いるかちゃんの子どもを守れ。反アベ自公政権

「子どもを守れ」とは、まともな文明国になれという意味です。子どもに20ミリシーベルトが許せなかったのが原点です。脱原発からの政治問題からのプライベートな事も書きます。民主主義と立憲主義を取り戻そう!被曝から子どもを守れ!脱原発!マスコミ、官僚、政治家は、電力原発利権のために国民を欺いています!コストが高く危険な原発を廃炉にしよう!アベ政権の悪行に加担しながら官僚の横暴が復活しています!アメリカ隷属も加速!嘘と詭弁のアベ自公政権を倒そう!選挙に行こう!

日本政府やWHO・IAEA・ICRPは、チェルノブイリでのセシウム健康被害は”ゼロ” だと言っています。
わたし達やECRRは、チェルノブイリでの健康被害の”教訓” を生かすべきだと言っています。
あなたは、どちらを信じますか??

ベラルーシ

ベラルーシの学校で放射線測定学習 食品摂取の判断力養う ← 誰でも使えるように放射線測定器を提供するのは、国の責任。それが、国際標準。

2011年11月13日23:35 ICRP Pub.111 的な政府の義務と住民の権利
住民自身で測定できるように、測定施設や技術を用意するのは国の責任です。
日本政府は、責任放棄しています。潰れてしまえ!



【消費】学校で放射線測定学習 食品摂取の判断力養う 2013/08/02 11:31
 ベラルーシ・ゴメリ州ホイニキ地区のストレリチェヴォ中等学校内にある放射線文化センター。室内には放射性物質の検査に使う機器類が並ぶ。子どもたちが「これから食品に含まれる放射性物質を調べます。この機械では5分間で測定できます」と説明し、慣れた手つきで放射性物質の測定装置のスイッチを押した。
 子どもたちは教育現場で測定方法を学び、放射性物質に関する正しい知識を身に付ける。国の「賢い消費者」養成の第一歩だ。
 ベラルーシ、ウクライナに甚大な被害を及ぼしたチェルノブイリ原発事故から27年。ホイニキ地区は立ち入りが制限されている30キロ圏近くに位置し、今も土壌から放射性物質が検出されている。住民が安全な食料を口にするには、自主的に摂取の是非を判断する力が欠かせない、と国は判断。事故後、地区内の学校など6カ所に放射線文化センターを設けた。
 中等学校内のセンターでは、生徒が放課後の補講やクラブ活動などで放射性物質に理解を深める。検査機器の使用方法、国が定めた基準値などを学び、自ら農産物を測定する。住民が持ち込んだ食品を生徒が調べることもある。昨年は140検体を調べ、7%が基準値を超えたという。
 積み重ねた検査データを基に、分析にも取り組む。食品に含まれる放射性セシウムが減少傾向にあることも確認した。地区執行委員会のチェルニャフスカヤ・ジャンナ副委員長は「ここで生きていくため、何を食べるべきかを子どもの時から学ぶ必要がある」と意義を強調する。

日本では、自分で測定する環境もありませんね。

 ホイニキ地区には広大な農地が広がる。市場に流通する農産物は国の検査場で厳しいチェックを受けるが、自家消費野菜などは住民が自ら安全性を判断する必要がある。
 「事故当初は情報が得られず怖かった。でも今は、どの作物なら安心して食べられるか知っている」。地区内で開かれた住民と派遣団員の意見交換会。子どものうちから放射性物質や健康管理の対策を学んできた住民の言葉に、この土地で暮らすことへの自信がにじむ。
 東京電力福島第一原発事故で被災した本県は、住民の自家消費野菜を検査する測定機器を全市町村の公共施設などに配備した。持ち込まれた農産物を職員が測定している。
 平成24年度は約20万件を調べた。小中学校や高校では放射線教育が行われている。ただ効果的な教育手法、自ら測定し安全性を確認する能力の育成などについては、手探りが続く。
 派遣団長の佐藤俊市郎市教育長(64)は「福島の放射線教育は始まったばかり。実践的で充実した取り組みに向けて検討を続けなければならない」と語る。(本社報道部・鈴木仁)

2年も経ってるのに『始まったばかり』とか、、危機感ナッシング

※ウクライナ
 旧ソ連崩壊に伴い1991年に独立した。ロシア、ベラルーシなどと隣接している。首都はキエフ。国土面積は60万3700平方キロで、日本の約1・6倍。人口は約4500万人。主要産業は鉱工業、農林水産業、建設業など。1986年に発生したチェルノブイリ原発事故で農地などが被害を受けた。


