いるかちゃんの子どもを守れ。反自公政権

「子どもを守れ」とは、まともな文明国になれという意味です。子どもに20ミリシーベルトが許せなかったのが原点です。脱原発からの政治問題からのプライベートな事も書きます。被曝から子どもを守れ!脱原発!マスコミ、官僚、政治家は、電力原発利権のために国民を欺いています!電力自由化と発送電分離で、コストが高く危険な原発を廃炉にしよう!マスコミの偏った情報を鵜呑みにしないで公平な情報を収集しよう!アメリカのポチのアベ自公政権に鉄槌を下そう!民主主義と立憲主義を取り戻そう!選挙に行こう!

日本政府やWHO・IAEA・ICRPは、チェルノブイリでのセシウム健康被害は”ゼロ” だと言っています。
わたし達やECRRは、チェルノブイリでの健康被害の”教訓” を生かすべきだと言っています。
あなたは、どちらを信じますか??

再生可能エネルギー

再生可能エネルギーと水素社会の相性が良さそうなので、「水素」で自分のツイートを検索してみた

インターネットで検索しろという話もあるかもだけどww
リンク切れ多いけどww


















[PR : T-fal 電気ケトル 「ジャスティン プラス」 シンプルモデル スカイブルー 1.2L お湯がすぐ沸く!便利だよ]

環境省が試算 2030年に国内の総発電量に占める再生可能エネルギーの比率が、最大で約35% : 15年後だぞ。過半数はいけるだろ

↑さっきより弱気ないるかちゃん(笑)





30年に総発電量の35%=再生エネ導入で試算−環境省 2015/04/03-17:47
 環境省は3日、2030年に国内の総発電量に占める再生可能エネルギーの比率が、最大で約35%に達するとの試算をまとめた。経済産業省は30年の最適な電源構成(ベストミックス)を議論する有識者会議で2割超とする試算を示している。環境省は試算を踏まえ、再生エネルギー導入量の上積みを求める考えだ。

環境省 2030年に国内の総発電量に占める再生可能エネルギーの比率が、最大で約35%
経済産業省 2030年の最適な電源構成(ベストミックス)を議論する有識者会議で2割超とする試算

環境省のほうが実現値に近いでしょうね。
経済産業省は、再生可能エネルギー買い取り拒否のような露骨な抑制でもする積もりかもね。

 試算は同省が三菱総合研究所に委託した。再生エネルギー導入に向けた対策の推進度合いに応じ3パターンで電力量を推計。電力を広域で調整する仕組みを採用するなど最大限の対策を講じた場合、再生エネルギーは3566億キロワット時に達し、総発電量を現状並みの約1兆キロワット時と想定すると、全体の約35%を占める。内訳は、太陽光1280億キロワット時、風力646億キロワット時など。




再生エネ:最大35%拡大可能…発電シェア、環境省が試算 2015年04月03日 20時00分
 環境省は3日、2030年の再生可能エネルギーによる発電電力量の割合は24〜35%まで拡大可能だとする試算を公表した。原発や火力を含む将来の電源構成(エネルギーミックス)を検討している経済産業省の有識者委員会は、エネルギー基本計画が目標に掲げる「2割を上回る水準」からどこまで上積みできるかを模索しており、影響を与えそうだ。

環境省
2030年の再生可能エネルギーによる発電電力量の割合は24〜35%まで拡大可能だとする試算

経済産業省の有識者委員会
エネルギー基本計画が目標に掲げる「2割を上回る水準」からどこまで上積みできるかを模索

通産省の有識者会議って知識のない人の集まりでしょ。2割とか少なすぎるから〜

 試算は環境省が三菱総合研究所に委託してまとめた。当初は6月ごろに公表する予定だったが、早ければ4月中の取りまとめを予定している電源構成の検討に間に合うよう、早期の公表を求める声が与野党から出ていた。

公表を早めたのか

 13年度の国内総発電量9397億キロワット時のうち、再生エネの発電割合は水力を含め10.7%にとどまっている。試算では、電力を全国3地域で広域融通できるように送電線を増強したり、蓄電池を普及させたりするなど最大限の対策を取った場合、30年に3566億キロワット時まで導入可能と見込んだ。一方、こうした新たな対策を取らない場合でも2414億キロワット時に達すると推計。電力需要を1兆キロワット時と想定すると、最低でも24%は導入できる計算だ。

15年後でしょ?
蓄電池というのが理解できないんだよね。水素と燃料電池のほうが効率的じゃないの?

