いるかちゃんの子どもを守れ。反アベ自公政権

「子どもを守れ」とは、まともな文明国になれという意味です。子どもに20ミリシーベルトが許せなかったのが原点です。脱原発からの政治問題からのプライベートな事も書きます。民主主義と立憲主義を取り戻そう!被曝から子どもを守れ!脱原発!マスコミ、官僚、政治家は、電力原発利権のために国民を欺いています!コストが高く危険な原発を廃炉にしよう!アベ政権の悪行に加担しながら官僚の横暴が復活しています!アメリカ隷属も加速!嘘と詭弁のアベ自公政権を倒そう!選挙に行こう!

日本政府やWHO・IAEA・ICRPは、チェルノブイリでのセシウム健康被害は”ゼロ” だと言っています。
わたし達やECRRは、チェルノブイリでの健康被害の”教訓” を生かすべきだと言っています。
あなたは、どちらを信じますか??

処理工場

仮置き場で3年 ふつうは中間貯蔵と呼びます ヾ(бoб;o) ォィォィ 中間貯蔵施設で30年 貯蔵だけでなく処理工場です (б▽б;;)げ〜

(〃бOб)ノ コラァ〜 細野 嘘つき


20111029_hosono01

来年度中って、再来年の3月までは場所を選定するだけらしい ヽ(бoб; オイオイ

20111029_hosono02

仮置き場で3年 ふつうは中間貯蔵と呼びます ヾ(бoб;o) ォィォィ

20111029_hosono03

中間貯蔵施設で30年 貯蔵だけでなく処理工場です (б▽б;;)げ〜
関連ブログ記事:中間貯蔵施設は放射性廃棄物処理工場だった


除染の土 3年保管後中間施設へ NHKニュース
---全文転載
除染の土 3年保管後中間施設へ
10月29日 17時8分

放射性物質を取り除く除染で出る汚染された土などについて、政府は、福島県内の市町村が地域ごとに設ける仮置き場に3年程度保管したうえで、平成27年の1月以降に中間貯蔵施設への搬入を始めるなどとする工程表をまとめ、細野環境大臣が29日、福島県の佐藤知事などに直接説明して理解を求めました。

細野環境大臣は、29日、福島県庁を訪れ佐藤知事と会談し、環境省がまとめた除染作業で出る大量の土などの処分方法についての工程表をまとめ、説明しました。工程表では除染で出る土などを保管する中間貯蔵施設について、来年度中に福島県内で設置する場所を選定したうえで平成27年1月以降に土などの搬入を始め、それまでの3年間ほどは仮置き場で汚染された土を留め置くとしています。さらに中間貯蔵施設で保管を始めてから30年以内には福島県外で最終処分を完了するとしています。会談の中で細野大臣は「福島県内には放射性物質に汚染された土が大量にあることを考えると、中間貯蔵施設を県内に作ることをお願いせざるをえない。関係者にとって心苦しいお願いではあるが、どうか理解してほしい」と述べました。これに対し、佐藤知事は「しっかりと精査したい」と述べ、中間貯蔵施設の規模や立地条件などを明らかにするとともに、住民の不安が解消されるよう、国が責任を持って仮置き場の安全性を確保するよう要望しました。

国が示した工程表について、福島県の佐藤知事は、細野大臣との会談後、記者団に対し「これから福島県として精査する話であって、評価をする段階ではない」と述べるにとどまりました。そのうえで、放射性物質を含む除染で出た土などを最大で30年間にわたって中間貯蔵施設に保管するとした政府の方針について、記者団から「実質的な最終処分場につながりかねないのではないか」と質問されたのに対し、「最終処分場は福島につくらないということを野田総理大臣や細野大臣は言っている。私は、県内に最終処分場が作られることはないと思っている」と述べました。
---転載終わり

【速報】中間貯蔵施設は放射性廃棄物処理工場だったヽ(бoб; オイオイ

(〃бOб)ノ コラァ〜 聞いてないよぉぉーー


またまた、政府の誤魔化し言葉遊びが発覚しました。
中間貯蔵施設という名称ですが、
放射性廃棄物処理工場を計画しているようです。

断固拒否すべきです。

002

ヽ(б0бヽ)Ξ(/б0б)/ えー 貯蔵施設じゃなかったのかよぉぉ

003

やはり、工場のようです

004

量を減らす → 濃度が上がる → 量を減らす → 濃度が上がる → 永久に続きます

005

だから、それ、放射性廃棄物処理工場だから

006

核の研究開発施設まで併設するつもりらしい

007

3年程度ねぇ。この”程度”がアヤシイですよ。程度を外させないと3000年くらいになりそうだな。

008


話が違いすぎます。。断固拒否


中間貯蔵施設 放射性物質除去も NHKニュース
---全文転載
中間貯蔵施設 放射性物質除去も
10月26日 5時59分

政府は、東京電力福島第一原子力発電所の事故の除染によって出る土壌などの放射性廃棄物の「中間貯蔵施設」について、廃棄物を保管するだけでなく、最終処分場に移す廃棄物の量を減らすために、セシウムなどの放射性物質を取り除く作業を行う施設とする方針を固めました。

福島第一原発の事故の除染によって出る土壌やがれきなどの放射性廃棄物の扱いを巡り、政府は、今月中に処理のプロセスなどを盛り込んだ工程表をまとめることにしています。このうち、福島県内に設置する「中間貯蔵施設」について、政府は、放射性廃棄物を一定期間保管するだけでなく、福島県外に設置したいとしている「最終処分場」に移す廃棄物の量を減らすために、セシウムなどの放射性物質を取り除く作業を行う施設とする方針を固めました。また、放射性物質を取り除く技術を研究・開発する施設も併設する方針です。一方、放射性廃棄物を中間貯蔵施設に移すまでの「仮置き場」については、仮置く期間を3年程度とすることを軸に、福島県内の自治体と最終的な調整を進めています。政府は、こうしたことを工程表に盛り込んだうえで福島県側に丁寧に説明し、中間貯蔵施設の設置場所の交渉に入りたい考えです。
---転載終わり
クリックしてね!ランクアップしたいぃ
検索してショッピングしてね☆
Amazon
Twitter:メインアカウントです
Twitter:ももクロ専用
最新コメント
リンク元
訪問者数 グラフ

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    QRコード
    QRコード