いるかちゃんの子どもを守れ。反アベ自公政権

「子どもを守れ」とは、まともな文明国になれという意味です。子どもに20ミリシーベルトが許せなかったのが原点です。脱原発からの政治問題からのプライベートな事も書きます。民主主義と立憲主義を取り戻そう!被曝から子どもを守れ!脱原発!マスコミ、官僚、政治家は、電力原発利権のために国民を欺いています!コストが高く危険な原発を廃炉にしよう!アベ政権の悪行に加担しながら官僚の横暴が復活しています!アメリカ隷属も加速!嘘と詭弁のアベ自公政権を倒そう!選挙に行こう!

日本政府やWHO・IAEA・ICRPは、チェルノブイリでのセシウム健康被害は”ゼロ” だと言っています。
わたし達やECRRは、チェルノブイリでの健康被害の”教訓” を生かすべきだと言っています。
あなたは、どちらを信じますか??

事実上

事実上の東電救済 : 自民党の東日本大震災復興加速化本部がまとめた第3次提言案


原発汚染水で東電分社化 自民が復興3次提言 2013年10月30日 02時00分
 自民党の東日本大震災復興加速化本部がまとめた第3次提言案の全容が29日、判明した。東京電力福島第1原発の廃炉や汚染水対策を担う組織を明確にするため、東電の分社化や一部組織の独立行政法人化の検討を明記した。原発事故に伴う避難指示が6年を超える被災者への追加賠償について年内に方向性を示すよう要請したほか、除染作業や福島県内の廃棄物を保管する中間貯蔵施設の建設・管理に国費投入を求めた。

東電の分社化や一部組織の独立行政法人化の検討

除染作業や福島県内の廃棄物を保管する中間貯蔵施設の建設・管理に国費投入

筋が通っていません。東電を法的破綻処理をしてから国の責任で賠償や廃炉すべきです。

 東電分社化や、国の関与強化によって原発事故対応の体制を立て直し、被災者の早期帰還と賠償充実につなげる狙い。




東電分社化を提言へ 自民、汚染水対策担う組織明確化 '13/10/30
 自民党の東日本大震災復興加速化本部がまとめた第3次提言案の全容が29日、判明した。東京電力福島第1原発の廃炉や汚染水対策を担う組織を明確にするため、東電の分社化や一部組織の独立行政法人化の検討を明記した。原発事故に伴う避難指示が6年を超える被災者への追加賠償について年内に方向性を示すよう要請したほか、除染作業や福島県内の廃棄物を保管する中間貯蔵施設の建設・管理に国費投入を求めた。

東電の分社化や一部組織の独立行政法人化の検討
除染作業や福島県内の廃棄物を保管する中間貯蔵施設の建設・管理に国費投入

 東電分社化や、国の関与強化によって原発事故対応の体制を立て直し、被災者の早期帰還と賠償充実につなげる狙い。近く党内了承手続きに入り、安倍晋三首相に来月提出する。党復興加速化本部は関係省庁と事前調整しており、政府はいずれも前向きに検討する見通しだ。ただ、国の財政負担が膨らむことへの懸念や反発は避けられず、事実上の東電救済に当たるとの批判も出そうだ。

国の財政負担が膨らむことへの懸念や反発
事実上の東電救済に当たるとの批判も出そう

前者は、国の責任ですから当然です。後者は、東電の責任ですから法的破綻処理すべきです。

 提言案は廃炉と汚染水対策を担う東電の実施体制に関し(1)社内分社化(2)完全分社化(3)一部組織の独立行政法人化―を選択肢として提示した。国の事務局機能強化の必要性も指摘した。

(1)社内分社化
(2)完全分社化
(3)一部組織の独立行政法人化

 被災者への追加賠償をめぐっては避難指示から6年を超える場合の方針が決まっていない現状を考慮。個人や世帯が受け取ることができる賠償総額の見通しを早期に示すよう要求した。民法の規定で3年とされる原子力損害賠償の時効問題については停止や延長を検討すべきだと強調した。