 再生エネの拡大で買い取りに伴う国民負担額は、年間1兆7847億〜2兆5583億円に膨らむと推計した。しかしその一方で、設備投資や工事などで年平均1兆1000億〜2兆3000億円の経済波及効果と、同9万3000〜18万7000人の雇用創出を見込んだ。

 さらに、化石燃料の輸入が減ることで30年までに計15兆〜29兆円の資金の海外流出を防げると試算。二酸化炭素排出量も年間8606万〜1億7280万トン減り、1990年比で10%前後削減できると推計した。

再生可能エネルギーの経済効果は大きいですね。
成長産業です。技術革新が期待できます。将来の発電コストは下がります。

経済成長の柱にしない安倍政権の経済音痴が悲しくなるわ。

失われた◯◯年は続く

原子力の経済効果は小さい。
衰退産業です。技術革新が期待できません。将来の発電コストは上がります。

 環境省の担当者は「再生エネの導入ポテンシャルは大きい。ただし、送電線増強のコスト負担など政策課題も大きい」と話している。【阿部周一】




関連ブログ記事:
2015年03月30日17:05 エネルギーミックス : ベースロード電源の比率 60%程度にまで戻す方針 : 原子力は安定して発電できないし、発電コストも高い。



[PR : T-fal 電気ケトル 「ジャスティン プラス」 シンプルモデル スカイブルー 1.2L お湯がすぐ沸く!便利だよ]

再生可能エネルギーの買い取りをできない電力会社は潰せ!国策だぞ!対処する時間もあった

再生可能エネルギーを買い取り義務があるのだから買い取るのが当然でしょ
対処する時間もあったのに買い取れない電力会社は潰せ!当たり前じゃん

そもそも、再生可能エネルギーの比率を上げてくのは、民主党政権でも自民党政権でも国策です。
国民をなめんなよ!電力会社

電力が足りないのではなく余っていることが明らかになりつつある。日本は再生可能エネルギーが豊富です。

でね。
送電網が不安定になるなら買い取った電力を破棄してしまえばよいだけです。
放電とかできないの?できるでしょ?緊急避難的には仕方ないでしょ

買い取るのは義務ですから、買い取ってから電力会社が考えてください。
送電網を整備するのが正常な対応ですのでやってください。やってできないことはない。
揚水ダムに水を上げることができるはずです。原発を持っている電力会社ならやってたことでしょ
蓄電池に貯めるなどもできるでしょ

安易に買い取り中断とかあり得ません
だから、頭が悪い奴らは嫌いだ!



20141001_PK2014100102100046_size0

興味深い並びだな。
東京電力はすでに破綻してますよね。
北海道電力・東北電力・九州電力は原発事故直後に、原発廃止なら経営破綻する電力会社と噂が流れたね。
経営基盤が弱い電力会社です。送電網に投資できなかったのか経営者が無能な会社ということです。

破綻させましょうよ。破綻処理をしても電気は止まらないですよ。JALだって飛行機飛ばしてたでしょ

東京電力・東北電力・北海道電力を破綻処理すれば、発送電分離がやりやすくなります。
難しそうな送電部門の統合ができるじゃないですか。充分な規模ですよね。

こんなチャンスは滅多にないよ。潰せ!潰せ!潰せ!潰せ!



原発優先 縮む再生エネ 電力会社、買い取り中断次々 2014年10月1日
 太陽光を中心とする再生可能エネルギーの新規受け入れを中断する動きが拡大し、太陽光発電を予定していた事業者などからは怒りと戸惑いの声が上がっている。北海道、東北、東京、関西、四国、九州の電力六社に続き、沖縄電力も三十日、八月八日から新たな受け入れを中断していたことを明らかにした。国は原発再稼働を急ぐ一方で、再生エネの受け入れ態勢を整えないまま事業者の発電計画について買い取りを認定。制度設計の甘さが浮き彫りになった形だ。 (吉田通夫)

太陽光発電を予定していた事業者などからは怒りと戸惑いの声が上がっている。

当然ですね。アベノミクスなどと浮かれていますが、政府が表明している国策が蔑ろにされています。
政府が嘘をついちゃいけません。一般の事業者は事業計画を立てれなくなります。

