いるかちゃんの子どもを守れ。反アベ自公政権

「子どもを守れ」とは、まともな文明国になれという意味です。子どもに20ミリシーベルトが許せなかったのが原点です。脱原発からの政治問題からのプライベートな事も書きます。民主主義と立憲主義を取り戻そう!被曝から子どもを守れ!脱原発!マスコミ、官僚、政治家は、電力原発利権のために国民を欺いています!コストが高く危険な原発を廃炉にしよう!アベ政権の悪行に加担しながら官僚の横暴が復活しています!アメリカ隷属も加速!嘘と詭弁のアベ自公政権を倒そう!選挙に行こう!

日本政府やWHO・IAEA・ICRPは、チェルノブイリでのセシウム健康被害は”ゼロ” だと言っています。
わたし達やECRRは、チェルノブイリでの健康被害の”教訓” を生かすべきだと言っています。
あなたは、どちらを信じますか??

チェルノブイリ事故

チェルノブイリ事故から29年 : 事故を起こした4号機を新たなシェルターで覆い放射性物質の拡散を防ぐ作業を急ぐ一方、1〜3号機の解体

福島第一原発事故では40年廃炉神話がはびこっていますが、
3基も崩壊した原発は手付かずで石棺にすらできない状態です。燃料の取り出しなど不可能。

再稼働のために撤回できない40年廃炉神話。事故収束を妨げています。
事故前の安全神話と同じ





チェルノブイリ事故から29年 1〜3号機解体を決定 2015/04/26 18:49
 【モスクワ共同】ソ連時代の1986年にウクライナで起きたチェルノブイリ原発事故から26日で29年。ウクライナ政府は、事故を起こした4号機を新たなシェルターで覆い放射性物質の拡散を防ぐ作業を急ぐ一方、1〜3号機の解体により同原発を廃止する決定を今月、正式に下した。

事故と関係ない1〜3号機の解体もできなかったのですね。

福島第一原発事故でも4号機は解体できるのでしょうか?放射線量が高すぎて無理かもしれないね。

 ウクライナは今後も原発を電力生産の主軸とする方針。同国政府は数十年の歳月をかけ、チェルノブイリ原発を核燃料の保管や再処理を賄う大規模な基地に変貌させる方針だ。

貧乏な国や地域に原発を押し付けるのが世界標準です。

 1〜3号機は2000年までに運転を停止、使用済み燃料棒を既に取り出したが、資金難などを背景に解体の決定は先延ばしとなっていた。






チェルノブイリ原発で巨大なアーチ型構造物公開 4月24日 6時15分魚拓
ウクライナで、チェルノブイリ原子力発電所の事故から4月26日で29年になるのを前に、爆発した原子炉の建屋が老朽化で崩れて、放射性物質を含んだちりなどが外部に飛び散るのを防ぐために建設されている、巨大なアーチ型の構造物が公開されました。

チェルノブイリ原発事故では、石棺にして事故を収束させて、石棺が劣化したのが問題になっています。
福島第一原発事故では、事故が収束していません。

チェルノブイリ原発では、ソビエト時代の29年前に、運転中の原子炉で爆発が起こり、放射性物質による汚染が周辺の国々をはじめ、広い範囲に広がり、史上最悪の原発事故とされています。

え?!史上最悪は福島第一原発事故でしょ。日本が一番w

爆発した原子炉の建屋は事故のあと、コンクリートや金属のパイプで覆われ、石でできたひつぎを意味する「石棺」と呼ばれていますが、老朽化で崩れて、内部にある放射性物質を含んだちりなどが外部へ飛び散ることが懸念されています。
このため、欧米や日本などが資金を援助し、15億ユーロ(日本円でおよそ1900億円)をかけて、アーチ型の構造物を建設して「石棺」を覆うことになり、22日と23日、建設現場がNHKに公開されました。

チルノブイリではアーチ型の被いを作っているというのに、日本は何もしないんだよね。
日本人はチェルノブイリ原発事故から、何も学んでいない。

アーチ型の構造物は高さ108メートル、幅257メートルで、合わせて3万5000トンの金属を使って建設され、300メートル余り離れた「石棺」まで移動させ、2年後に完成させる計画です。この構造物の耐用年数は100年間とされ、将来的にはこのなかで「石棺」を解体して、およそ170トンあるとされる核燃料も取り出して処理する予定ですが、依然として放射線量が高く、具体的なめどは立っていないということです。




関連ブログ記事:
2015年04月25日23:21 小出氏「福島第1原発は石棺を」 元京都大助教 : 「チェルノブイリのように石棺で(放射性物質を)封じ込めるしかない」



[PR : 日本版SOEKS 01M 一家に一台放射能測定器は必需品ですね。いるかちゃんだよーキュンキュン]

#save_children 安全安心派のひと vs 普通のひと

子どもを守れ


安全安心派のひと:
チェルノブイリ事故では、「小児甲状腺がん」以外の健康被害はないと主張しています。

普通のひと:
チェルノブイリ事故では、いろいろな健康被害が発生していると考えています。


ココが、分岐点で議論にならないのではないかな (б_б?)ハテナ?


