は、電力原発利権のために国民を欺いています!コストが高く危険な原発を廃炉にしよう!アベ政権の悪行に加担しながら官僚の横暴が復活しています!アメリカ隷属も加速!嘘と詭弁のアベ自公政権を倒そう!選挙に行こう!

日本政府やWHO・IAEA・ICRPは、チェルノブイリでのセシウム健康被害は”ゼロ” だと言っています。
わたし達やECRRは、チェルノブイリでの健康被害の”教訓” を生かすべきだと言っています。
あなたは、どちらを信じますか??

セシウム汚染

深刻なセシウム汚染が判明!自然放射性物質よりは低い−−コープ先行調査

子どもを守れ


自然放射性物質と人工放射性物質を比較している時点で、科学的ではないです。同じ影響という証拠はないのです。


毎日10ベクレルの経口摂取を繰り返すと、200日後には全身に1000ベクレルの放射性物資が存在します。500日後には全身に1400ベクレルの放射性物質が存在し、その後の上昇は少なくなって均衡します。(参照
20111107_pub111_fig22


つまり、1度食べたからといってただちに健康に影響しませんが、継続的に食べれば健康に影響する可能性が高まっていきます。

なお、WBC測定結果の見方 ベラルーシ基準では、子どもの体重1キロあたり20ベクレルで注意レベルです。

やはり、福島市・郡山市など中通りでは、子どもを集団疎開させるべきです。

この調査は食事だけです。呼吸による内部被ばくが含まれません。
参照:【マスクは必要】空中に放射性物質が浮遊している証拠が続々と出てきます



食事のセシウム量分析 自然由来より低く−−コープ先行調査 /福島 - 毎日jp(毎日新聞)
---全文転載
東日本大震災:食事のセシウム量分析 自然由来より低く−−コープ先行調査 /福島

 コープふくしま(福島市)は1日、県内の家庭で摂取される放射性セシウムの量を把握するため、普段の食事の分析を始めたと発表した。陰膳のように、家族の食事を1人分多めに作り、2日計6食分を混ぜてサンプルを作成。先行して11家族分を分析したところ、3家族から1キロ当たり1・1〜4・4ベクレルを検出。自然由来の放射性カリウムの21〜40ベクレルに比べ、10分の1程度にとどまった。今後は調査を拡大し、年度内に県内計100家族の分析を行うという。

 先行調査は11月、福島、郡山両市など中通りで実施。2日分の食事を均一に混ぜたものから1キロをサンプルとし、ゲルマニウム半導体検出器で分析した。通常は数時間で終える検査を14時間かけ、検出限界値を1ベクレル前後まで下げて詳細に分析した。最大値の4・4ベクレルの食事を1年間食べ続けた場合、セシウムからの内部被ばく量は今後50年間で計0・05ミリシーベルト以下。原発事故以前から含まれているカリウムによる被ばく量より小さいという。

 調査に協力したNPO法人「放射線安全フォーラム」の多田順一郎理事は「通常の食事で摂取するカリウムに比べて随分低い値。産地にこだわりなく食事を作っても大丈夫だろう」と語った。【関雄輔】
---転載終わり



そもそも、
健康評価をしているひとたちのチェルノブイリの健康被害に関する認識を問い正すべきなのです。
チェルノブイリで、セシウムによる健康被害がないと主張するなら、日本でも健康被害は殆ど生じません。

政府こそ風評差別をしている件:セシウム汚染:伊達市2地区のコメ出荷停止 政府が指示

安全が確認されたコメまでも出荷を認めないのかという議論もある。
当たり前です。安全なら、政府による風評差別です。


事の本質は、いい加減な検査詭弁を弄してきた政府・自治体の政策が破綻したことです。


コメの放射能汚染は広がりを見せ始めている。
べつにぃ。。広がってませんよ。始めから汚染されてますからぁ。。

同省監視安全課は「検査のサンプル地点をどのように選んだのか、県に問い合わせている」
サンプル調査が自体がダメなのでしょ。。サンプル地点の問題ではない!

収穫前後の二重検査をすり抜け
すり抜けてませんからぁ。。
参照:伊達市でもコメ基準値超 福島市大波地区に隣接 : 3戸の農家 最大で1050ベクレル
福島市64地点。伊達市42地点。すり抜けたのではなく、引っかかるほうが運が悪いだけ


提案:

・福島県内のコメを出荷停止して、全品検査。(全袋くらいの粗さで仕方ない)
・暫定規制値の5%、25ベクレル/kg 以下のコメだけを出荷。(全数検査はできないですから余裕をみる)
これで、解決。


※暫定規制値が、国際基準と比較して緩すぎることは今回は触れませんでた。(世界の食品規制値を参照


20111130_kome

セシウム汚染:伊達市2地区のコメ出荷停止 政府が指示 - 毎日jp(毎日新聞)
---全文転載
セシウム汚染:伊達市2地区のコメ出荷停止 政府が指示

 福島県伊達市の小国地区と月舘地区で収穫されたコメ(玄米)から最大で暫定規制値(1キロあたり500ベクレル)の2倍にあたる1050ベクレルの放射性セシウムが検出された問題で、政府は29日、両地区のコメの出荷停止を県に指示した。コメの出荷停止は福島市大波地区に続き2例目で、コメの放射能汚染は広がりを見せ始めている。

 厚生労働省によると、小国地区と月舘地区では収穫前の予備検査と収穫後の本検査を計7カ所で実施し、いずれも暫定規制値を下回り出荷が認められた。しかし両地区には年間積算線量が20ミリシーベルトを超える恐れのある特定避難勧奨地点がある。同省監視安全課は「検査のサンプル地点をどのように選んだのか、県に問い合わせている」という。

 収穫前後の二重検査をすり抜け、規制値を超えるコメが流通する事態に至ったことについて、同課は「県の原因調査を見極めたうえで、来年以降の作付け制限や検査態勢の在り方を農林水産省など関係機関と協議したい」と説明した。

 出荷停止の解除について、政府は検査で安全が確認された農家や集落ごとに検討する考えを示している。同省幹部は「規制値超えが広がっている現状で解除の議論に入るのは難しいが、安全が確認されたコメまでも出荷を認めないのかという議論もある。県の検査の推移を見ながら検討するしかない」と語った。【佐々木洋】
---転載終わり
クリックしてね!ランクアップしたいぃ
検索してショッピングしてね☆
Amazon
Twitter:メインアカウントです
Twitter:ももクロ専用
最新コメント
リンク元
訪問者数 グラフ

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    QRコード
    QRコード