このままでは、
日本経済の再生はありません。ボディブローのように効いてきますよ。

日本\(^o^)/オワタ

 太陽光発電を計画する東京都内の事業者は「国は、電力会社の受け入れ態勢が整っていないまま次々と事業計画を認定していたので不安は感じていた。国の政策は無責任だ」と憤る。「電力会社も状況を説明せず急に中断するのはおかしい」と語った。
 太陽光発電装置を販売しているサニックス(福岡市)は、九州電力が中断を発表した二十五日に対応を公表。「九州電管内で太陽光発電設備の施工ができなくなり、影響は避けられない」としたうえで九州以外への人員配転や採用計画の見直しなどのリストラ策に着手することを明らかにした。

太陽光発電を計画する東京都内の事業者
「国は、電力会社の受け入れ態勢が整っていないまま次々と事業計画を認定していたので不安は感じていた。国の政策は無責任だ」
「電力会社も状況を説明せず急に中断するのはおかしい」

太陽光発電装置を販売しているサニックス(福岡市)
「九州電管内で太陽光発電設備の施工ができなくなり、影響は避けられない」
九州以外への人員配転や採用計画の見直しなどのリストラ策に着手することを明らかにした

みんな、裁判起こせ。てか、当然損害賠償訴訟を起こすよね?

 再生エネの買い取り価格は四月から下がることが決まっており、北海道、東北、四国、九州、沖縄の五電力によると、直前の三月に、太陽光を中心に駆け込みの申し込みが急増した。全量を買い取った場合、「管内の電力需要を上回る時間帯や季節が生じる可能性があり、大規模な停電を起こす恐れがある」という。このため、今後の対応方針が決まるまで「数カ月間」は受け入れ可否の回答を保留することにした。

全量を買い取った場合、
「管内の電力需要を上回る時間帯や季節が生じる可能性があり、大規模な停電を起こす恐れがある」

だから、買い取って破棄すればいいでしょ。買い取るのは義務なのですよ。

 再生エネは天候や昼夜によって発電量が大きく変わるため、電力が余った場合はほかの電力会社に流したり、蓄電池に充電しておいて夜間に送電したりするなど、電力を安定させるための調整が必要になる。しかし政府は多くの再生エネ事業者を認定しながらも、電力会社とともに原発の再稼働に力を入れ、全国をまたぐ送電網の整備や蓄電池の開発などの受け入れ態勢は整えてこなかった。

電力会社とともに原発の再稼働に力を入れ、
全国をまたぐ送電網の整備や蓄電池の開発などの受け入れ態勢は整えてこなかった

投資先が間違ってるんです。25年続く日本経済の衰退の本質的な問題点です。

 経済産業省は十月に学識者五人程度の部会を設置、受け入れのあり方を再検討する。

まずは、経済産業省が責任をとって解体したらいいんじゃない

 <再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度> 太陽光、風力、中小規模の水力、地熱、バイオマスの5種類の発電を、国が決めた価格で買い取る制度。
 民主党政権時の2012年7月に導入され、国の第三者委員会が発電事業者の採算をとれる価格を設定し、電力会社に買い取りを義務付けることで事業者の参入を促してきた。買い取り費用は「賦課金」として電気料金に上乗せされ、家庭や企業などの電力利用者が負担する。

続きを読む

世界のトレンドは、再生可能エネルギー? 2030年までに、投資は3倍、総発電能力の50%

ドイツが進んでいると思っていましたが、日本が遅れてるだけなのかなあ (б_б?)ハテナ?


再生可能エネルギー投資、30年までに3倍へ−機器価格下落後 2013/04/23 12:04 JST
  4月22日(ブルームバーグ):風力や太陽光発電関連機器の価格が急落し20社以上のメーカーが倒産に追い込まれたが、再生可能エネルギーに対する投資は2030年までに約3倍となり、世界のエネルギー供給での化石燃料依存度を減らす見通し。

倒産したメーカーもありますが、強気ですね。
投資は3倍

ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス(BNEF)が22日発表したリポートによると、クリーンエネルギー・プロジェクトへの年間投資は30年までに6300億ドル(約62兆5000億円)に達する見込み。昨年は1900億ドルだった。11年11月時点の見込みに比べると37%増で、予想通りだと30年までに総発電能力に占める再生可能エネルギーの割合は半分程度になる。

