1キログラム当たり100ベクレルから500ベクレル以下の放射性物質が検出された地域
条件:
市町村が計画を立てて水田の除染を行う
すべてのコメ袋の検査を行う態勢を確立する



6市町コメ作付け方向で検討
---ここから
6市町コメ作付け方向で検討
2月29日 5時11分

ことしのコメの作付けを巡り、1キログラム当たり100ベクレルから500ベクレル以下の放射性物質が検出された地域でも、農林水産省が市町村の判断で作付けを一部認める方針を示したことについて、対象となる福島県内の7つの自治体のうち6つの市と町が作付けを行う方向で検討していることが分かりました。

ことしのコメの作付けについて、農林水産省は28日、去年のコメから1キログラム当たり100ベクレルから500ベクレル以下の放射性物質が検出された地域では、市町村が計画を立てて水田の除染を行い、さらにすべてのコメ袋の検査を行う態勢を確立すれば、作付けを一部認める方針を示しました。
市町村の判断の対象となるのは、福島県内の福島市など7つの市と町の27の地域で、NHKが各自治体に取材したところ、相馬市を除く6つの市と町は一部またはすべての地域で作付けを行いたいとしているほか、相馬市も地域の意向を確認したうえで作付けを検討する方針であることが分かりました。
これらの自治体では、除染や検査の計画を作ることになりますが、今後は、水田の除染をどう進めるのかや、コメの検査態勢をどのように整えるかなど課題が多く残されています。

課題は検査態勢の強化

農林水産省が発表したことしのコメの作付け方針で、1キログラム当たり100ベクレルを超える放射性物質が検出された地域でも、基準を超えるコメが流通しないことを条件に作付けを一部認めたことで、こうした地域では、今後、出荷前の検査態勢の強化が課題となっています。
農林水産省は、ことしのコメの作付け方針として、去年の検査でコメ1キログラム当たりの放射性物質が100ベクレルを超え500ベクレル以下の地域については、作付制限を基本とする一方、条件付きで作付けを一部、認めることを発表しました。
こうした地域での作付けには、一般食品の新たな基準となる1キログラム当たり100ベクレルを超えるコメが出回らないようにすることが条件となり、全袋検査など出荷前の検査態勢の強化が求められます。
農林水産省によりますと、今回、条件付きで作付けが認められる地域では、少なくとも1万5000トンが生産され、30キロ入りのコメ袋ではおよそ50万袋に上るということです。
大量のコメを検査するため、農林水産省や福島県は、短時間で検査できるベルトコンベヤー式の新たな検査機器の導入などを検討していますが、開発は完了しておらず、また、従来の方法で検査した場合でも、機器の不足で検査にかなりの日数が見込まれ、出荷に遅れが出かねないということです。
このため、農林水産省は、福島県の検査機器の増強などの支援を早急に検討することにしており、食の安全の確保に向けて検査態勢の強化が課題となっています。
---ここまで


福島・100ベクレル超作付け容認 県産米復権へ自治体歓迎
---ここから
福島・100ベクレル超作付け容認 県産米復権へ自治体歓迎

 昨年産の水稲玄米から食品の新基準(1キログラム当たり100ベクレル)を上回る放射性セシウムが検出された地域の作付けが28日、除染や検査徹底を条件に、一定の範囲で認められた。自治体は歓迎するが流通サイドには信頼回復に厳しい見方もある。

 「地域の声が一定程度受け入れられた」と歓迎したのは佐藤雄平福島県知事。記者会見で鈴木義仁農林水産部長は「昨年産米の(放射能検査に際しての)反省を踏まえ、安全なコメだけを出荷する態勢を『出口』でしっかり築きたい」と強調した。
 昨年産米について県は、収穫期検査で全て暫定基準値(1キログラム当たり500ベクレル)以下だったとして、10月にいったん「安全宣言」を出したが、翌11月に農家の自主検査で基準値超えが発覚。県産米のイメージが傷付いた。
 県が訴える「出口」はコメ出荷時に全ての袋の放射線量を測定する「全袋検査」。県の新年度予算の重要事業で、県農協五連の庄条徳一会長は「国と県は責任を持って、確実に(全袋検査を)実現してもらいたい」と念押しする。
 局地的に空間線量が高い特定避難勧奨地点が市内に5地区ある伊達市の仁志田昇司市長は「消費者は100ベクレル未満ならいいというわけではない。検出されないコメでなければ安心できない」と指摘。今後、農家の営農意欲と消費者の信頼回復に向け、徹底した土壌改良などを進める。
 行政や農協組織の取り組みで、県産米の復権が進められることになるが、以前のように売れるかどうかは不透明。
 コープふくしま(福島市)農産グループの二瓶洋一課長(48)は「地元農家を応援したい気持ちはあるが、県産米を絶対に買わない人も多い。しっかりした検査と説明で行政が信頼を回復しなければ、100ベクレル超え地域のコメの販売は難しい」との見通しも示す。
 宮城県内で11年産米の検出値が新基準値を超えたのは、白石市の旧越河村の1地点(101.6ベクレル)。県は作付け制限を行わない方針を打ち出しており、農水省の方針を受けて近く市と協議し、地域の全袋調査の実施が可能かどうか検討する。実施する場合、対象範囲なども話し合う予定。

2012年02月29日水曜日
---ここまで


全袋調査でコメ作付け可能=福島、100ベクレル超でも−農水省
---ここから
全袋調査でコメ作付け可能=福島、100ベクレル超でも−農水省

 農林水産省は28日、福島県産米から国の暫定規制値(1キロ当たり500ベクレル)を超える放射性セシウムが相次いで検出された問題を受け、2012年産米の作付けに関する方針を発表した。焦点となっていた100ベクレル超500ベクレル以下のセシウムが検出された地域は、収穫後の全袋調査など一定の条件を満たせば作付けを認めることにした。
 対象となる地域の11年生産量は約3万トンで、福島県のコメ生産全体のほぼ1割に当たる。
 鹿野道彦農水相は記者団に対し「食の安全を確保することを最優先とした」と述べ、消費者の不安の払拭(ふっしょく)を重視する姿勢を強調。その上で、福島県の農家のコメづくりに対する強い意欲も考慮して方針を決めたと説明した。(2012/02/28-19:42)
---ここまで