いるかちゃんの子どもを守れ。反アベ自公政権

「子どもを守れ」とは、まともな文明国になれという意味です。子どもに20ミリシーベルトが許せなかったのが原点です。脱原発からの政治問題からのプライベートな事も書きます。民主主義と立憲主義を取り戻そう!被曝から子どもを守れ!脱原発!マスコミ、官僚、政治家は、電力原発利権のために国民を欺いています!コストが高く危険な原発を廃炉にしよう!アベ政権の悪行に加担しながら官僚の横暴が復活しています!アメリカ隷属も加速!嘘と詭弁のアベ自公政権を倒そう!選挙に行こう!

日本政府やWHO・IAEA・ICRPは、チェルノブイリでのセシウム健康被害は”ゼロ” だと言っています。
わたし達やECRRは、チェルノブイリでの健康被害の”教訓” を生かすべきだと言っています。
あなたは、どちらを信じますか??

パネル

パネルを建屋・屋根部分に戻し終える 第1原発1号機

問題は来春からの解体ですね



パネルを建屋・屋根部分に戻し終える 第1原発1号機 2014年12月4日
 東京電力は4日、福島第1原発1号機の原子炉建屋カバー上部から、放射性物質の飛散防止剤の効果確認のため取り外していたパネル2枚を元の屋根部分に戻した。10月末から開いていた建屋カバーの屋根が再び閉じた。東電は、4日までに周辺の放射性物質濃度に目立った上昇は確認されていないとしている。

東電は、4日までに周辺の放射性物質濃度に目立った上昇は確認されていない

屋根の一部だけで作業もないですからね。上昇しないっしょ

 東電は、1号機建屋北側での汚染水対策「凍土遮水壁」の工事が終わるのを待って、来年3月にも建屋カバーの本格的な取り壊しを始める。

来年3月にも建屋カバーの本格的な取り壊しを始める

問題は来春からの解体ですね

 屋根は幅7メートル、長さ約42メートルのパネルを6枚並べた構造。中央部の2枚を取り外した後、クレーンにカメラを取り付けてがれきの散乱状況を詳しく撮影した。調査結果は今後取りまとめて公表するとしている。カバー解体後のがれき撤去計画の検討材料にも活用する予定。




20141204_K10037122711_1412041420_1412041444_01
1号機の建屋カバー戻す「有意な変化なし」 12月4日 13時12分
東京電力福島第一原子力発電所1号機で、建屋に散乱しているがれきの撤去作業に向けて、周囲への影響を調べるために試験的に取り外された建屋カバーの一部が、元に戻されました。
東京電力は、周辺の放射線量に有意な変化はなかったとしています。

周辺の放射線量に有意な変化はなかった

福島第一原発1号機では、使用済み燃料プールから核燃料を取り出すため、建屋を覆うカバーを解体して大量のがれきを取り除く計画で、東京電力は、がれきに粉じんの飛散を防ぐ薬剤をまいたうえで、ことし10月末から屋根の一部を試験的に取り外し、放射性物質が飛散しないか確認していました。その結果、これまでのおよそ1か月間、周辺の放射線量などに有意な変化はなかったとしていて、4日、取り外した屋根の一部を再び取り付ける作業を行いました。

福島第一原発1号機では、使用済み燃料プールから核燃料を取り出すため、建屋を覆うカバーを解体して大量のがれきを取り除く計画

今回の試験的なカバー撤去では、がれき飛散のテストになってませんよね

午前7時半ごろから、外されていた2枚の屋根パネルうちの1枚がクレーンでおよそ1時間かけて天井に取り付けられたあと、もう1枚のパネルも正午前に取り付けられ、建屋カバーは解体前の状態に戻されました。
東京電力は、がれきの状況などを分析したうえで来年3月にも本格的なカバーの解体工事を始めたいとしていて、再来年度の前半から、がれきの撤去を行う計画です。

福島原発、2枚目パネル取り外し 鋼材落下事故で延期の1号機

放射性物質が飛散しませんように・・・



20141110_2014111001001074
福島原発、2枚目パネル取り外し 鋼材落下事故で延期の1号機 2014年11月10日 11時12分
 東京電力は10日、福島第1原発1号機の原子炉建屋カバー解体に向けた作業で、放射性物質の飛散防止剤の効果を確認するため、屋根部分から2枚目のパネルを取り外した。8日に取り外す予定だったが、構内の地上タンク建設現場で7日に鋼材が落下、3人が負傷する事故があり、安全確認のため延期していた。

2枚目のパネルを取り外した

8日に取り外す予定だったが、
構内の地上タンク建設現場で7日に鋼材が落下、3人が負傷する事故があり、安全確認のため延期していた

 午前7時15分ごろから大型クレーンでパネルをつり上げると、大きな開口部の下に水素爆発で崩れた建屋のがれきやむき出しになった鉄骨が見えた。東電によると、取り外し後、敷地境界付近の放射線量に変化はないという。1枚目は10月31日に取り外し、飛散防止剤を追加散布していた。

東電によると、取り外し後、敷地境界付近の放射線量に変化はない

1枚目は10月31日に取り外し、飛散防止剤を追加散布していた
クリックしてね!ランクアップしたいぃ
検索してショッピングしてね☆
Amazon
Twitter:メインアカウントです
Twitter:ももクロ専用
最新コメント
リンク元
訪問者数 グラフ

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    QRコード
    QRコード