総発電能力の50%

昨年は過剰生産により、ほとんどの太陽光、風力発電メーカーが不採算に追い込まれ、サンテック・パワー・ホールディングス の子会社が経営破綻したほか、ベスタス・ウィンド・システムズ が過去最大の赤字を記録した。しかし、関連機器の価格が下がったことで再生可能エネルギー・プロジェクトの収益性が高まり、石炭や石油とコスト面で対抗できる時期が近づいている。

まあ、そうだろうと思います。
問題は何年後に逆転できるかですね。

BNEFのマイケル・リーブレック最高経営責任者(CEO)は「再生可能エネルギーのコストに関する悲観的な見方は正しくない。3年前に風力や太陽光関連機器は半導体並みに割安になると予想したが、実際はそれを下回った」と述べた。

予想よりコストの低下は進んでいるようです。


関連情報:
自然エネルギー:輸出が上回ったドイツの電力、脱原発でも伸びる - スマートジャパン
自然エネルギー:電力の50%を風力と太陽光で得たドイツ、記録更新中 - スマートジャパン
続きを読む

【脱原発は産業政策】 再生可能エネルギーは、成長産業です。

復興ニッポン:ドイツが脱原発を決めた本当の理由
ブリュアー 原発がリスクの高い技術だからです。ドイツ政府は原発をどうするべきか、倫理委員会に諮りました。そこで委員会が出した結論は、「原発の賛否は別にして、原発はリスクの高い技術。一方の再生可能エネルギーはリスクが低い。ならば原発は廃止すべきだ」と政府に勧告したのです。後述しますが、産業政策の側面も大きかった。

 ドイツの脱原発議論の特徴は、「原発に賛成か反対か」という話とは別なのです。

そうですね。
σ(б。б) は、「原発容認は、感情論」「脱原発は、成長産業育成」に見えています。

 フランスから購入している量は、ドイツ全体の需要のごく一部に過ぎません。むしろ10年以上前から、ドイツは電力輸出国なのです。原発停止後は他国へ輸出する余裕は減ってしまいます。ですが、原発以外の発電設備に余裕があるため、輸入が大幅に増えることはないでしょう。

ドイツは、電力輸出国です。

 現在、原子力産業は約3万5000人を雇用しています。2020年に原発を止めても、この雇用が減るのはもっと先の話です。というのも、廃炉を完了させるには、膨大なプロセスを経る必要があります。長期間にわたり、相当の人員が必要です。

廃炉も新産業です。成長が見込める産業。早い段階に廃炉を進めた国が、技術先進国になるでしょうね。

 一方で、再生可能エネルギーの導入促進は、原子力を上回る雇用を生みだします。ドイツ政府によると、2004年に16万人だった再生可能エネルギーによる雇用は、2010年に37万人へと急拡大しました。原発の雇用は発電所の立地地域などに集中しがち。ところが、分散電源である再生可能エネルギーは、ドイツ国内に分散して雇用を生み出す利点もあります。

再生可能エネルギーは新産業。成長が見込めるし、雇用効果も大きい。しかも、広い地域に効果があります。

 現在、ドイツ政府が掲げている再生可能エネルギーの導入目標は、2020年に35%というもの。その先も、2030年に50%、2040年に65%、2050年には80%まで高めるとしています。

2022年までに 再生可能エネルギーを 30% 程度まで高めれば、全原発廃炉が可能。
これが、「国民の生活が第一」「未来の党」。たぶん、「生活の党」の政策です。厳しいですが不可能ではない。
「みんなの党」の政策も似ています。原発コストを見直していけば、20年くらいからコスト的に合わなくなる。

エネルギー安全保障:
(各政党は言っていませんが)
廃炉を決定するのは、10年後くらいですね。再生可能エネルギーを 30% 程度確保してからです。
来年くらいに、『海上封鎖』されたらどうしますか?原発の再稼働の是非を改めて議論すれば良いでしょう。
10年後くらいに、『海上封鎖』さらたらどうでしょう。再生可能エネルギーは純国産ですから、少し有利です。

 ドイツでは、再生可能エネルギーの導入は経済的なメリットが大きいという試算が広く知られています。単なる発電コストの比較ではありません。再生可能エネルギーの導入にまつわるコスト増よりも、石油や天然ガス、ウランなどの燃料を使わないで済んだことによるコスト削減や、酸性雨や健康被害などの対策コストの削減、新規に生まれる雇用や、企業の競争力工場などのメリットの方が大きいというわけです。