20130803_20130802belarus2
続きを読む

ベラルーシと原発被害の情報共有協定締結 : ウラジーミル・バベンコ氏(ベルラド放射能安全研究所副所長) 「我々の最大の敵は保健省だった」

バベンコ ベルラド放射能安全研究所副所長 2011.10.12

アップロード日: 2011/10/12
ウラジーミル・バベンコ ベルラド放射能安全研究所副所長 
ULADZIMIR BABENKA, Deputy-Director, BELRAD Institute
...
記者による会見リポート(日本記者クラブ会報2011年11月号に掲載)

日本の食品暫定規制値に疑問呈す

 チェルノブイリ原発事故はウクライナで起きた。しかし、実際は風向きの加減で、国境を越え、北のベラルーシにも被害をもたらした。その放射線汚染と戦っている民間組織が「-ベルラド放射能安全研究所」だ。そして、バベンコ副所長の話から伝わってくるのは、国家への強烈な不信感だった。「我々の最大の敵は保健省だった」と、糾弾して止まない。
 事故当時、ゴルバチョフ・ソ連政権は事実の公表を遅らせ、内容も隠し続けた。それは社会主義国家の威信に関わる問題だった。しかし、バベンコ副所長の説明では、ソ連崩壊後-も国家は適切な対応をしてこなかった。政府は人命よりも社会利害関係を重視し、常に、官僚主義の保身に走った。聞いていると、一体、国家はどこまで人々を守るのかとの根源-的な問いにぶつかる。
 そして、バベンコ副所長は、控え目ながら、福島原発事故後に発表された日本の食品暫定規制値にも疑問を呈した。ベラルーシでは食品ごとに、細かな数値が出されているが、日-本では大雑把に二つの数値しかない。日本は「まだ発展途上にあるのだろう」と、皮肉な感想を述べた。
 では、信頼できない国家に、どう対応するのか。バベンコ副所長の答えは「自分のことは自分で守る」ことだという。推奨するのが、各地の学校に、放射能汚染調査クラブを作る-。子どもたちが課外活動を通じ、自分の地域のどこかが汚染され、どの程度食品が汚染されているのか、きちんと調べる。汚染の概要が分かり、放射能への理解が若い世代に養わ-れていく。
 国家は常に「問題はない」と言い続けるが、我々は「問題はあるが、解決はできる」との態度が重要だ。日常の対策こそがもっとも大切と力説した。そんなに国家不信の感情を抱-いていいのかとの疑問はあった。それでも、現場体験からの言葉には、十分な説得力があった。
 毎日新聞出身 石郷岡 建






20121216_genba
ベラルーシと原発被害の情報共有協定締結 12月15日 14時10分
去年3月の東京電力福島第一原子力発電所の事故と、1986年に起きたチェルノブイリ原発の事故の教訓を共有しようと、日本とベラルーシの両政府は、放射性物質による健康被害などの情報を共有するための協定を締結しました。

協定の締結は、福島県郡山市で開かれている原子力の安全性に関する国際会議の場を利用して行われ、玄葉外務大臣とベラルーシのバシチェンコ非常事態相が、それぞれ署名した協定書を取り交わしました。

続きを読む

【ICRP・CEPN 推奨】ベラルーシのエートス・プロジェクト 中心人物は、ジャック・ロシャール氏 日本人に例えれば、重松逸造とか山下俊一みたいな人かなあ

(;б。б)ゞ ゴメンネェ...ネットを休んでいる間の「エートス騒動」を知りませんでした^^;;ちょこっと、調べてみた。



ETHOS IN FUKUSHIMA: エートスって何?より抜粋:
ジャック=ロシャールさんについて
CEPN=Centre d’e ́tude sur l’Evaluation de la Protection dans le domaine Nucle ́aire (放射線影響研究所)理事。ICRP=International Commission on Radiological Protection(国際放射線防護委員会)のメンバー。20年近くICRPにかかわる。フランス人。 1996年からチェルノブイリ事故後のベラルーシでETHOS活動を始めた。

ICRP ヽ(б◇б)ノ エーーー 原子力を国際的に推進する委員会に所属
CEPN ヽ(б0бヽ)Ξ(/б0б)/ えー 国際原子力産業がスポンサーの組織に所属

はい、終了でも良いのですが、もう少し。



その前に、参考マンガ:
20121022_manga1

20121022_manga2



所属組織だけで判断するのも何なので、
低線量被ばくのリスク管理に関するワーキンググループ - 内閣官房
(2011/11/28開催) 第5回低線量被ばくのリスク管理に関するワーキンググループ - 政府インターネットテレビ
を視聴してください。