悪名高き御用学者 長瀧重信 VS 田中優氏

長瀧重信教授(長崎大)「チェルノブイリで相当たくさんの子どもたちがセシウムの被害のあるところに住んでいたが25年経っても体への影響は何も認められなかった」田中優-「98万5千人が亡くなっているというデータが出て来てるばかりなのに、一方で『ゼロ』ですか?すごい驚いちゃったんですけど」

チェルノブイリ事故の健康被害は『ゼロ』らしい
(。б_б。)ノハイ だったら、安全安心ですね



チェルノブイリ事故との比較 - 東日本大震災への対応 -首相官邸ホームページ-
---全文転載
チェルノブイリ事故との比較

平成23年4月15日

チェルノブイリ事故の健康に対する影響は、20年目にWHO, IAEAなど8つの国際機関と被害を受けた3共和国が合同で発表(注1)し、25年目の今年は国連科学委員会がまとめを発表(注2)した。これらの国際機関の発表と東電福島原発事故を比較する。

原発内で被ばくした方

*チェルノブイリでは、134名の急性放射線障害が確認され、3週間以内に28名が亡くなっている。その後現在までに19名が亡くなっているが、放射線被ばくとの関係は認められない。
*福島では、原発作業者に急性放射線障害はゼロ(注3)。

事故後、清掃作業に従事した方

*チェルノブイリでは、24万人の被ばく線量は平均100ミリシーベルトで、健康に影響はなかった。
*福島では、この部分はまだ該当者なし。

周辺住民

*チェルノブイリでは、高線量汚染地の27万人は50ミリシーベルト以上、低線量汚染地の500万人は10〜20ミリシーベルトの被ばく線量と計算されているが、健康には影響は認められない。例外は小児の甲状腺がんで、汚染された牛乳を無制限に飲用した子供の中で6000人が手術を受け、現在までに15名が亡くなっている。福島の牛乳に関しては、暫定基準300(乳児は100)ベクレル/キログラムを守って、100ベクレル/キログラムを超える牛乳は流通していないので、問題ない。

*福島の周辺住民の現在の被ばく線量は、20ミリシーベルト以下になっているので、放射線の影響は起こらない。

一般論としてIAEAは、「レベル7の放射能漏出があると、広範囲で確率的影響(発がん)のリスクが高まり、確定的影響(身体的障害)も起こり得る」としているが、各論を具体的に検証してみると、上記の通りで福島とチェルノブイリの差異は明らかである。

長瀧 重信   長崎大学名誉教授
         (元(財)放射線影響研究所理事長、国際被ばく医療協会名誉会長)
佐々木 康人 (社)日本アイソトープ協会 常務理事
(前(独) 放射線医学総合研究所 理事長)

---転載終わり

首相官邸も安全安心派のようです。


山下俊一トンデモ発言

3/21 Fukushima City
5/3 Nihonmatsu City

この動画は、福島県のHPで下記のように訂正されています。

------------ ここから
訂正:質疑応答の「100マイクロシーベルト/hを超さなければ健康に影響を及ぼさない」旨の発言は、「10マイクロシーベルト/hを超さなければ」の誤りであり、訂正し-、お詫びを申し上げます。ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ありません。
------------ ここまで 

しかし、その後に続く言葉は、「もう5とか10とか20とかいうレベルで、外に出ていいかどうかということは明確です。」になっています。
「20とかいうレベルで」と言っているので、この訂正ですと意味が通じません。

100μSv/hでも安全安心だそうです。
後に10μSv/hに訂正されたようです。

(〃бOб)ノ コラァ〜 10μSv/h は、危険だろぉぉーー


プルトニウムはそんなに危険ではありません

奈良林教授は東芝、大橋教授は東電の経歴があります。

【奈良林直】
1952年 - 東京都に生まれる。
1972年 - 東京工業大学工学部機械物理工学科入学[1]。
1978年 - 東京工業大学理工学研究科原子核工学修士課程修了。
1978年 - 東芝入社。原子力事業本部原子力技術研究所に配属。
1991年 - 東京工業大学より工学博士の学位授与。
1991年 - 東芝 原子力技術研究所主査就任。
2000年 - 東芝 電力・産業システム技術開発センター主幹就任。
2005年 - 北海道大学大学院工学研究科助教授就任。
2007年 - 北海道大学大学院工学研究科教授就任。

【中川恵一】
1960年 - 東京生まれ
1979年 - 私立暁星高等学校卒業、東京大学教養学部理科III類入学
1985年 - 同医学部放射線医学教室入局
1989年 - スイスPaul Sherrer Institute客員研究員
1993年 - 東京大学医学部附属病院放射線科医員
1996年 - 医学博士
1997年 - 東京大学大学院医学系研究科生体物理医学専攻放射線大講座講師
2002年 - 同講座助教授
2005年 - 東京大学医学部付属病院緩和ケア診療部長(兼任)
2007年 - 同講座准教授

【大橋弘忠】
1952年 - 岐阜県生まれ
1971年 - 岐阜高等学校 卒業
1975年 - 東京大学原子力工学科 卒業
1980年 - 同 博士課程 修了
1980年 - 東京電力株式会社
1986年 - 東京大学助教授
1998年 - 東京大学教授 現在に至る

(∂。∂?)......ン? ホントですか


日本原子力技術協会最高顧問、石川迪夫
20110821_isikawa

プルトニウムは重いから飛ばないらしい
参照:プルトニウムは空を飛ぶ(当たり前ですが)

(*б゛б)ウーン・・・ なんだ、飛ばないのか

@福島市 福島第一原発から60kmくらい離れてますが、危険ですか?

福島市に居ますが、、

夕方にバイト先のコンビニから戻ってみると、停電が回復していました。(バイト先は停電中)
テレビを見て、ビックリ!
福島第一原子力発電所が、凄いことになってますが、、

地図によると、60kmくらい離れています。

これって、危険圏外ですか?
チェルノブイリ事故などの資料を Wikipedia で、ざっと読みましたが30km圏内だと危険そうなのですが、、
風向きとかで変わるの??


にほんブログ村 躁うつ病(双極性障害)
クリックしてね!ランクアップしたいぃ
検索してショッピングしてね☆
Amazon
Twitter:メインアカウントです
Twitter:ももクロ専用
最新コメント
リンク元
訪問者数 グラフ

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    QRコード
    QRコード