再生可能エネルギーは高いです。でも、急激に下がっています。電気的な設備などは、ふつうは下げ方向です。
ドイツでは、生成可能エネルギー単体ではなく、社会システムとしての経済的なメリットに注目しているようです。

 問題は、原子力産業のコスト削減努力が不十分であることです。これだけの国費がなければ立ちゆかないのだから、原子力産業が自立しているとは言い難い。今後もさらに原子力産業にカネを投じ続けることには、疑問符が付きます。

どの国でも同じなのですね。電気料金だけでなく、政府の予算から原子力産業にカネが渡っています。

 ドイツ産業界にも、様々なポジションの企業が存在します。脱原発の声を発しているのは、電力や化学、重工業、自動車などの大企業。これが産業界の総意であるとは考えていません。

 というのも、再生可能エネルギーの導入を、ビジネスチャンスと捉える企業が増え始めているためです。象徴的なのが、アルミ精錬のトップ企業が政府の判断を歓迎していることです。

政府が、「脱原発」「再生可能エネルギーに転換」という強いメッセージを出しているから、産業界は動けます。
曖昧な将来予測では、一般企業は投資できないですよね。
将来有望な産業なら、投資しないと負けてしまいますね。

日本政府のように、「将来、再生可能エネルギーも増えたらいいねぇ」では、一般企業は付いて行けません。
小規模では、補助金だらけの過保護産業にしかなりません。

 再生可能エネルギー市場は、右肩上がりで目覚しい成長を続けています。これほどの成長力を持った産業は、ほかに見当たりません。

 だからこそ、日本に言いたいことがあります。原発に賛成か反対かという議論にとどまらず、将来の産業について議論すべきではないでしょうか。

その通りです。
日本人が、本気で考えるべき事です。


再生可能エネルギーは、成長産業です。

もしかして、
経団連さんは、原子力が成長産業だと思ってる?先進国は縮小傾向、発展途上国が興味を持っているだけ。
産業界さんは、見る目が無いよね。過去10年に、成長産業に乗れたことがあったっけ?携帯?あの会社だ。
続きを読む

【復習】原発の発電コストは恐ろしく高いです : 東電は再生可能エネルギーは高いというキャンペーンを準備中!電力足りない詐欺の再来か?!

東電は、反省しない会社だね。知ってたけど。早く潰そう!!
【経営破綻?】東電が、国(国民)に「10兆円くれ」って言ってるらしい。。 も見て☆〜(ゝ。б)ネ


20121111_tepco

 火力など既存電源より数十%〜4倍程度高い再生エネの発電コストを賄うため、料金は割高になる。しかし、福島第1原発事故を機に「クリーンな電力を増やしてほしい」との声が高まっていることから、広瀬社長は「高くてもそういう電気がほしいという顧客はいるはず」との見通しを示した。

などと言っているようです。

だったら、原発推進の経団連などは「高くても原発の電気がほしい」に違いないから、値上げしたら宜しい。



「原発廃炉 経済的にも正しい」 城南信金がシンクタンク
 立命館大学の大島堅一教授の試算によると、原発のコストは一〇・二円で、火力の九・九円より割高になっている。加えて、使用済み核燃料の処理や保管に掛かる費用も含めて考えると、「原発のコストは恐ろしく高価。」。



(。б_б。)ノハイ 知ってましたぁ


しかし、上の記事の試算は、まだまだ甘いです。事故が起きない前提ですから☆〜(ゝ。б)ネ

原子力発電:現実離れしたデータを前提とした結論にどれほどの意味があるかより
もしも、原子力発電が損害保険に入ると、1キロワット時当たり8,000円だって!

この数字は、どうかなあ?とは思うけど、80円とか8円の保険料にはなると思うよ。

日本政府が補償するか?被害者が泣き寝入りするか?を前提に、原発の発電コストは計算されています。
続きを読む
クリックしてね!ランクアップしたいぃ



ブログランキングならblogram

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ


いるかちゃん | バナーを作成
検索してショッピングしてね☆


いるかちゃんのほしい物リスト。誰かくれ^^
Amazon
Twitter:メインアカウントです
Twitter:ももクロ専用
最新コメント
訪問者数 グラフ

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    QRコード
    QRコード