民法の規定で3年とされる原子力損害賠償の時効問題については停止や延長を検討すべき

時効問題は、ぜひ解決してください。

 除染に関し、帰還可能な地域を優先するためインフラ復旧と整合性を取って実施するよう求めた。定住環境の整備に向け、公共事業的観点からの検討も促した。

 懸案となっている中間貯蔵施設は「費用の確保を含めて国が万全を期すよう検討する」と掲げた。その際に復興財源でなくエネルギー関連財源で賄うことも盛り込んだ。

 党復興加速化本部の大島理森本部長らは29日午後、党本部に集まり提言案を了承した。公明党との協議も進めている。





20131030_K10056578511_1310300201_1310300209_01
東電の経常黒字 1100億円超 10月29日 20時53分
東京電力はことし9月までの中間決算で、福島第一原子力発電所の事故以降、半期として初めて経常黒字となり、黒字額は1100億円を超えることが分かりました。

関係者によりますと、東京電力はことし4月から9月までの半年間の中間決算で、経常損益が1100億円を超える黒字となることが分かりました。
半期の黒字はおととしの福島第一原発の事故以降、初めてで、3年ぶりです。

4月から9月までの半年間の中間決算で、経常損益が1100億円を超える黒字

儲かってますね

半期の黒字はおととしの福島第一原発の事故以降、初めてで、3年ぶりです。
これは、ことしの夏の猛暑で電力販売量が増加したことや、去年9月の家庭向けなどの電気料金の値上げによって売上が増えたこと、それに、発電所や送電設備などの修繕を先送りすることでコストを大幅に削減したためです。

発電所や送電設備などの修繕を先送り

これは、リスクが大きいと思います。コストを削減する分野が違っています。

東京電力は、コスト削減によって通期でも経常黒字を確保したいとしています。
ただ、経営立て直しのカギを握る柏崎刈羽原子力発電所の運転再開の見通しが立たないうえに、巨額の賠償や廃炉それに汚染水対策の費用がかかってくることから、厳しい経営状況が続くことになります。


法的破綻処理をしましょう続きを読む

電気事業連合会 発送電分離に事実上のNO!協力表明から一転反対に : 自民党と仲良しだから強気なのかなあ

20130121_dennjiren
発送電分離に事実上のNO!協力表明から一転反対に(01/21 17:20)魚拓
 協力から一転、大手電力会社が反対を表明しました。

 電力システム改革の中核となる発送電分離と小売り全面自由化について、大手電力会社で作る電気事業連合会は21日に提出の意見書で、去年7月の協力表明から一転、事実上の「NO」を突きつけました。原発の再稼働の遅れから経営環境が悪化し、将来のエネルギー政策も不透明なうえ、巨額の追加コストが発生するなどの理由から、発送電分離には「十分な検討が必要」としています。また、小売りの全面自由化についても、開始時期を含めた判断が必要だとしています。

自民党の政権公約には、発送電分離は入っていません。
自民党も電事連などが大切なのでしょうね。資金提供や選挙協力を得られる可能性がありますから。

有権者の選択通りの展開です。σ(б。б) には、理解不能ですが、、



一方、通産省
発送電分社化で一致=電力改革で経産省専門委 2013/01/21-22:40
 経済産業省は21日、政権交代後初の電力システム改革専門委員会(委員長・伊藤元重東大大学院教授)を開き、焦点となっていた発送電分離の具体的な方式として、電力会社の送配電部門を分社化する「法的分離」案の採用で大筋一致した。
 専門委は次回会合で分離の実施スケジュールを含めた議論を行い、2月中にも電力改革の報告書をとりまとめる方針だ。
 専門委は昨年7月に発送電分離の推進方針を決め、電力会社の送配電部門を分社化する「法的分離」と、送配電網を中立機関が運用する「機能分離」の2案を検討してきたが、「法的分離」がより分離を明確化できるとする意見が多数を占めた。(2013/01/21-22:40)

これも、潰されますね。

自民党政権ですから、官僚と協力して骨抜きにするのは必至。
続きを読む
クリックしてね!ランクアップしたいぃ
検索してショッピングしてね☆
Amazon
Twitter:メインアカウントです
Twitter:ももクロ専用
最新コメント
リンク元
訪問者数 グラフ

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    QRコード
    QRコード