・昨年12月の冷温停止状態宣言や収束宣言にもかかわらず、原子力非常事態宣言下にある。
・藤村官房長官:国会で「不承認となるリスク」を回避するために、そのような方法をとった。


無茶苦茶です☆〜(ゝ。б)ネ


なぜ原子力規制委の正当性を踏みにじるようなことができるのか

http://www.videonews.com/
ニュース・コメンタリー (2012年11月03日)
なぜ原子力規制委の正当性を踏みにじるようなことができるのか
 遂に橋を渡ってしまった。
 政府は原子力規制委員会の人事について、臨時国会でも同意を求めず、代わりに原子力緊急事態宣言の発令中は同意を先延ばしができるとする原子力規制委員会設置法の例外規定-を適用することで、国会の同意のないまま委員会の運営を続けることを決定し た。そう、昨年12月の冷温停止状態宣言や収束宣言にもかかわらず、実は昨年の3月11日以来、日本は常に原子力非常事態宣言下にあったのだ。
 藤村官房長官は2日の記者会見で、国会で「不承認となるリスク」を回避するために、そのような方法をとったと説明している。
 しかし、この説明は二重の意味で罪深い。
 まず、そもそも政府が今回の規制委員会の人事を国会に諮らない本当の理由は、不承認となる恐れがあるからではない。もともと政府が今回のような資格に疑問符のつく人事を出-すことになったのは、多数による同意を優先して事前に自民・公明に根回しをしたためだった。ところが、政治的根回しの産物だったこの人事に対して、民主党内から異論が出た-。政府はこの人事を国会に諮れば、仮に自公の賛成で可決はできても、民主党からの造反が出て、さらなる離党者を出す恐れがあることを嫌がった・・・・。

続きを読む