いるかちゃん。自由と民主主義を実現したいから政権交代

自由でも民主的でもない自民党にNO!利権政治を終わらせよう!
岸田内閣は、予算委員会も開かずに解散しました。議論を否定する民主主義に対する挑戦です。質問に答えないで長々を話すのは自民党の伝統ですが、質問に答えて頂きたい。
岸田政権は、説明しないアベスガ政治の継続ばかりではなく更に劣化しています。

仮の町

おお、これは良いニュース(だと思う) : 原発避難「仮の町」国が全額負担 13年度予算に計上へ




原発避難「仮の町」国が全額負担 13年度予算に計上へ 2013/01/10 02:00
 政府は9日、東京電力福島第1原発事故の避難者が放射線量の低い地域に集団移転する「仮の町」づくりの費用を全額国負担とする方針を固めた。2013年度予算案に災害公営住宅や介護施設の建設を支援する「生活拠点形成交付金」を盛り込む。数百億円規模とみられる。福島復興再生特別措置法の改正案を通常国会に提出する。

 仮の町を検討しているのは、全町避難の大熊、双葉、富岡、浪江の4町。改正案によると、福島県と4町、受け入れる市町村が共同で事業計画をつくって復興庁に提出、交付金を受ける仕組みを設ける。受け入れ先には福島県いわき市などが挙がっているが、県外も認める方向だ。

「県外も認める」という部分を削らないでほしいですね。
おそらく、人口流出を止めたい佐藤雄平知事の妨害が入ると思われます。安倍内閣に期待 (*бб*)ノガンバレ〜



「仮の町」構想は、双葉町の井戸川町長が強く主張してきました。
町議会からの不信任が可決されて、町議会を解散。町議会選挙が行われます。


福島・双葉町で議会解散 町政停滞、復興に遅れ懸念 2013.1.4 08:37 (3/4ページ)
 井戸川町長には「放射線量が比較的高い福島県内には戻れない」という根本的な思いがあるとみられる。県外に避難する町民には東電や政府の情報を信用せず「県内は危険」と考える人がいることも事実だ。

町長側は、除染しても戻れないから「仮の町」をつくって、コミュニティを守りたい。

 一方で、町民の約半数は福島県内に住むが、町民には「双葉だけが県外に逃げ続け、除染の協議も足並みを乱している」との思いが根深くある。議会はこうした町民の声をよりどころに「町長辞任こそ民意」と主張する。

議会側は、除染を進めて帰還を目指したい。



「復興への道(案)」に関するパブリックコメント(アンケート方式)集計結果について |復興・まちづくり関連| 双葉町公式ホームページ臨時サイト(災害版) 平成24年1月(1年前に実施)
20130110_f08

20130110_f09




双葉町帰還「30年後」 町長、暫定目標示す 2013年01月05日土曜日
 東京電力福島第1原発事故で役場機能を埼玉県加須市に移している福島県双葉町の井戸川克隆町長は4日、仕事始めの訓示で「一日も早い古里への帰還を目指す」とした上で「目標を暫定的に30年後とする」との方針を示した。

そうですねぇ。
何年後かを言わない訳にはいかないですから、「暫定的に30年後」なのでしょう。
続きを読む

双葉町 「仮の町」構想 新年度から検討会議


井戸川町長:
「双葉町に帰れるまでの間、もう一度、住民が一緒に生活できる環境を用意したい」

参加者:
「子どもたちのために1日も早く作ってほしい」
「場所や実現の時期を早く示してほしい」
「仮の町を作ったとしても仕事があるのか」



双葉町長“仮の町”で一緒に生活を
---ここから
双葉町長“仮の町”で一緒に生活を
2月26日 7時49分

原発事故のあと茨城県つくば市で避難生活を送っている福島県双葉町の住民の下を、25日、双葉町の町長が訪れ、各地で生活している双葉町の住民が一緒に生活できる「仮の町」とも言える地域を作る構想を提案しました。

この話し合いは、原発事故のあと全域が警戒区域に指定された双葉町の井戸川克隆町長が、茨城県や埼玉県などで避難生活を送っている町民の意見や要望を聞こうと開きました。
つくば市並木の集会場で開かれた話し合いには、双葉町の住民30人余りが参加しました。
この中で井戸川町長は、「双葉町に帰れるまでの間、もう一度、住民が一緒に生活できる環境を用意したい」と述べ、茨城県や埼玉県などに避難している住民が1つの場所で生活できる「仮の町」とも言える地域を作る構想を提案しました。
参加者からは、「子どもたちのために1日も早く作ってほしい」とか「場所や実現の時期を早く示してほしい」といった声や、「仮の町を作ったとしても仕事があるのか」といった意見も出されました。
井戸川町長は、町民の意向を聞きながら場所や時期を決めたいとして、新年度=平成24年度から検討会議を立ち上げる方針を示しました。
---ここまで


東日本大震災:福島・双葉町長、つくばで町政懇 「仮の町」質問相次ぐ /茨城
---ここから
東日本大震災:福島・双葉町長、つくばで町政懇 「仮の町」質問相次ぐ /茨城

 ◇「新年度に検討会」
 東京電力福島第1原発事故で警戒区域に指定され、町民が分散した福島県双葉町の井戸川克隆町長が25日、つくば市を訪れ、市内で暮らす町民と初めての「町政懇談会」を開いた。井戸川町長は当面の集団移転先となる「仮の町」を検討中だが、町民から具体的な場所や時期について質問が相次いだ。

 双葉町民は県内に320人が避難。つくばには空き公務員官舎が多く、約140人が住み、昨年12月には町役場つくば連絡所が開設された。懇談会は並木2丁目住宅集会所で開かれ、約30人が参加。井戸川町長は「仮の町」について「皆さんにほっとしてもらえるところ。仮でも便利なところがいい。新年度に検討会を開きたい」と述べた。

 参加した女性が「仮の町ができたら、再び引っ越さなくてはならない。子どもの教育を考えると早く本拠地を作ってもらいたい」と訴えると、井戸川町長は「子どもたちのために頑張る」と答えた。

 懇談会後、参加者の中村富美子さん(70)は「つくばに『仮の町』を作ってほしい。空き公務員宿舎が多いから、一から町作りをする必要もない。人数がもっと集まれば、町長の気持ちも変わるのでは」と話した。

 井戸川町長は報道陣に「つくばは環境が良く、良くしてもらっている。福島県内に住む皆さんと話題が違う。ここに覚悟を持って来られている方が多いから、未来の話が多かった」と語った。同町は人口約7000人。町は町民が暮らす各地で懇談会を開いている。【山内真弓】
---ここまで
クリックして投票してくださいね!


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
  
  
Amazonプライムビデオ
検索してショッピングしてね☆
Amazon
Twitter:メインアカウントです
Amazonチャージ
リンク元
訪問者数 グラフ

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    QRコード
    QRコード