前半:ICRPと事故後の(放射線)防護に関する提言(クリストファー・クレメント 国際放射線防護委員会(ICRP)科学事務局長)
後半:原子力事故後の生活環境の復旧―チェルノブイリ事故からの教訓(ジャック・ロシャール 国際放射線防護委員会(ICRP)主委員会委員)


視聴後のわたしの感想:
ICRPはダメだけど、政府はさらにダメダメダメという事を思い出した。(前半の感想)
ETHOSって、ICRP (Pub.111)の参考にされている感じ。(後半の感想)



尚、「福島のエートス」との直接的な関連は不明です。たぶん、無いと思う。間接的な関連は有るようです。続きを読む

農地の除染に懐疑的 ベラルーシの研究所

(*б。б)(*_ _)ウン♪


2011/11/03 16:22:17
あのぉー、ツイッターで聞いてもらえば、お答えしたのにねぇー : 【放射能漏れ】農地の除染に懐疑的 ベラルーシの研究所 - MSN産経ニュース http://t.co/356n7Shd #save_fukushima #genpatsu #hibaku



【放射能漏れ】農地の除染に懐疑的 ベラルーシの研究所 - MSN産経ニュース
---全文転載
農地の除染に懐疑的 ベラルーシの研究所
2011.11.3 16:09

 福島県のチェルノブイリ原発事故調査団は2日午後、ベラルーシの国立放射線学研究所を訪れ、農業の現状について意見交換した。同研究所のアベリン所長は「農地の表土を削って除染すると、土地の肥沃度が下がってしまい農地として使えなくなる」と述べ、東京電力福島第1原発事故で汚染された農地の除染に懐疑的な考えを示した。

 チェルノブイリ原発があるウクライナの隣国で、深刻な被害が及んだベラルーシでの除染について、アベリン所長は「幼稚園や学校など人が集まる場所では実施したが、農地ではやらなかった」と紹介。

 その上で「農地を死なせず、内部被ばくを防ぐことが重要で、高濃度の汚染地域では食料とはしない作物を作付けすることが大事だ」と強調した。

 調査団長の清水修二福島大副学長は意見交換を終え「われわれがこれからやらなければならないことについて明確で具体的なヒントが得られた」と話した。(共同)
---転載終わり


福島のチェルノブイリ調査団 11月2日放送

#nhk 【録画を発見】 NHKスペシャル|汚された大地で〜チェルノブイリ 20年後の真実〜

追記:9/23 消されているので入れ替えました

NHK スペシャル - 汚された大地で 〜チェルノブイリ 20年後の真実


NHK スペシャル - 汚された大地で 〜チェルノブイリ 20年後の真実



---全文転載
2006年4月16日(日) 午後9時〜9時49分
総合テレビ
汚された大地で
〜チェルノブイリ 20年後の真実〜

史上最悪の原発事故からこの4月で20年、人々の苦しみは続いている。というよりむしろ悪化している。ウクライナにある、放射線を浴びた人々が集まって暮らすアパートでは、がんなどの重病患者が増加、毎週のように死者が出ている。さらに大量の放射性物質がまき散らされたベラルーシでは、ヒロシマ・ナガサキでは否定された「遺伝的影響」が報告された。

一方、20年の節目にIAEA(国際原子力機関)などからなる委員会がまとめた報告書によれば、事故で放出された放射線を浴びたことによる死者は全部で60人足らず。健康被害の多くを、「被曝の影響とは言えない」として退けた。患者の支援者などからは「問題の幕引きをはかる過小評価」と批判されている。

「いまだわからないことばかり」とも言われる放射線の人体への影響。広島の医師や研究者も加わって、暗中模索の事実解明、因果関係の究明が続けられている。

最新の動きを追う中で、「汚された大地」で本当は何が起きているのか明らかにしていく。

・原発事故 ・遺伝的影響 ・IAEA(国際原子力機関) ・ベラルーシ ・汚された大地

---転載終わり
クリックしてね!ランクアップしたいぃ
検索してショッピングしてね☆
Amazon
Twitter:メインアカウントです
Twitter:ももクロ専用
最新コメント
リンク元
訪問者数 グラフ

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    QRコード
    QRコード